2021年令和3年 テスラ株価先物

2021年令和3年 テスラ株価先物

米自動車業界にとって2020年は、電動化へかじを切る決断を下した年となった。それを促したのは電気自動車(EV)メーカーのテスラとウォール街だ。

インドのガドカリ運輸相は、米電気自動車(EV)大手テスラが来年にインド国内で販売を開始すると述べた。28日付の日刊紙インディアン・エクスプレスが伝えた。

米電気自動車(EV)メーカー、テスラは2日、2020年の納車台数が49万9550台だったと発表した。新型コロナウイルス禍の影響で会社目標の50万台にはあと一歩届かなかったが、EV普及が進んだことから市場予想を上回った。

<為替> 2020年の外為市場では、ドルが年間で17年以来の大幅な下落を記録した。米国で新型コロナウイルス感染が拡大した3月には安全資産買いで上昇したが、米連邦準備理事会(FRB)による前例のない刺激策でその後は下落した。

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ世界の自動車市場について、2022年まで元の水準に回復しないとSBI証券の遠藤功治企業調査部長はみる。景気そのものが弱いこと、生活様式がコロナで変化していることを理由として挙げる。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*