2021年令和3年 松本潤 名言 面白い

2021年令和3年 松本潤 名言 面白い

お仕事系ドラマで圧倒的に面白かったのが、このドラマ!「え?これは恋愛ドラマじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。たしかに、ストーリーに恋愛要素も多いんですが、本ドラマの魅力を際立たせているのが登場人物たちの"仕事への熱い情熱"です。ただのオフィスラブなんかじゃない…!と、いうことでここではお仕事系ドラマに分類させていただきました。仕事に対する姿勢、考え方、行動力など見習う部分も多く、私にとって仕事の価値観を大きく一変させてくれたドラマです。

ミステリーやサスペンスドラマの面白さは、犯人やトリック、そしてその事件を起こした動機など、すべての種明かしが腑に落ちるものなのかどうかではないでしょうか。たいていのドラマは最終回ですべての真相が明らかになるパターンが多いですが『アンナチュラル』は、基本的には1話完結型。死因を究明する法医学者がさまざまな不自然な死体を前に事件の真実を読み解いていくのですが、クセの強い同僚たちとの毎回絶妙なチームワークを見せてくれます。しかし、最終回直前には全編で謎に包まれていた事件の真相へと続く展開で…。伏線に次ぐ伏線。最終回へ向かう流れに自然に乗ることができ、ラストを観たときの清々しさは忘れられません。キャストすべての演技と雰囲気に拍手を送りたいです。

刑事ドラマってどうしてこんなに面白いのでしょうか。今も昔も、刑事ドラマは不動の人気ジャンルかと思います。『踊る大捜査線』は、小さい頃に映画館に新作観に行くほど大好きでした。そんな私が大人になってどハマりしたのは『ストロベリーナイト』です。竹内結子さんの凛々しい姫川玲子役も本当にカッコ良かったんですが、なによりも事件一つひとつの生々しさ、視覚的な演出、そして姫川班のメンバーたちの魅力あふれる人間味が最高でした。ストーリーの本質を邪魔しない姫川&菊田の関係性も絶妙で…。映画の展開やリメイク版(ストロベリーナイト・サーガ)に賛否ありますが、この2010年のテレビドラマ版は刑事ドラマの中でも屈指の傑作です。

「きのこの山」「たけのこの里」について、それぞれ1975年4月17日に商標登録出願されています。仲良く同日出願ですね。これらの商標は、「きのこの山」を1975年に販売することに伴って出願されたものと思われます。「たけのこの里」は1979年に販売開始されたものの、1975年の段階で既に「たけのこの里」の構想があったということが分かって面白いですね。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

「ファンへのメッセージ」を求められたメンバーは5人それぞれに回答。大野は「いろんな感情があると思うんですが、2年間でファンの方に感謝を返していける方法を考えています」、松本は「2020年までの時間をかけ、今日発表させていただいたことで僕ら自身も前向きに毎日を過ごしていきたいと思います。僕らがバラエティ番組に出たときの空気を見れば安心していただけるのかな」と答える。櫻井は「嵐ではないと叶えられない夢があるし、嵐でないと見られない景色が山ほどあるので、ファンの皆さんも一緒にその景色を見るために走っていただけたら」、相葉は「僕らはもう決められた時間、見てくださる皆さんを楽しませる、それに全力を尽くしてあとの2年間はがんばります」と語った。二宮はファンを混乱させたことを謝罪し、「みんなで楽しむためにもあまり前を向きすぎず。前を向かれてもつらい部分があると思うので、ファンの子と向き合って僕ららしく『嵐っていいな』って思ってもらえる2年間にしたいです」と述べた。

「知財を身近にするメディア」をキャッチフレーズに、2020年5月よりスタートした本 Toreru Media 。おかげさ…

寺島しのぶ「乳首出ちゃった」松本人志が奔放発言に戦々恐々「いつでも消火器持つつもりでね…」

「休止期間に英気を養ったらまた嵐を巻き起こす姿は見られますか?」という質問に相葉は「僕はデビューのときに世界中に嵐を巻き起こしたいと言ったんですが、まだ巻き起こしてないんで。リーダーが同じ方向を向いてくれたときには……巻き起こすでいいんだよね?」と大野に視線を送る。これに対して大野は「嵐を巻き起こしちゃいますか」と返して会場を笑いで包んだ。またメンバーは自分たちにとっての嵐の存在についても言及。松本は「嵐には形容の仕方はなくて、家族でもないし友達でもないし、それ以上ですね」、相葉は「このメンバーじゃなかったら20年できなかったね」としみじみ。その言葉に櫻井と二宮も力強く同意していた。

