2021年令和3年 松本潤 大野智 コメント

2021年令和3年 松本潤 大野智 コメント

ジャニーズファンの脳裏には「SMAP解散」のあの日のこと。活動休止というと寂しくなるためか「大野くんの夏休み」と呼ぶことに。20年分の有給を存分と楽しんだら、また嵐5人の活躍を見たいですね。

金の時計である大野智は、五星三心の中でも「やさしい星」を持っているタイプ。どちらかと言えば、人間関係を築くの上手で社交的な印象があります。ただ、周囲には「変わった人」と思われることも。フラットな考え方ができるので、どちらかと言えば「他人を受け入れる人」です。

嵐の活動休止の話は、2017年6月16日から始まっていました。仕事先の大阪で、大野智さんが初めてメンバーに「自由な生活をしてみたい」と打ち明けたようです。活動休止のコメントとゲッターズ飯田さんの鑑定で、メンバー5人の心境が紐解けるような気がします。

銀の鳳凰である松本潤さんは、しっかりとした芯を持っているタイプ。一方で、自分で決めたルールは守る一方で、自分ルール以外のことは中々受け入れられない超頑固者とも言えそう。自分だけが正しいと思わず、いろいろな考え方や生き方に触れることで柔軟性が高まります。実は、言葉足らずなところがあり伝え下手な人です。

嵐のリーダー・大野智さんが「2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました」と謝罪を交え報告。

松本さんは、突然の発表を謝罪すると共に「最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく、そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命精一杯過ごしていけたら」とコメント。

大野くんの「巻き起こしちゃいますか☺️」に涙。

2020年活動休止「大野くんの夏休み」に向けて走り出した嵐メンバー5人。名前、生年月日、ゲッターズ飯田の五星三心占いで、2019年の運勢を分析してみました。

アイドルグループ・嵐(相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔)の活動休止までの姿を映し出していくNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第22話と第23話「2020年12月31日に向かう」(前後編)が、30日17時より全世界独占配信されることが24日、明らかになった。また、2021年に追加エピソードの配信も決定。活動休止を迎える12月31日まで嵐5人の姿に迫る。

相葉さんは、驚きを隠せないとしながら「何よりも5人で嵐という思いが強い」「仲が悪くなってこういう結果になったわけではない」「いつの日かまた5人が同じ方向を向いて、嵐として活動が再開出来る時は、今まで以上に皆さんに楽しんで頂けるようなパフォーマンスができるように精一杯がんばらせていただきます」とコメント。

12月19日の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)は、嵐メンバーの半生を振り返る「記念館」企画の最終回、大野智編を実施。大野のことを知るゲストとして知念侑李、小瀧望、上島竜兵(ダチョウ俱楽部)、ヒロシ、吉村崇(平成ノブシコブシ)も加わり、数々のエピソードが披露された。
小学校時代は塾に通うも勉強が嫌いで“即帰宅”、中学校時代には、音楽の授業で先生から廊下に立っているように言われるも“即帰宅”など、とにかく嫌なことがあるとすぐに逃げていたという大野。
高校も、元々行くのが嫌だったが、母親から高校は経験した方いいと言われてて入学。ただ3日目にして行かなくなり、退学したという。1日目は健康診断だけだったので出席したが、2日目から早速6時間授業が始まり、1、2時間目だけ出て、3、4時間目をさぼって、5、6時間目は出ようとは思ったが、「しんどくて帰った」。
さらに「3日目は門まで行って帰った。帰って代々木公園で寝た」と言い、帰宅した大野が母親に「辞めたい」と伝えると、「OK」と答えたため退学した。
とはいえ、当時からジャニーズJr.として活動していた大野は、少年隊に憧れてダンスに打ち込む。ただ練習が嫌いで、16歳でホストへの転職を思いつく。「元ジャニーズのホストは売れるだろう」ということで、真剣に考えるように。源氏名も“元ジャニーズ智”などにしようとして、親にまで相談したが、そこで止められて思いとどまったと話した。
その後、16歳から18歳までの2年間は京都で1日5公演の舞台に出続け、そこでダンスを極めたという達成感から再びジャニーズを辞めようとしていた大野。「イラストレーターの仕事に就きたい」と、ジャニー喜多川氏にも辞めることを伝えていたが、嵐のレコーディングを手伝ったことで、そのまま嵐としてデビューした。
そんな大野へ相葉雅紀と松本潤が、この際聞いておきたいことを聞く。相葉が「1万円貸したのって覚えている?」と言うと、大野は平然と「覚えてる」と答える。相葉は覚えてなかったらいいが「覚えてたら問題じゃないですか」と思わず立ち上がる。しかし、大野は「さっきの話聞いたら分かるでしょう」と、この前のコーナーで、相葉が大野が贈った直筆の似顔絵を紛失していることを指摘。相葉は「僕の話は以上です」と引き下がった。
一方、松本は「来年、何やるの?」と、メンバーの中で来年から一人活動休止に入る大野に直球の質問。「現時点でどういうことがやりたいというイメージはわいてきたの?」と松本が続けると、大野は「わかんのよね~、実感もない」と答える。すると、大野は逆に「どうする? (酒を)飲む?」と提案。正月以降の予定が全くないため「全然、誘って」とお願い。「俺が一番暇だから」と笑顔で話した。
SNSでは「やりたくないことは、やらない。大野智伝説…すごいなぁ」「大野智記念館が1番トリッキーな内容だな」「天才肌とはこういうタイプなのかもね」などと、一風変わった大野の半生に対するコメントが多数見られた。また、松本からの質問に対しては「松潤、聞きにくいこと聞いてくれてありがとう」など、ファンの気持ちを代行してくれたことへの感謝のコメントなどが多く上がっていた。
次回の「嵐にしやがれ」は12月26日(土)夜7:00より4時間生放送スペシャルで放送予定。ゲストに明石家さんま、東山紀之、米倉涼子、遠藤憲一、黒柳徹子らが登場する。

二宮さんは「僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚いたというのが本音」「嵐は5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました」とコメント。

大野さんの挨拶が終わると、嵐メンバー・二宮和也さん、松本潤さん、櫻井翔さんからも挨拶が続きます。

大野さんは「2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたい」「嵐20周年、2020年という区切りで、一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか」「一度何事にもしばられず自由な生活がしたい」と自らの気持ちを吐露したと言います。そして、話し合いを重ねた後「2020年をもって嵐を休止する」という決断に至ったようです。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*