2021年令和3年 wifi 0001docomo 安全性

2021年令和3年 wifi 0001docomo 安全性

利用中のdアカウントでログインし、メニューの「d Wi-Fi」をタップする。「d Wi-Fi接続設定」の画面で「設定する」をタップすると、端末のWi-Fiネットワークに「0001docomo」のSSIDが追加される。

「d Wi-Fi 設定」の【ネットワーク】タブでは、「0000docomo」を利用する際の【①パスワード(セキュリティ)】が確認できます。

このため、通信事業者大手3社のサービスといえども、「暗号化なし」と「WEP」のアクセスポイントに接続するのは、安全ではないことになります。

■利用手順 対応スポットで「SSID:0001docomo」を「Wi-Fi設定」から選択してタップするだけで接続されます。

【ID/パスワード】では、「0000docomo」を利用する際の【②dアカウントID/d Wi-Fiパスワード】が確認できます。

実際の被害はまだ発生していませんが、災害時の混乱を狙って「00000JAPAN」を偽って解放し、そこから個人情報を盗んだり、偽サイトへと誘導するセキュリティ被害が発生する可能性は否定できません。

■あんしんのセキュリティ 暗号化されていない公衆Wi-Fiスポットでは、通信が盗聴/のぞき見される危険性がありますが、ドコモの提供するWi-Fiサービスでは無線区間のセキュリティを高めています。これによって安全な通信を利用可能です。

総務省や内閣府も「00000JAPAN」を悪用した攻撃に注意して欲しい旨を頻繁に発信し、「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用してほしい」ことを告知しています。

ドコモ回線のスマートフォンやタブレットであれば、SIM認証で「0001docomo」に接続できるほか、ドコモ回線以外のユーザーでも「dアカウント設定」アプリで設定すると、「0001docomo」に自動で接続される。

端末からアクセスポイントまでは、一部を除きWPA2の暗号化方式とIEEE802.1Xのユーザー認証規格に対応しており、より安全に公衆無線LANが利用できる。

NTTドコモの「0001docomo」、auの「au_Wi-Fi2」、ソフトバンクの「0002softbank」のセキュリティ方式が「WPA2エンタープライズ」となっていますが、これらがSIM認証を使った方式です。

特に注意しなければならないのが、大規模な災害時などに無料で開放される「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」という接続先です。2019年も大規模な台風の被害に伴って、東京や千葉などで提供されている公衆無線LANが「00000JAPAN」という接続先名で解放されました。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*