2021年令和3年 松本潤 両親 出身

2021年令和3年 松本潤 両親 出身

時多駿太郎(松本潤)と水野飛鳥(仲里依紗)は、ある会社からの依頼で不良社員の男を尾行調査していた。男の顔には特徴的なホクロがあり、それを目印に追っていた。しかし、飛鳥が気を抜いた瞬間、男はマスクをして人込みに紛れてしまう。飛鳥は必死に男を捜すが見当たらない。それどころか、自分を調査しているのか、と逆に男に声をかけられてしまう。
後日、筑紫昌義(角野卓造)は、依頼人に謝罪するが納得してもらえず、調査は中止となった。筑紫は飛鳥に、調査の基本に立ち返るようにと注意し、飛鳥も神妙な面持ちで聞いた。そんな折、飛鳥の携帯に元カレの誠(細田よしひこ)からメールが届く。飛鳥は迷いながらも誠に連絡を取り、2人は食事をすることに。落ち込んでいる自分にさりげなく接してくれる誠。自分を理解してくれていることが、飛鳥には嬉しかった。やがて、話が誠の仕事のことになると、誠はアメリカにある本社に異動が決まったと明かし、飛鳥についてこないか、と誘った。
翌朝、浮かれて出社した飛鳥を、旭淳平(大泉洋)らは不審に思う。茅野メイ(入来茉里)がプロポーズされたのか、と当てずっぽうで聞くと、飛鳥は異常に反応する。
そこへ、高級クラブの女性・飯塚月子(釈由美子)から自宅の盗聴器を見つけてほしいという依頼が入った。駿太郎と飛鳥が月子宅に向かい、盗聴器を発見。月子は最近、大物代議士の熱愛相手として新聞に記事が載ったが、その内容から部屋が盗聴されているのでは、と疑ったという。それを聞いた駿太郎が、この部屋に出入りする人物を教えてくれと言うが、月子はいないと平然と答える。月子に男性の影を感じた駿太郎は…。

時多駿太郎(松本潤)は、何者かに連れ去られた藤崎瞳子(松嶋菜々子)の行方を捜査してほしいと警察署に駆け込むが、桐原由貴(吹石一恵)に断られてしまう。
駿太郎は、負傷して入院中の旭淳平(大泉洋)にそのことを報告。淳平は、警察に八神コーポレーションと通じている者がいる、八神コーポレーションの八神景介(鹿賀丈史)こそが、瞳子の父・眞人が死の直前まで調べていた男だと話した。
その後、駿太郎らを前にした筑紫昌義(角野卓造)は、16年前、弁護士だった眞人が八神の土地買収にまつわる不正の証拠を掴んだ直後に、不審な死を遂げたのだと明かした。そんなとき、駿太郎、筑紫、水野飛鳥(仲里依紗)、茅野メイ(入来茉里)の携帯電話に、瞳子を誘拐した犯人からメールが届く。犯人は、瞳子と引き換えに眞人の手帳を渡すよう指示。その後、指定場所で飛鳥が待機していると、駿太郎にボディーガードを頼んだ史織(夏帆)が現れ手帳を受け取った。史織は、バイクに乗った男にそれを手渡した。
男を見送った駿太郎らは、手帳に付属した万年筆に仕掛けたGPSで手帳の行方を追う。追跡を続けるとGPSは、海上の客船の上で止まった。早速、駿太郎と飛鳥は船内に潜入する。
その頃、船内に拉致されていた瞳子の元へ、手帳を手にした男(永井大)が現れた。それは、瞳子を付け狙っていた男だった。やがて万年筆のGPSに気づいた男はそれを破壊、船内に侵入者がいると確信し、それを捕らえるよう部下に指示。すると、男たちが現れ駿太郎を取り囲んだ。そのなかに、あろうことか新田輝(瑛太)がいて…。

凛々しい眉毛が燦然と輝く嵐・松本潤(まつもとじゅん)さん。

松本は「僕の大好きなキャラクター「深山先生」をまた演じられる事をとても嬉しく思います。TVドラマシリーズに出てきたあの仲間たちはもちろん、新たに加わる新しいキャラクターに僕自身も早く会いたいです。先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います!!映画館のスクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください。」と本作への意気込みを語った。

