2021年令和3年 テスラ社 車

2021年令和3年 テスラ社 車

姉妹車の三菱アウトランダーは2021年中盤にも登場する。次期型エクストレイルより約半年早い世代交代となる。パワーユニットのPHEVは両モデル共用で引き続き三菱が主体に開発し、日産に供給される形を取る。

自動車産業は雇用や納税、経済面で高い波及力を持つ戦略産業だ。しかし、国内の自動車販売においては新型コロナウイルスの影響により、2020年上半期は22.6%の大幅減少となった。また、国内生産も11カ月連続で減少しており、先行きは不透明である。

マーチは2021年中盤あたりにビッグマイナーチェンジする見込み。内外装のデザイン変更が行われる。新型ノートに設定されない1.2LガソリンNAエンジン車需要をカバーする狙いもありそうだ。

テスラのCEOはイーロン・マスク氏。インターネット決済会社PayPalの前身となったX.comを創業し、eBayに売却した資金を元に、テスラの他にもロケットの開発や打ち上げを行う民間宇宙開発会社SpaceXを創業したり、いとこと共同で太陽光発電事業を手掛けるSolarCity(最近テスラが買収)を創立したり、真空に近いパイプの中をカプセルのような装置で、時速1200キロで移動する新型交通システムHyperloopを提唱したりと、スティーブ・ジョブスと並び称されるシリコンバレーの寵児です。

クルマとしての魅力はもちろんなのですが、テスラの、そして同社の作るクルマの何よりも一番の魅力は「みんなで一緒にテスラの目指す未来に参加している」気持ちになれるところなのではないかと思っています。

1998年5月22日生まれ。 大阪府出身。昨年に続いてサポートして頂けることとなり、とても嬉しく思っています。今年も日本とアメリカの2つのツアーを転戦することになります。日本では、フォルクスワーゲンの車に乗ってテンションを上げて試合に臨みたいと思います。優勝目指して頑張ります!

米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は上海市のギガファクトリーで、標準モデル「スタンダードレンジプラス」と長航続距離モデル「ロングレンジ」の大量生産に続き、高性能モデル「モデル3パフォーマンス」の生産を開始するという。

そのマスク氏が2008年からCEOとして率いるテスラですが、会社もクルマも彼の経歴と同じくらいユニークで、ドラマに満ちています。

1992年8⽉16⽇⽣まれ。 東京都出⾝昨年は、試合への移動がいつもフォルクスワーゲンの車で疲れ知らずだったおかげで、プロになってから一番賞金を稼ぐことができました。今年もゴルフの移動に快適なフォルクスワーゲンの車で移動することができるので、目標であるシード権を獲得に向けてがんばります。

現行モデルは商用車ベースであるが、ワゴンバージョンは3列シート7人乗りで両側スライドドア仕様である。エンジンは1.6LのNAガソリンエンジンを搭載しているのでシエンタやフリードと対抗する部分もある。

現在、テスラは高性能バージョン「モデル3」を中国工業情報化部(工信部)に登録・提出すると同時に、同モデルに使用される「Zero-G」ホイールと新型ヘッドライトも登録した。テスラ中国の公式サイトによると、中国産モデル3パフォーマンスは2021年第1四半期から納入を開始するとのこと。

これにより、クリープ状態でゆっくり走行する形になり、その間にブレーキを踏んだり車止めで停止することで暴走を回避することが期待される。

新型ノートはe-POWERの2WD車が先行して発売になったが、2020年12月には4WD車も設定される。2020年5月に発売したキックスも現行モデルでは2WD車のみのため、2021年中には設定されるに違いない。

乗り心地は、ドイツ車のようにやや硬めではあったが、最上級グレードのこのクルマに装着されたタイヤの扁平(へんぺい)率が35%とかなり低い値(扁平率が低いと、スポーツ走行には有利だが、路面の影響を大きく受けやすく、乗り心地は劣るようになる)であったことからすると、路面からの衝撃はうまく吸収しており、不快ではなかった。

1972年4月14日生まれ。 大阪府出身。ポロ、ゴルフ、パサート、ティグアンとプロゴルファーとしての活動の大半を共に過ごしてきた数々の名車。その産みの親、フォルクスワーゲンからサポートを受けることになり、この上ない喜びです。VW エンブレムの輝きに負けぬよう、精進いたします。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*