『ウォーキングデッド』はゾンビものということで、最初は苦手かも…と思ったんですが、観れば観るほど面白さが増していき、泣いたり震えたり、もう感情が大忙しでした。そして、人気の海外ドラマの話題になると必ず名前が挙がる『プリズンブレイク』。脱獄ものですが、評判を裏切ることなく臨場感も役者さんの演技もストーリーもピカイチで、第1話目から続きが気になって仕方がありません。コメディっぽさがありながらも恋愛と友情を絡めた『フレンズ』、男女のドロドロ合戦が繰り広げられるのに目が離せない『ゴシップガール』は、結局誰と誰がくっつくのか…!複雑な人間模様から目が離せません。

小さい頃からファッション編集者を目指していたスーパーポジティブな女性・河野悦子が待望の出版社に入社するも、地味な仕事のイメージが強い校閲部に配属されるところから物語はスタート。校閲という仕事は、ほとんどの人にあまり認知されていない仕事です。そんな職業にスポットを当て、地味だと思われていた仕事の重要性を丁寧に描きつつ、エンターテインメントとしてしっかりと面白く仕上げている脚本はお見事。自分がやりたい仕事ではない部署に配属されたのに、腐ることなく真剣に仕事に向き合う主人公の姿も「自分も見習わなきゃ」と大きく心を動かされました。どんな仕事でも本気でやれば楽しくなる。このドラマを観ていると、そんな風に思えてきます。

弁護士・検事たちが主人公の法廷バトルドラマも今ではすっかりポピュラーなジャンルに。1番知名度の高い弁護士・検事ドラマといえば木村拓哉さんの『HERO』ですが、個人的に1番面白かったのは『リーガル・ハイ』です。堺雅人さん&新垣結衣さんのここまで振り切ったコメディエンヌの姿が見られるのは、もはやこのドラマだけなのでは。さまざまな作品のパロディやオマージュが満載で、そのあまりに攻めた描写やセリフに観ているこっちがヒヤヒヤするほど。しかし、全体的にコメディタッチなので正直なんでもアリな雰囲気もあり、弁護士・検事ドラマのお堅いイメージを見事に覆しています。

会見の終盤で5人はそれぞれの家でも話し合いが行われたことを振り返り、櫻井は「嵐がウチにくると緊張するんですよ。なんの飲み物を出せばいいのかとか……」とユーモアを交えつつ、「その時期を経て、絆は過去最大に太くなってると思います」と力強く語った。そして最後にメンバーは1人ひとり挨拶をすることに。最初に相葉が「僕はこの4人に出会えたことに本当に感謝して。ファンの皆さんにはいろんな景色を見せていただきました。ありがとうございました。あとの2年間は全力で楽しんでいただけるようがんばりますので、最後まで嵐をよろしくお願いします」と語り、松本は「今、直接言葉で伝えさせていただいたことがファンの皆さんにきちんと届いたらいいなと思います。いろんなことを話し合った末に決断しました。その中で一番強く思うのは、5人が嵐を好きだということ。その思いを持って活動していきます」とコメント。大野は「たくさんの方を驚かせて申し訳ない気持ちです。本当に何度も何度も5人で話し合った結果です。残りの約2年、嵐でできること、僕個人でもできることを考えながら、残り2年を嵐として走り抜けたいと思います」と述べ、櫻井は「嵐はこの5人じゃないと嵐ではない、でも、この5人では嵐は作れないと思っています。これから2年、駆け抜けていきます。同じ夢、同じ景色を見て一緒に走っていけたらなと思います」と語る。そして、二宮が「今までと変わらずこの20年間やってきたことが嘘にならないように。嵐らしく、5人で皆さんと思い出を作っていけたらと思っております。リーダーが発端でこういう結論になりましたが、しっかりきっちり休めるよう、全力で1つひとつの仕事に向き合って自分たちらしい形を残していきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします」と述べ、1時間20分におよんだ会見は終了した。

「とにかくおすすめのドラマタイトルを知りたい!」という人のために、ジャンル別で面白いドラマを一覧にまとめました。また、普段は日本のドラマしか観ないという人にとってチャレンジしやすい海外ドラマ情報も。これを見て、ドラマ選びの参考にしてくださいね!

貧乏女子高生とスーパーお金持ちのお坊ちゃんが繰り広げるドタバタ学園ラブストーリーは、まさに老若男女楽しめる内容です。ストーリーは原作のままではないため、漫画派だった人も新鮮な気持ちでドラマに入り込むことができます。でも、原作での名シーンや外せないエピソードはきっちりとドラマの方にも盛り込まれているので、原作へのリスペクトも忘れていません。花男の面白さを堪能したい人は『花より男子2(リターンズ)』、映画『花より男子F(ファイナル)』もお見逃しなく!

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*