2021年令和3年 松本潤 大野智 ダンス

2021年令和3年 松本潤 大野智 ダンス

中でも、近藤真彦、田原俊彦、野村義男の「たのきんトリオ」、木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎、草彅剛・香取慎吾の「SMAP」、大野智、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤の「嵐」は、ジャニー喜多川が生み出した最高傑作である。

13:40 ヒゲダン・楢崎誠、結婚の「可能性はゼロではない」

12月19日の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)は、嵐メンバーの半生を振り返る「記念館」企画の最終回、大野智編を実施。大野のことを知るゲストとして知念侑李、小瀧望、上島竜兵(ダチョウ俱楽部)、ヒロシ、吉村崇(平成ノブシコブシ)も加わり、数々のエピソードが披露された。
小学校時代は塾に通うも勉強が嫌いで“即帰宅”、中学校時代には、音楽の授業で先生から廊下に立っているように言われるも“即帰宅”など、とにかく嫌なことがあるとすぐに逃げていたという大野。
高校も、元々行くのが嫌だったが、母親から高校は経験した方いいと言われてて入学。ただ3日目にして行かなくなり、退学したという。1日目は健康診断だけだったので出席したが、2日目から早速6時間授業が始まり、1、2時間目だけ出て、3、4時間目をさぼって、5、6時間目は出ようとは思ったが、「しんどくて帰った」。
さらに「3日目は門まで行って帰った。帰って代々木公園で寝た」と言い、帰宅した大野が母親に「辞めたい」と伝えると、「OK」と答えたため退学した。
とはいえ、当時からジャニーズJr.として活動していた大野は、少年隊に憧れてダンスに打ち込む。ただ練習が嫌いで、16歳でホストへの転職を思いつく。「元ジャニーズのホストは売れるだろう」ということで、真剣に考えるように。源氏名も“元ジャニーズ智”などにしようとして、親にまで相談したが、そこで止められて思いとどまったと話した。
その後、16歳から18歳までの2年間は京都で1日5公演の舞台に出続け、そこでダンスを極めたという達成感から再びジャニーズを辞めようとしていた大野。「イラストレーターの仕事に就きたい」と、ジャニー喜多川氏にも辞めることを伝えていたが、嵐のレコーディングを手伝ったことで、そのまま嵐としてデビューした。
そんな大野へ相葉雅紀と松本潤が、この際聞いておきたいことを聞く。相葉が「1万円貸したのって覚えている?」と言うと、大野は平然と「覚えてる」と答える。相葉は覚えてなかったらいいが「覚えてたら問題じゃないですか」と思わず立ち上がる。しかし、大野は「さっきの話聞いたら分かるでしょう」と、この前のコーナーで、相葉が大野が贈った直筆の似顔絵を紛失していることを指摘。相葉は「僕の話は以上です」と引き下がった。
一方、松本は「来年、何やるの?」と、メンバーの中で来年から一人活動休止に入る大野に直球の質問。「現時点でどういうことがやりたいというイメージはわいてきたの?」と松本が続けると、大野は「わかんのよね~、実感もない」と答える。すると、大野は逆に「どうする? (酒を)飲む?」と提案。正月以降の予定が全くないため「全然、誘って」とお願い。「俺が一番暇だから」と笑顔で話した。
SNSでは「やりたくないことは、やらない。大野智伝説…すごいなぁ」「大野智記念館が1番トリッキーな内容だな」「天才肌とはこういうタイプなのかもね」などと、一風変わった大野の半生に対するコメントが多数見られた。また、松本からの質問に対しては「松潤、聞きにくいこと聞いてくれてありがとう」など、ファンの気持ちを代行してくれたことへの感謝のコメントなどが多く上がっていた。
次回の「嵐にしやがれ」は12月26日(土)夜7:00より4時間生放送スペシャルで放送予定。ゲストに明石家さんま、東山紀之、米倉涼子、遠藤憲一、黒柳徹子らが登場する。

