2021年令和3年 齋藤飛鳥ペンライト

2021年令和3年 齋藤飛鳥ペンライト

2曲パフォーマンスし終えると、フロントの5人によるMCへ突入。松村さんが「改めていま、この荒野に立って歌って踊っているわけですけど、みんなどうですか?」と問いかけると、与田さんは「私もずっと荒野プレイヤーだったので、すごくうれしいです」、賀喜さんは「戦わない『荒野行動』というのも新鮮ですよね」とそれぞれ感想を口にする。齋藤さんも「いつもだったら、このスタジアムは銃撃戦がくり広げられているので、そう思うとドキドキしますね」と後に続き、初の試みに喜びを隠せないようだ。

与田さんは「もっといろんなマップで戦ってみたい」と意欲を示すも、ゲーム中に他ユーザーの運転する車から海へと放り投げられゲーム終了した齋藤さんは「最初お花をくれたり、思わせぶりにさせておいて(笑)」と苦言を呈して笑いを誘う一幕もあった。

凄腕プレイヤーたちに助けられながらゲームを進めるふたりは、だんだんとコツをつかみ始め、ゲームへの熱も徐々に高まっていく。50v50大戦では早々に与田さんがリタイアし、続いて齋藤さんも離脱してしまうも、最終的に与田さんチームが勝利。

ライブ開催前にはメンバーの齋藤飛鳥さん、与田祐希さんが出演する直前YouTube生配信も実施された。以前から『荒野行動』を遊んでいた与田さんに対して、齋藤さんは初心者レベルとのこと。番組内ではふたりを守りながら戦う“クイーンガーディアンバトル”や“50v50大戦”にチャレンジし、それぞれ「飛鳥さんは先輩だけど、負けません!」(与田)、「初心者なので、私だけは狙わないでね?」(齋藤)と意気込みを口にした。

ライブの出囃子としておなじみの『OVERTURE』が流れる中、紫色のパラシュートでステージに降り立った3DCG化したメンバー5人(齋藤飛鳥さん、松村沙友理さん、山下美月さん、与田祐希さん、賀喜遥香さん)がフォーメーションを作り、大ヒット曲『インフルエンサー』からライブが始まった。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*