2021年令和3年 松本潤 上野樹里 映画

2021年令和3年 松本潤 上野樹里 映画

朝顔(上野樹里)と光子(志田未来)は、自宅で倒れていたという若い女性の遺体を解剖することに。女性の体に傷はなく内臓にも異常が見られない突然死のため、死因を特定できる手掛かりを見つけられずにいた。しかし朝顔らは、女性が亡くなる直前に入院していたという情報から、入院と死の因果関係を探る。

朝顔(上野樹里)が出勤すると、光子(志田未来)や高橋(中尾明慶)らがミーティングの準備をしていた。この日運ばれてきた高齢者の遺体は外傷がなく、身元につながる物も身につけておらず、歯が1本もない状態だった。現場にも遺留品がなく解剖に望みがかかる中、朝顔と藤堂(板尾創路)が解剖することに。

貧乏女子高生とスーパーお金持ちのお坊ちゃんが繰り広げるドタバタ学園ラブストーリーは、まさに老若男女楽しめる内容です。ストーリーは原作のままではないため、漫画派だった人も新鮮な気持ちでドラマに入り込むことができます。でも、原作での名シーンや外せないエピソードはきっちりとドラマの方にも盛り込まれているので、原作へのリスペクトも忘れていません。花男の面白さを堪能したい人は『花より男子2(リターンズ)』、映画『花より男子F(ファイナル)』もお見逃しなく!

“十億の美魔女”と呼ばれる女性の裁判が始まる。その女性は、3年前に会社社長の夫が病死し、その後再婚した資産家の男性も結婚後3カ月で病死、その結果、巨額な遺産や生命保険金を手に入れた。朝顔(上野樹里)は、検察官から証人として請求があり、出廷する。朝顔は池内の死因は病気ではないと法廷で報告する。

俳優の濱田岳、女優の水川あさみ、子役の新津ちせが3日、都内で行われた出演映画「喜劇 愛妻物語」の公開直前イベントに、メガホンを取った足立紳監督と共に登壇した。

法医学者の朝顔(上野樹里)とその父で刑事の平(時任三郎)が遺体の謎を解き、“生きた証し”から人々の心を救う。東日本大震災で母・里子(石田ひかり)が行方不明になり、朝顔と平は二人暮らしに。ある日、朝顔の勤める法医学教室に解剖依頼が入る。すると、平と朝顔の恋人で刑事の桑原(風間俊介)が現れる。

なによりも、このドラマは脚本の笑い・音楽・恋愛・友情・青春の5つのバランスも絶妙でした。前半の"Sオケ"メンバーでわちゃわちゃと音楽を楽しむシーンを観てそれぞれの個性的なキャラクターに親近感が湧いたと思ったら、後半ではちょっとシリアスで感動的な内容に涙…。音楽の楽しさ&素晴らしさに酔いしれたあとに、のだめ(上野樹里さん)と千秋先輩(玉木宏さん)の胸キュンシーンがあったかと思えば、漫画らしい「ぎゃぼー!」という奇声を発したり…。観ているこちら側も感情の処理が追いつきません(笑)劇場版も前後編2部作で公開されましたが、ドラマの伏線をきっちり映画で回収しているので、ドラマを観た人はこちらもお忘れなく。

ある心霊スポットから、死後2年ほど経過したとみられる人骨が発見される。骨だけでは死因の特定が難しく、“不詳の死”となってしまうことが多いため、歯から遺体の身元を特定することに。朝顔(上野樹里)は、現場にあった骨に小さな骨が交ざっていることに気付き「お一人分ではないですね」と見解を示す。

上野樹里と玉木宏がダブル主演を務めたテレビドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ)の再放送が9月9日からスタートする。

11月6日公開の映画『十二単衣を着た悪魔』のビジュアルおよび予告編が解禁された。本作は、「源氏物語」を題材に、奔放で強い女性によって成長していく青年の姿を描いた内館牧子の長編小説『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』を元に実写化。黒木瞳が監督をつとめる。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

結衣(松長ゆり子)の遺体を前に、朝顔(上野樹里)は手が震え、メスを落としてしまう。朝顔の様子を見た茶子(山口智子)は、解剖室から出るよう告げる。一見転落事故死に見えた遺体だったが、丸屋(杉本哲太)は事件の可能性を示唆する。一方、第一発見者の三郎(きづき)は野毛山署で取り調べを受ける。

上野樹里主演で同名コミックをドラマ化。上野は「のだめカンタービレ」(2006年、フジテレビ系)以来13年ぶりの“月9”主演。新米法医学者・朝顔(上野)とその父である刑事・平(時任三郎)が遺体の謎を解き明かし、“生きた証”から人々の心を救う。また、東日本大震災で母が行方不明になり、その穴を埋めるように前へ進む姿も描かれる。

女優の芦田愛菜が3日、自身6年ぶりとなる実写主演映画『星の子』の完成報告イベントに、共演の永瀬正敏、原田知世、メガホンを取った大森立嗣監督と共に登壇した。

近年の不倫ドラマの代表作。ここ数年、有名人の不倫報道がされるや否や不倫を糾弾する声が大きくなるのに、そんな世間の反応とは裏腹に"不倫"をテーマにした本ドラマは社会現象になるほど大ヒット。続編の映画も制作されるほど、多くのファンを獲得しました。このドラマといえば、挿入歌&エンディング曲で使用されている一青窈さんの「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」は欠かせません。「♪パッパパラッパ~」という独特な曲調を聴くだけで「昼顔だ」というのがわかる人も多いのでは。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*