2021年令和3年 進撃の巨人最新話 136

2021年令和3年 進撃の巨人最新話 136

現在進撃の巨人は137話となっていますが、もうすぐ最終回との情報もあり、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいですよね?

2021年2月9日(火)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌137話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ですので、完全無料で進撃の巨人の最新刊を読むことができ、アニメまで見れてしまいます。

今後の進撃の巨人の展開も気になりますね。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく進撃の巨人をすぐに無料で読むことができます。

進撃の巨人131話では、座標にいる幼いエレンの前に現在のアルミンがいきなり現れました。

進撃の巨人の前話136話では、リヴァイからアルミン、ピーク、両方を助ける作戦が提案されました。

それとも、ファルコが進撃の巨人を継承するという、全く予想できなかった展開への伏線なのでしょうか?

進撃の巨人前話136話では、ジャンとライナーがピークの救出へ、コニー、アニ、ミカサはアルミンの救出へ向かいました。

進撃の巨人最新話読んだ。 リヴァイの独白の中で懐かしのメンバー達が(泣) ハンジさぁんんンンん~(泣) アルミン、お前はここからやぞ!

進撃の巨人本誌の前話136話では、アルミンとピークを救出しながら、起爆スイッチを作動してエレンを殺すことが決定しました。

4月9日発売の別マガ5月号にて、最終話を迎えると確定している「進撃の巨人」。

134話でミュラー長官は、「憎しみ合う時代と決別し、二度と同じ過ちは犯さない」と誓っていました。

そんな時は進撃の巨人の単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

進撃の巨人132話で、指が2本もあれば十分だと言っていたリヴァイ。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*