2021年令和3年 テスラ株価今後

2021年令和3年 テスラ株価今後

TSロンバードの戦略部門責任者、アンドレア・シシオーネ氏は「バリュエーション面では極めて高水準に達している。テスラは将来的に全く異なる企業になる可能性があるため、自動車会社として評価されているわけではないことを認識しておく必要がある」と述べた。

つまりテスラの知財価値は特許価値ではなくブランド価値である。この結果は、テスラの巨大な時価総額が不安定であることを示している。

また、テスラ株が11.11ドル動くたびにS&P500は1ポイント変動するほか、S&P500の2021年の株価収益率(PER)は22.3倍から22.6倍に上昇するという。

特許など明確に権利化されたものならばEV市場の拡大につれて価値が増大し、テスラの時価総額の維持・拡大に貢献する。ブランド価値は傷つきやすく、再生には多大な時間とコストがかかる。多額の広告宣伝費を使ってブランド価値を高めてきた自動車業界にあって、テスラのブランドはまだまだ不安定だ。

2020年末にはインド市場への参入を目指す発言をしたテスラ。EV事業の進展と自動運転関連の動きで2021年はどのようにテスラの株価が推移していくのか、そして今年も「テスライヤー」は続くのか、気になるところだ。

テスラの時価総額は約6160億ドルに達し、米上場企業で6番目の大きさとなったが、多くの投資家が過大評価されているとみている。

UNOMIはサプリメントの長期的な再購入率がプライベートコミュニティと関連していると考え、東京大学の教授と協力し、ミニプログラムでAIビッグデータを使ったAIスキンスキャニングとアンケートテストを開始した。ユーザーがミニアプリで肌コンディションをスキャニングし、アンケートに答えれば、20日間ごとのお薦めオーダーメイドサプリメントが表示される。また、カスタマーサービスとしてユーザーと1対1の相談サービスを提供し、ソーシャルネットワークで不定期にキャンペーンを行うほか、ユーザーはソーシャルネットワークを通じてスキンケアとヘルスケアの情報交換もできる。

アメリカのほかの巨大企業企業の多くの株価は、テスラほどは上がっていない。ビデオ会議システムをウェブで提供するZoomは5倍になったが、Amazonは2倍弱、ネットフリックスも7割増程度だ。テスラの株価の伸びがいかに突出しているかがよく分かる。

テスラの時価総額はS&P500採用時として過去最大。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのアナリスト、ハワード・シルバーブラット氏によると、テスラの構成比率は1.69%。

インバーネス・カウンセルの首席投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「テスラ株はS&P500採用を前に高値になっており、裁定取引の目的で買っていた向きがきょうから売りに動くとみていたため、われわれは(テスラ株を買うという)決定をしなかった。少なくともきょうに関しては、その判断は正しかったことになる」などとした。

【参考】関連記事としては「テスラ、完全自動運転ソフトウェア「FSD」のサブスクスタートへ」も参照。

S&P500をベンチマークとするアクティブファンドは、テスラ株を取得するかどうか決断を迫られる。最近のテスラ株上昇で、ファンドがテスラ株を保有していないとなると、ファンドはアンダーパフォームするリスクがある。

テスラ株価はS&P500への新規採用が発表された11月中旬以降で約70%上昇。年初来では約8倍となっている。

シルバーブラット氏によると、S&P500採用に伴うテスラ株へのパッシブファンドによる買い需要は18日取引終了時までで903億ドルに上ったという。

リフィニティブによると、テスラの売買代金は米株市場で最多。過去12カ月間の1日平均は約180億ドルと、2位のアップル(平均約140億ドル)を大幅に上回っている。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*