2021年令和3年 松本潤 性格いい

2021年令和3年 松本潤 性格いい

櫻井翔さんは、ゲッターズ飯田さんの五星三心占いでは「金のカメレオン」タイプ。旅行のスケジュールを移動時間もきっちりと決めたい性格なので、2017年も自分が描いた地図を歩きたいという気持ちが強まりまるため、自分の中で計画に甘さを感じたり思うように物事が進まないと感じる場面がありそうです。「完璧でありたい」という思いが自分にプレッシャーを与えてしまうんですね。人生は思うようにならないことが多いはずなので、余裕や遊びを忘れないで臨機応変に対応していくことが開運につながります。

つくし(井上真央)は、はずみで道明寺(松本潤)とキスをした。類(小栗旬)に現場を見られたつくしは、ショックを受ける。友人の優紀(西原亜希)から、類に告白をした方がいいと背中を押されるが、踏み出せない。そんな中、類は思いを寄せる静(佐田真由美)が、フランスに戻ると聞き落胆。つくしは、類のために何かできないかと奔走する。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年滝田栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。ある打合せの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがもの凄く面白く、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話しでした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。家康を誰にお願いするかと話していた時も、古沢さんは「松本潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。令和版新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいて下さい。

道明寺(松本潤)のデートの誘いを、冗談だと思ったつくし(井上真央)だが、気になって待ち合わせ場所へ。すると、道明寺は、まだ雨の中で待っていた。つくしはおわびにお茶をおごろうとするが、店へ向かうエレベーターが故障し閉じ込められる。翌日、一晩一緒に過ごしたことが学校中の話題になり、生徒たちのつくしに対する態度が豹変する。

つくし(井上真央)の醜態が写った写真が出回り、つくしは再びいじめに遭う。道明寺(松本潤)に何もなかったことを訴えるも、信じてもらえない。つくしは、道明寺に優しい言葉をかけられていただけに落胆。後日、つくしは写真を撮った犯人捜しを始める。そんな中、道明寺と桜子(佐藤めぐみ)の2ショットを目撃し、複雑な気持ちになる。

道明寺(松本潤)は、つくし(井上真央)と類(小栗旬)が抱き合う姿を目撃した。激怒した道明寺は、類をF4から外すと宣言。類は気にせず、つくしをデートに誘う。後日、オシャレをして家を出たつくしの前に道明寺が現れる。つくしは、引き留める道明寺を振り切り類の元へ。つくしは、デート中も、道明寺のことが気になり、上の空になる。

大野さんの挨拶が終わると、嵐メンバー・二宮和也さん、松本潤さん、櫻井翔さんからも挨拶が続きます。

松本さんは、突然の発表を謝罪すると共に「最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく、そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命精一杯過ごしていけたら」とコメント。

つくし(井上真央)は、椿(松嶋菜々子)の発案で、女子高生日本一を選ぶコンテスト「ティーン・オブ・ジャパン」に出場。場違いなつくしだが、F4や椿の特訓の成果もあり、何とか勝ち進む。だが、楓(加賀まりこ)に送り込まれた道明寺(松本潤)の婚約者候補・あや乃が、つくしの前に立ちはだかる。そんな中、道明寺は楓にある決断を迫られる。

性格的には「吸収力が高い」ので、下積みをしっかりすることが大事。目標をしっかりと決めると、人生が大きく前進します。

名門高校に通う貧乏な少女と、学園を牛耳る御曹司4人組との恋と対決を描く。リッチな子供が通う英徳学園に入ったつくし(井上真央)は、“F4”と呼ばれる4人の御曹司が学園を好き勝手に支配する状況にうんざりしていた。ある日、つくしはF4の道明寺(松本潤)に絡まれた同級生を助けてしまい、全校生徒からいじめに遭う。

他のメンバーにまだ大きな動きはありませんが、松本潤さんのキャラクターが少しずつ変化し俳優やバラエティーの幅を広げていたり、二宮和也さんのクリエイター気質が前面に出始めていたりと、2月4日を過ぎた当たりから書くメンバーの運気が動き始めているように感じます。

松本 何かできたらいいですけどね。場所もそうですし、それこそたくさんの人に見ていただく形にしたいので。11月3日というデビュー日に限っては1日しかないですし、どこかでコンサートやるっていっても、よりたくさんの方と共有できる方法を何かとれたらいいなと思っています。できないかもしれないし、できるかもしれない。

二宮 いままでと変わらず、この20年間やって来たことがウソにならないように、我々らしく、嵐らしく、5人で、皆さんと一緒に思い出をつくっていけたらなと思ってます。とにかく、リーダーが発端でこういう決断をしたというのはもちろんあるけど、僕ら4人も休むわけで。しっかりと、きっちりと休めるように、ここから2年間、全力で、ひとつひとつの仕事に向き合って、自分たちらしい形を残していきたいと思っています。それまで一緒に楽しんでいただけたら。これからもよろしくお願いします。

――2017年6月、どうやって切り出したのか。具体的に。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*