2021年令和3年 齋藤飛鳥 高校

2021年令和3年 齋藤飛鳥 高校

<映画『映像研には手を出すな』あらすじ>迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどりは、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。浅草の中学からの同級生・金森さやかは長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透、ソワンデ、阿島、王が幹部として運営を司っている。そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

映画『映像研には手を出すな!』が2020年9月25日(金)に公開。アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波がメインキャラクターを務める。

原作は「月刊!スピリッツ」連載の大童澄瞳による同名コミック。“最強の世界”を夢見て<アニメーション制作>を志す3人の女子高校生の姿を描いた青春冒険譚は、コミック界の様々な賞レースを席巻。2020年現在においては、『夜は短し歩けよ乙女』『きみと、波にのれたら』の湯浅政明監督によるTVアニメ化が実現するなど、話題急上昇中の作品として注目を集めている。そんな本作の実写化に挑むのは、『ヒロイン失格』やTVドラマ『賭けグルイ』といった人気作品を手掛けてきた英勉監督。『あさひなぐ』に続き、乃木坂46と2度目のタッグを組む映画の中では、アニメーションをほとんど使わず、主人公たちの妄想と現実が入り乱れた“最強の世界”を作り上げる。

■映画の中で皆さんは高校生役を演じられましたが、現実の高校時代も気になるところです。当時は物語の登場人物のように、何かに熱中した青春時代を過ごしていましたか?梅澤:うーん。私、中学時代は部活が大好きだったんですけど、高校に上がってからは、何かに熱中する対象がなくなってしまったんですよ。だからこそ、この作品が個人的にすごく胸に響いたというか…。年齢に関わらず一生懸命になることって、本当にかっこいいなって、『映像研』を通して自分の中に気付きがありました。齋藤:同感。私の場合は、中学1年生から乃木坂46に所属していたこともあり、学校にきちんと通うことができなかったので、“熱中”できる対象がなかったんです。それに対して肯定的にとらえることができない時期もあったけれど、この作品を通して、私が今まで自分のエネルギーをフルに注いでいたのは乃木坂46の活動だったんだって、気付くことが出来ました。今では他の人では得ることができない青春時代を過ごせたんだ、とポジティブに感じています。梅澤:映画そのものも、青春が戻ってきたような、そんな時間だったよね!

返信先:@ikutaso1004賀喜遥香と遠藤さくらと齋藤飛鳥もいますね?

「月刊!スピリッツ」にて連載中の人気コミック「映像研には手を出すな!」(小学館)が実写映画化され、2020年初夏に公開されることが決定した。主演を務めるのは、乃木坂46の齋藤飛鳥。同グループの山下美月と梅澤美波が共演する。

乃木坂46、1期生として、デビューより、グループをけん引し続けてきた西野七瀬さんが、自身ブログで、年内グループ卒業を発表。
ブログには”おしらせ”のタイトルで”皆さんに伝えたい事がありまして、、、”と始まり、これまでの7年間にわたる活動について、スタッフ・メンバーそして、ファンへの感謝が綴られている。
乃木坂46オフィシャルサイトには、来年、卒業コンサートを開催する予定とのコメントも。
西野七瀬さんは、2011年8月、乃木坂46の1期生オーディションに合格し,、白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんと共に、常にトップクラスで走り続け、2014年1月シングル「気づいたら片想い」で初のセンターをつとめ、またモデルとしても活躍。
2015年、初のソロ写真集を、そして、今年フォトブック「わたしのこと」を発売。
来年予定されている卒業コンサートの詳細が待たれますね。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*