また、後半23番手でもシンガー・ソングライター、米津玄師(28)が作詞作曲したNHK2020ソング「カイト」を初披露する。

年内をもって活動を休止する人気グループ・嵐(大野智、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤)による『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』の無観客ライブが12月31日の午後8時からオンライン上で生配信された。1999年のデビューから21年の歴史にひとつの区切りをつけた。約3時間強におよぶ本編最後のあいさつでは、相葉、松本が感極まり、ラストには櫻井の目にも涙が。無観客配信を生かした最先端のパフォーマンスと、彼ららしさの詰まったあたたかいライブを画面の向こうのファンに届けた。
【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画オープニングでは、巨大ミラーボールの中から5人が登場。きらめく光に包まれた会場には無観客であったが、「サクラ咲ケ」「言葉より大切なもの」「GUTS!」などライブ定番曲ではリモート画面で応援するファンの姿や歌声がモニター越しに流れ、心の距離は感じさせない演出に。またTravis JapanやHiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、IMPACTors、Jr.SPなどのジャニーズJr.を従えた圧巻のステージでもしっかりと先輩としての背中をみせた。
あいさつでは、松本は「今から俺ら5人で最高のショーをみせてやるよ!」と宣言から始まり、二宮は「いらっしゃいませ! 見えてますか! 聞こえてますか! つながってますか! 楽しんでいこうぜ!」と歓迎。相葉も「盛り上がってんの~? どうなの? もっとちょ~だい!」とおねだりし、大野も「は~い! は~い! は~い! いつものいけるかい!?」と定番のあいさつ。櫻井は「上のほうでもなく、下の方でもなく画面の向こう側、調子はどうなんだ!」と“いつも通り”に煽りまくった。
大野が振り付けを担当したダンス曲「いつか秒針のあう頃」や「つなぐ」では、鏡張り張りの部屋に移動するなど空間をフル活用。「One Love」ではLEDの桜が舞い、「Love Rainbow」では天井にまで巨大うちわが浮かび上がる。最先端の技術を活かした迫力のパフォーマンスは、息つく暇もないほど。かと思えば、MCではステージの上で着替え順番を決めるためにジャンケンしたり、大野と相葉が相撲を取り始めたりと“最後”を感じさせない、仲良しぶりで和ませた。
櫻井の「ウィル・ビーバック!」の声とともに、NHK『紅白歌合戦』出場のため、一時中断を挟んで後半へ。「活動休止前最後のステージ」と銘打たれた“最終章”ではブルーノ・マーズ提供の初全編英語詞によるデジタルシングル「Whenever You Call」から再開。ヘリポートに見立てたステージで歌唱した「PIKA★★NCHI DOUBLE」や「君のうた」ではこれまでの5人の写真が映し出され涙を誘う演出に。最後は笑顔あふれるセルフィーで締めくくられた。
そして松本の「ラストスパートいくぞ! 今から俺たちがみんなにラブソングを贈ります。俺らの名前はなんだ!?」に呼応するように、「A・RA・SHI」では事前に募ったファンの声がけとのシンクロによってまるでファンがその場にいるような一体感が生まれる。ラストスパートの「感謝カンゲキ雨嵐」の歌唱中にはファンからのサプライズも。ファンから寄せられた「涙が止まらない!」「嵐は大切な宝物」「いつまでも待ってるよ」「大好きです」など“感謝”の言葉が会場を埋め尽くし、5人は幸せそうな笑顔でそれを眺め続けていた。

「大野さんとかニノとか、『見るでござる』『見るでござる』って書いてきた」の櫻井さんの言葉に、「なんか嬉しくなるね~!」とスタジオメンバーも大盛りあがり。見取り図の盛山晋太郎さんが「3時間でいいんでそのグループLINE入れてもらえないですか? 何もやらない、見とくだけなので」と懇願する場面も。

松本潤(36)は「めっちゃいい曲ですよ。すごく米津くんらしい曲」と絶賛。米津からは「自分が歌うというよりも、嵐が歌うことをイメージして、曲も詞も作った」と伝えられたといい「こういうイメージが僕らにあるんだなって感じられて、すごくうれしかったです」と喜んだ。

米津とメンバーは好きな音楽やマンガ、アニメの話を、リーダーの大野智(39)とはアートの話もしていたというが、櫻井自身は「僕は(会話を)回してた」とそこでも司会ぶりを発揮していたという。

歌唱する「不協和音」は2017年の紅白で歌唱中にメンバー数名が倒れてしまうハプニングが起こった曲だが、小林由依(20)は「2年経って、私達も成長した部分もあるので、今回は2年前とはまた違った新しい『不協和音』というか強くなった『不協和音』を見せられたらいいな」と自信を見せた。

初出場のGENERATIONSは、所属事務所が運営するダンススクール「EXPG STUDIO」の生徒を従え、「EXPerience Greatness」をパフォーマンス。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*