2021年令和3年 松本潤 大河ドラマ ツイッター

2021年令和3年 松本潤 大河ドラマ ツイッター

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年滝田栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。ある打合せの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがもの凄く面白く、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話しでした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。家康を誰にお願いするかと話していた時も、古沢さんは「松本潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。令和版新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいて下さい。

初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!?しかも誰もが知っている、あの家康を!?脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回(第44話)が7日、放送された。最終回のサブタイトルは「本能寺の変」で、ネットでは早い段階から、その結末がどうなるのかに注目が集まったが、ラストが“明智光秀=天海説”を匂わせるものとなったことでSNSが大盛り上がり。ツイッターでは「麒麟がくる」「本能寺の変」「明智光秀」「織田信長」などに加わり、「天海ルート」なるワードもトレンド入りする事態となり、多くの視聴者が興奮気味にそれぞれの感想を書き込んだ。

俳優の長谷川博己を主演に、戦国武将、明智光秀を新たな視点で描いたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。従来とはまったく異なる新しい解釈で戦国時代の英雄たちを描く群像劇で、大河ドラマとしては初めて光秀を主役に配置し、美濃から羽ばたいた彼の謎めいた生涯に光を当ててきた。

戦国武将オールキャストともいえる今回の大河ドラマ。とりわけ大切に描くのが、家康と信長との関係です。圧倒的なカリスマ性をもち、この国のあるべき姿を語る信長は、家康にとって兄であり、大きな夢。信長に憧れるも、家康は自らの無力さを実感するばかり。そんな家康にも類まれなる才能がありました。

日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんの事、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。

一方、そんななかで目立ったのが、23年放送予定の大河ドラマ「どうする家康」に向けたツイートだ。この作品では、松本潤の主演で令和版へアップデートした新たな家康像が描かれることが同局からすでに発表されている。ネットでは、「麒麟がくる」の結末を受け、早くも大河ファンの妄想が爆発。ツイッターには「『どうする家康』の天海キャスト誰になるのか気になってしまうわ」「あーあ、どうする家康でしれっと長谷川天海出ないかなー」「『どうする家康』の天海役を長谷川博己にやってほしい」「この結末で、どうする家康で長谷川博己が天海役演じたら胸熱だな」「再来年、松本潤の天下取りを支える長谷川博己確定」などの要望が殺到している。

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康役を演じるのが、松本潤さん。松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげて頂けるに違いありません。来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*