自称“自由人”、実はフリーターの時多駿太郎(松本潤)は、昼間から高級ホテルで人妻の美香(松本若菜)との情事にふけっていた。帰り道ふいに肩を叩かれた駿太郎が振り返ると、男が美香の落としたスカーフを差し出してきた。駿太郎は、男に礼を言うとそれを美香に届けに走る。
その後、自宅に戻った駿太郎は、弟・孝次郎(小山慶一郎)の息子で、テレビドラマの『私立探偵☆真壁リュウ(谷原章介)』が大好きな翔太(後藤奏佑人)にちょっかいを出す。そんなお気楽な息子に母・百合子(岡江久美子)は、早く社会人になれ、と小言を言う。
数日後、駿太郎は突然美香に別れを告げられる。夫が探偵を雇い、ホテルでの密会写真を撮られたからだと言う。そんな時、駿太郎はあの男に再会する。ホテルでスカーフを差し出した男だった。
ピンときた駿太郎は、男を追いかけると、胸倉を掴んで、「お前は探偵か!」と問い詰めた。さらに、駿太郎は殴りかかるが、男はそれをかわすと走って逃げた。
「北品川ラッキー探偵社」の事務所に、息を切らしたその男が入ってきた。男の名は新田輝(瑛太)。そこには駿太郎の調査をしていた旭淳平(大泉洋)、水野飛鳥(仲里依紗)と、総務の筑紫昌義(角野卓造)、事務員の茅野メイ(入来茉里)がいた。
そして、筑紫が会議を始めようと言ったとき、飛鳥が新田の後ろを指差した。そこには、駿太郎が立っていた。勝手に写真を撮られたことが許せない駿太郎は、探偵たちに食ってかかる。そして、事務所は大騒動となるなか、社長室から社長の藤崎瞳子(松嶋菜々子)が出てきた。駿太郎を観察するように見た瞳子はやがて、うちで働かないか、と言った。突然のスカウトに、駿太郎も探偵たちも唖然とするが、結局、見習い探偵として雇われることになった。
駿太郎の最初の仕事は、探偵社の広告が入ったポケットティッシュ配りだった。駿太郎の教育係に命じられた淳平は、売り上げを左右する大事な仕事だと言うが、駿太郎は面白くない。そんな折、松浦茉菜(緑友利恵)という女性が兄を捜してほしいと事務所にやってきた。茉菜によると、兄の松浦拓巳(水橋研二)は元消防士で現場の指揮官だったが、事故で隊員が亡くなったことに責任を感じ、失踪したと言う。
その後、駿太郎は、新田、淳平と組んで、松浦が現れるという場所を見張り続けた。そして5日後、松浦の姿をとらえたが、松浦の顔は殴られたような跡があり傷だらけだった。新田が松浦を追うと、松浦は古びた倉庫に入っていった。倉庫の扉は施錠されているため、新田が建物の周囲からなかを覗くと、そこには鉄骨のリングがあり男が殴り合い、周囲には盛り上がる観客がいた。新田は、デジカメを取り出しその様子を動画で撮影し始めるが、倉庫の関係者に見つかってしまう。
後日、探偵社では、新田の撮った動画の分析をしていた。そして、瞳子の一言で倉庫への潜入捜査をすることになった。
淳平は、北品川警察に刑事の桐原由貴(吹石一恵)を訪ね、廃倉庫の情報を得ようとするが、由貴も上司の後藤将司(金田明夫)も情報は持っていないようだった。
そして潜入捜査の夜、駿太郎は淳平から何もするな、と釘を刺されるが…。

ラッキー探偵社に、ストーカーから自分を守ってほしいと依頼が入り、時多駿太郎(松本潤)がボディーガードを引き受けることになった。依頼人・望月史織(夏帆)の希望は、自宅から会社までの送迎と外出時の警護で、さらに、駿太郎には恋人に扮してほしいという。
早速、駿太郎は史織が勤めるカフェで仕事が終わるのを待つが、ふたりの雰囲気は恋人同士のようだった。その様子を見守る旭淳平(大泉洋)と水野飛鳥(仲里依紗)は、女性馴れした駿太郎の態度を冷やかす。
そんな折、淳平のパソコンに桐原由貴(吹石一恵)からメールが届く。ふたりきりで会いたいという由貴に、筑紫昌義(角野卓造)でさえも何か企みがあるのではないか、といぶかしがる。待ち合わせの水族館に現れた由貴は私服で、いつもとは違う雰囲気だった。淳平があれこれアプローチを続ける中、由貴は突然、16年前という言葉から何を連想するか、と聞いた。とまどう淳平に由貴は、警視庁幹部・峰永(近江谷太朗)宅に侵入した新田輝(瑛太)が、16年前に何があったのかと峰永に迫ったが、その後、警察で取られた峰永の供述調書から、そこの部分が削除されていたと明かした。それはラッキー探偵社に関係のあることだと思われるから、心当たりはないかと聞く由貴に、淳平は心当たりがあると答えた。
そんなある夜、自宅への道を歩いていた藤崎瞳子(松嶋菜々子)は、後ろに人の気配を感じて振り返るが、そこには誰もいなかった。しかし翌日、瞳子は自宅に侵入があったようだ、と筑紫に相談した。筑紫は、探偵たちに相談してみては、と勧めるが、瞳子は自分の父親の事件に誰も巻き込みたくないとそれを断る。
同じ頃、母親・百合子(岡江久美子)と昔話をしていた駿太郎は、ひょんなことから百合子が瞳子の父親を知っていると聞き驚く。

香川は「『99.9』は、私が一番「私自身」でいられる唯一無二のコンテンツ。「演技」をしているという実感がいい意味で無い。出演している全てのレギュラー陣がそう思っているはずです。その『99.9』が映画になる。映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!」とコメントを寄せている。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*