2021年令和3年 テスラ社長

2021年令和3年 テスラ社長

発売予定は2021年後半なので、日本登場は2022年あたりまでずれ込みそうだし、そのボディサイズは日本にはまったく不向きではありますが、やっぱりテスラの『サイバートラック』も気になります。

マスク氏はツイッターで、テスラ「モデル3」開発の「最も暗い日々」にアップルに取引の可能性をめぐる協議を打診していたと指摘。アップルにテスラを現在の価値の10分の1で売却する可能性について話し合う計画だったという。これは約600億ドル(約6兆2000億円)を示唆する。

テスラは2017年、モデル3の増産で現金燃焼が続いていた。マスク氏は当時、カリフォルニア州フリーモント工場の従業員に対し、6カ月かそれ以上の「生産地獄」に直面していると伝えていた。

橋本市に住む和歌山大学観光学部2年。2018年に大学の先輩がかつらぎ町にある古民家をゲストハウスにリノベーション。その隣りにおむすび屋を作る構想に参加し、今は主にプロジェクトの発信を担当する。「人と人との縁を〝むすぶ〟のが目的。高野山をツーリングする人たちが休憩し、地元の方々が遊びに来れるような場所になれば」と笑う。

バッテリー容量95kWh。アメリカでの価格は7万4800ドル(約814万円)なので、日本での価格は800〜900万円くらいに設定されるでしょう。テスラ『モデルX』、ジャガー『I-PACE』、メルセデスベンツ『EQC』などズラリと並んだプレミアム電気SUVのなかでは、ややお手頃な価格、ともいえます。

その勢いに乗って、優勝すれば五輪代表に決まる日本選手権長距離種目の5000メートルでは広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=との壮絶なマッチレースを制し、五輪切符をつかんだ。ただ、最後の100メートルは「意識がもうろうとしていた」と振り返り、レース後は放心状態になるほど苦しい思いを味わったレースでもあった。

SUVの電気自動車ということであれば、テスラ『モデルY』も2020年秋頃の発売が発表されています。すでに予約受付が始まっているロングレンジ(RWD)は航続距離300マイル(約483km)で価格が4万3700ドル(約475万円)。

テスラ株は世界的なEV普及への期待などを背景に上昇が続いており、マスク氏の資産は1年で1600億ドル以上増えたという。

ちなみにテスラは「FSD(Full Self Driving)」のβ版の提供を開始しているが、いまはまだ完全自動運転機能には達していない。

【ワシントン=山内竜介】米ブルームバーグ通信は7日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の資産が約1950億ドル(約20兆円)に達し、世界一の富豪になったと報じた。

フォルクスワーゲングループのヘルベルト・ディースCEOは、自身の公式LinkedInを通じて、このテスラ モデルYに試乗したと発表した。フォルクスワーゲンは9月末、欧州で新型EVの『ID.4』を発表する予定で、このID.4はモデルYと競合する電動SUVとなる。

フォルクスワーゲン『ID.3』の日本導入は2022年以降になりそうですが、テスラ『モデル3』は日本でまだまだ売れるでしょうし、『Honda e』やプジョー『e-208』など、今まで日産リーフが孤軍奮闘していたアンダー500万円のクラスにいくつもの選択肢が登場してきます。

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は数年前に米テスラの買収をめぐり協議することを拒否していたと、テスラのイーロン・マスクCEOが22日明らかにした。

保有するテスラ株が大きく値上がりしたため、これまで首位だったインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOを抜いた。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*