2021年令和3年 松本潤 性格良い

2021年令和3年 松本潤 性格良い

櫻井翔さんは、ゲッターズ飯田さんの五星三心占いでは「金のカメレオン」タイプ。旅行のスケジュールを移動時間もきっちりと決めたい性格なので、2017年も自分が描いた地図を歩きたいという気持ちが強まりまるため、自分の中で計画に甘さを感じたり思うように物事が進まないと感じる場面がありそうです。「完璧でありたい」という思いが自分にプレッシャーを与えてしまうんですね。人生は思うようにならないことが多いはずなので、余裕や遊びを忘れないで臨機応変に対応していくことが開運につながります。

小泉今日子さんと中井貴一さんの安定感のある演技も本当に自然で、2人の喧嘩のやりとりや日常の家族との会話劇に毎回ニヤリとしてしまいます。が、ときにはグサリと胸に刺さるセリフも…。大人になるとなぜかみんな性格の一部をこじらせてしまうので、自分にも思い当たる節が…。40代・50代になると恋愛より健康や老後などに不安を感じる、というセリフは10代・20代にはわかるまい…!2014年に放送された「続・最後から二番目の恋」では「2人合わせて~100歳!!」と言っている通り、48歳と52歳になった2人のその後の関係が丁寧に描かれているので、そちらも必見です。

番組の企画に関連して「(調味料の)ソース運」について問われると「16歳で心が止まっているので、ちょっと甘めが良い」とアドバイス。松本さんは「甘めの方にします」と笑顔を見せていました。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

性格的には「吸収力が高い」ので、下積みをしっかりすることが大事。目標をしっかりと決めると、人生が大きく前進します。

嵐の松本潤さん、二宮和也さん、相葉雅紀さん、櫻井翔さん、大野智さんのゲッターズ飯田さんの鑑定結果を見て、過去のニュースを見返してみるとかなり的中していると感じますよね。

金のインディアンである相葉雅紀さんは、アホな星を持つ「愛されるアホ」でしょう。陽気な中学生がそのまま大人になったように、好奇心旺盛でフットワークが軽い性格です。新しい事が好きで、子どものような無邪気な心で世の中を見ています。交友関係は広いものの、人との距離感を上手にとりたがります。

他のメンバーにまだ大きな動きはありませんが、松本潤さんのキャラクターが少しずつ変化し俳優やバラエティーの幅を広げていたり、二宮和也さんのクリエイター気質が前面に出始めていたりと、2月4日を過ぎた当たりから書くメンバーの運気が動き始めているように感じます。

2023年放送の大河ドラマが古沢良太さん脚本の『どうする家康』に決定したとの発表がありました。
コロナ禍で暗いニュースばかりが続いている中で、徳川家康公の生誕地である岡崎市にとりまして大変明るい話題です。
また、人気アイドルグループ・嵐のメンバーである松本潤さんが主役を務めるということで、若い世代をはじめ、さらなる大河ドラマファンが増えると思われ、大変うれしく思っています。
多くの話題作を手掛けてこられた古沢さんが描く家康公像は、「どうする家康」というタイトルからも、今までとは一味も二味も違うものになりそうで、今からわくわくしています。
このドラマが岡崎の魅力発信の起爆剤になり、多くのかたに岡崎へ足を運んでいただくきっかけになればと思っています。
ドラマの制作に当たっては、岡崎市としても全面的に協力していきたいと考えておりますので、市民のみなさんも楽しみにお待ちいただければと思います。

でも悲しい映画。あの子があの子だったのね。樹里ちゃんのほんわか演技が本当にかわいい。性格のきついバリバリキャリアウーマン的な役どころもできて本当にすごい女優さん。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

1982年生まれの芸能人は櫻井翔さんの他に、先日、突然の芸能界引退発表を行った俳優・成宮寛貴さんをはじめ、小室ファミリーとして活躍する歌手・鈴木亜美さん、俳優・藤原竜也さんなどがいます。1982年生まれは律儀で丁寧、忠実な性格な方が多く、何事も白黒ハッキリつけないと気が済まない頑固な一面も持ち合わせています。

大野さんの挨拶が終わると、嵐メンバー・二宮和也さん、松本潤さん、櫻井翔さんからも挨拶が続きます。

銀の鳳凰である松本潤さんは、しっかりとした芯を持っているタイプ。一方で、自分で決めたルールは守る一方で、自分ルール以外のことは中々受け入れられない超頑固者とも言えそう。自分だけが正しいと思わず、いろいろな考え方や生き方に触れることで柔軟性が高まります。実は、言葉足らずなところがあり伝え下手な人です。

松本さんは、突然の発表を謝罪すると共に「最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく、そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命精一杯過ごしていけたら」とコメント。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*