2021年令和3年 吉川愛 ラウール 映画

2021年令和3年 吉川愛 ラウール 映画

Snow Manのラウールが主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」のキービジュアルが公開された。

そんな注目コミックの実写化には、今をときめく人気キャストが抜擢。主人公のイケメン男子・三浦界を務めるのは、人気男性アイドルグループ・Snow Manのメンバーであり、映画初主演を飾るラウール。またヒロインとなる⽯森⽻花役には、映画『虹⾊デイズ』『⼗⼆⼈の死にたい⼦どもたち』など、話題作への出演が絶えない若手女優・吉川愛が担当する。

2021年夏に公開される映画「ハニーレモンソーダ」は、集英社の少女コミック誌「りぼん」で村田真優が連載中の人気マンガを神徳幸治監督が実写化した作品。中学時代に“石”と呼ばれていじめられていた少女・石森羽花が、自由奔放なレモン色の髪をした少年・三浦界と出会い、少しずつ変わっていく姿が描かれた。ラウールが界、吉川愛が羽花を演じる。キービジュアルでは、いつも塩対応だけど実は優しい界が、内気で自信のない羽花に手を差し伸べている。

1974年生まれ。大阪府出身。2004年にTVドラマ『加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~』(NBN)で初演出。『警部補 矢部謙三』(2010年/EX)、『MARS~ただ、君を愛してる~』(2016年/NTV)、『特命指揮官 郷間彩香』(2016年/CX)などTVドラマの演出を多数手がけ、『ピーチガール』(2017年)で長編映画初監督。近年の映画作品に『honey』(2018年)、『さかな』(2018年)がある。

原作を読ませていただき、思春期の恋や友情の葛藤や喜びが描かれていて、尚且つ半端ないキュンキュンが詰まった作品だなと感じました。
17歳にして圧倒的な存在感(何ですか、このオーラは!)のラウールさんと、繊細で愛おしい吉川さん(何ですか、この可愛らしさは!)と共に、撮影を楽しみ、小さな喜びを皆で笑い、スタッフ、キャスト全員で暑い、熱い夏にしたいと思います。そして不安な日々が続く中、この作品が観ていただく皆様に少しでも前向きな気持ちになってもらえるよう精一杯頑張ります! もちろんキュンキュンもがっつりあるのでそちらも楽しみにしていてください!

主⼈公・三浦界(みうらかい) - ラウール高校の人気者で、レモン色の金髪をトレードマークに持つイケメン男子。基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”である。何故か、ヒロインの石森羽花のお世話を焼いてくれる。演じるラウールは、身長187cm、股下96cmという驚異のスタイルを持つ現役高校生。色気とカリスマ性を持ちながら、人なつっこい性格でファンを魅了するラウールは、界役にぴったりと話題に。

ヒロイン・⽯森⽻花(いしもりうか) - 吉川愛いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていく女子高生。実は高校を選んだ理由にも、界が大きく関わっている。内気なマジメ少女に扮する吉川愛のピュアな演技にも注目だ。

監督は、『ピーチガール』『honey』などを手掛けてきた神徳幸治が担当。脚本は、『私がモテてどうすんだ』の吉川菜美が務める。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*