2021年令和3年 齋藤飛鳥 ァンゆん

2021年令和3年 齋藤飛鳥 ァンゆん

人間になりたい妖怪と対人関係に倦怠期が訪れた 人間の女性との甘く危険なファンタジー・ラブコメディ!

『相棒』20周年 多くのファンに愛され続け、迎えた大きな節目の年 水谷豊×反町隆史――“6年目”となる特命係とともに『相棒』ワールドはさらなる進化を遂げる!

これは本日10月11日に配信されたイベント「YouTube FanFest 2020」の中で発表されたもの。ヴァンゆんは11月12日にソニー・ミュージックレコーズより配信シングル「ラ・ラ・ランデヴー!」を配信し、歌手活動をスタートさせる。ヴァンビは「夢は一度途絶えてしまったのですが、こうやってまたアーティストとして活動出来るなんて夢にも思っていなかったです。一言で言うと激エモ(笑)」、ゆんは「一度諦めた音楽を、こうしてヴァンゆんとして、ふたたび活動ができることを本当に嬉しく思います。ヴァンビ君の目標が“歴史に名を刻むこと”。音楽を出すことで、皆さんの心に残るようなものになれたらと思います」とコメントしている。

2000年に土曜ワイド劇場の作品として放送を開始して以来、多くの人々に愛され、国民的ドラマへと成長を遂げた『相棒』――。そんな『相棒』が2020年、ドラマ誕生から20周年の年を迎えます!土曜ワイド劇場でプレシーズン作品として誕生し、20年にわたってファンに愛され続ける『相棒』がついに迎える大きな節目の年――『season14』以来、6シーズン目に突入し、ますます安定感を増す水谷豊と反町隆史演じる杉下右京&冠城亘のコンビはもとより、シリーズには欠かすことの出来ないレギュラー陣&名キャラクターたち、そして充実のシナリオライター陣が、ますます『相棒』ワールドを揺るぎないものへと昇華させます!

お互いに、昔はアイドルとバンドマンとして活動をしていましたが、一度諦めた音楽を、こうしてヴァンゆんとして、ふたたび活動ができることを本当に嬉しく思います。ヴァンビ君の目標が“歴史に名を刻むこと”。音楽を出すことで、皆さんの心に残るようなものになれたらと思います。YouTube上でしか会えていなかった方々と、音楽を通じて直接声を耳に、心に直接触れられたらと思っています。

浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、極度の人見知り。浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人は入学した芝浜高校で、カリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

元V系バンドマン・ヴァンビと、元アイドル・ゆんによるYouTuberユニット・ヴァンゆんが11月12日に歌手デビューを果たす。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*