2021年令和3年 松本潤 赤ちゃんの頃

2021年令和3年 松本潤 赤ちゃんの頃

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

表紙&巻頭特集には嵐が登場。「ライブ」「SNS」「2ショット」「音楽」をテーマに、嵐が嵐を語りつくす、7000字超え5人トークインタビュー企画を展開。「音楽」をテーマには、それぞれのメンバーについて、「このメンバーと言えば」と思う楽曲を語り合ってもらった。「せっかくだからソロ曲以外にしよう!」、「早く聞きたい!」と、お互いにワクワクした様子でトークはスタート。「それは上級者編!」「上級を攻めたいね~」などと、意外な楽曲、懐かしい楽曲も飛び出し、当時のエピソードで盛り上がる5人。「2ショット」をテーマには、大野智×二宮和也、櫻井翔×松本潤、相葉雅紀×二宮和也などのコンビについて、お互いに思うところ、印象を語り合う。松本が櫻井に「誘ってほしいけどね(笑)」と語ったこととは…? 終始、嵐ならではの空気感で進んだトークは必見! 「アラフェス2020 at 国立競技場」のリポートもお届けする。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*