2021年令和3年 黒執事最新刊 ネタバレ

2021年令和3年 黒執事最新刊 ネタバレ

現代ではないイギリスの闇を描いた作品で印象的なのは由貴香織里先生の「伯爵カイン」シリーズでしょうが、伯爵カインが耽美×後味の悪いシリアス展開だとすると、「黒執事」はハチャメチャコメディ×耽美×後味の悪いシリアス展開で、黒執事をほとんど知らなかった人(私で~す!)はこのコメディ要素でけっこうびっくりすると思います。びっくりしました。

タイタニック×ゾンビという最高のおこさまランチみたいな詰め込み方で成立しているのが不思議だけどメッチャ楽しく読めます! 黒執事はけっこうサブキャラを描くのにロングパスがあるよなと思っており、エリザベスはそれを感じるひとりです。もとからあった設定なのか、長期連載になるにしたがって変えていったのか(どちらかというと後者かな? とも思う。中盤~後者のリジーは指輪を癇癪で壊したりしなそう)はわからないですが、読者からの「なんやねんこの子…」からの「ええやないか!!!」のギャップ好きの引き出し方がうまい。

ファントムハイヴ邸での殺人事件の犯人当て。ミステリーですよ! ここから私は「黒執事ってけっこうちゃんとミステリーなんだけどなんか変な読み味のミステリーだな…」という気持ちに翻弄されることになります。

ここでやはり面白いのは、黒執事のファンタジーラインの引き方と、読者と登場人物のズレです。悪魔も死神もいる世界なら、「呪い」は存在するのか? 「ゾンビ」を生み出すのは人外なのか人間なのか? というところが完全に開示されていないので、読者は「呪い」「感染病」「毒」の3パターンを考えます。が、主要登場人物は基本的に「呪い」の一本線で考えており(この話は視点人物が中盤から知識を奪われているサリヴァンに移るのであえて一本線で考えるようになり)、真相が明かされたタイミングで「化学毒だったのか!」と登場人物が気づきます(化学毒なのかもしれない…という検討がない)。このテンポがけっこうおもしろいです。

黒執事はずっとアクセルをかけ続けられている漫画で、女王御用達をもらうためにカレーバトルをするぞ!!スパイスを探求するのじゃあ!!!という展開と19世紀末のイギリスの闇事件が同じテンションで書かれているように感じます。流れるようにギャグに移り流れるようにシリアス(ブラック)に移るという…。

ミステリ作品は多くは読者と視点人物が謎の理解度の足並みをそろえていくという展開を見せますが、黒執事の場合は「読者はだいたいわかってるけど視点人物はわかってない前提で動く」という見せ方をしています(これがけっこう独特のズレです)。また、悪魔や死神という常識外の存在がいるにもかかわらず、わりと常識的なアリバイ整理などをやっており、その辺に不思議なおかしみがあります。

超速報!!!15年分の黒執事が無料で一気に読めるチャンスです!!

実を言うと私が持っていた黒執事のイメージは1~3巻(切り裂きジャック編)がメインで、(1)コミカルタッチから入るストーリーだが、最終的には主人シエルが残酷な真実に向き合う、(2)最強執事セバスチャンの活躍を楽しむ、(3)枢先生のメチャクチャ美麗な絵を楽しむ――というものでした。このメインのイメージは30巻読んだ今も変わっていないのですが、「コミカルタッチ」が予想以上にコミカルでひっくり返ったのがカレーバトル編でした。

突然始まるうたプリやキンプリ!!ここからシエルの真実編になだれこんでいきます。シエルの真実については伏線がずっと張られていたので、わりと一般的な真相開示だと思います。その一方で青の教団編の「青の教団の目的」と「キラキラの正体」の情報開示のタイミングは面白くて、これが黒執事のテンポだ~!と思います。

この情報開示タイミングのズレって読んでいると面白くて、何が面白いのかな? とうまく言語化できないところがあったのですが、あえて言うと「セバスチャンの格を落とさず、かつ事件を早く解決させすぎてしまわないため」の展開調整によるものなのかもしれないと感じました。例えば名探偵キャラが「な、なんだってー!」をやると格が落ちてしまうため、ワトソン役がなんだってーをやります。とはいえ、証拠を読者に提示するために出していくと、「名探偵なら早く解こうよ」となってしまいます。多くのミステリではさまざまな証拠をつなぐ最後の証拠が出てきて、そこから解決編になっていくわけですが、黒執事の場合は読者への情報を提示→(タイミング的にはセバスチャンとシエルはここで真相に気付き、計画を立てる)→話の軸や視点人物をずらし、すぐに解決編に持っていかない(もうひと盛り上がり作る)→真相が明かされる、という流れにすることで、シエルとセバスチャンの格を落とさず、読者にも予想と考察の楽しさ(焦らし)を与え、お話を盛り上げるというセンスなのかな…というのが、現時点で思ったところです。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*