2021年令和3年 松本潤 彼女 女優

2021年令和3年 松本潤 彼女 女優

2月15日発売の芸能雑誌「EX大衆」(双葉社)では、芸能界の“共演NGリスト”を公開。その中で、女優の石原さとみと北川景子がリストアップされていることについて、ネット上では「ふたりの立場になれば、確かに共演はしたくないかも」などと話題を呼んでいる。

元SMAPの中居正広さんと女優の本田翼さんが極秘交際していると覚醒ナックルズが報じている。変わり者同士の恋の行方はいかに?

キャンパスライフでの理想の恋と青春がすべてこのドラマに詰まっている…!ミスチルの主題歌「Sign」のイントロが流れるだけで、"オレンジの会"のメンバーの顔が思い浮かぶほど大好きなドラマです。リアルタイムに放送していたときに自分が大学生だったこともあり、周りの同級生も全員このドラマを夢中で観ていたような。当時は気がつかなかったけど、大学時代の思い出は人生でもかけがえのないものだったんだと、このドラマを観るたびに痛感します。作中ではいわゆる"リア充"な大学生たちの様子が楽し気に描かれていますが、そんな明るい学生生活とは裏腹にヒロインは聴覚障害のヴァイオリニスト。手話を使って主人公・櫂くんや仲間たちと交流していくのですが、ヒロインが抱える心の闇も見え隠れし、そこもまた切なくて…。気が強く、すぐに暴走してしまうひねくれ者の彼女を、まっすぐな想いで包み込む妻夫木聡さん演じる櫂くんは【The・理想の彼氏】でした!海での告白シーンは、永遠に語り継がれる名シーンです。

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

ソロ活動の再開だけでなく、嵐の再始動の時期についてもファンの関心が寄せられているが、ライブの演出を手掛ける松本が俳優業で忙しくなることに加え、『どうする家康』の放送翌年の24年は嵐の結成25周年に当たる。

くだらないことで笑って、日常の疲れを吹き飛ばしてくれるのが福田雄一さんの脚本!福田さんのドラマで何度大笑いしたことか…(笑)というか、演じている俳優・女優さんもドラマ内で笑っているんですよ…。これ、NGじゃないんだ!と最初は衝撃でしたが、演者さんが笑っていることで、こちらも"つられ笑い"してしまうという。コメディの奇才と呼ばれる、シュールなギャグや小ネタをご堪能ください。

放送開始まで2年近くを残していることもあり、公式に発表された情報は松本が家康を演じるということだけ。人物像や描かれる時期なども不明だが、ドラマ評論家の成馬零一さんはこう予測する。

ここ数年、深夜でも良作ドラマが数多く生み出されています。この深夜ドラマ枠が注目されはじめたきっかけは、やはりテレビ東京で放送された『モテキ』の存在は大きいでしょう。金なし・夢なし・彼女なしで完全に卑屈の塊になっている主人公の思考がリアルすぎて…。森山未來さんのウジウジした演技も上手すぎて、実在しない人物なのにこちらが説教したくなりました(笑)社会現象になるほど大ヒットした『おっさんずラブ』も実は深夜枠で放送されたドラマ。ピュアな男たちが鈍感な主人公を巡って、男同士のラブバトルを繰り広げるのですが、こんな内容が10年前には許されたのでしょうか…。時代の変化を感じます。

太鼓橋でドラマの撮影をする嵐・櫻井翔と女優・広瀬すずを目撃したとの情報がネット上で話題になっています。

Sexy Zone・菊池風磨が吉岡里帆にフラれた過去を告白!?「彼女をテレビで見るたびに思い出す」

嵐・松本潤主演のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の映画化が決定。『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(仮)』として、今冬の公開が予定されている。またそのヒロインを巡って早くもヒートアップしています。

暗くて地味で冴えない女子高生を同じクラスメイトの修二と彰がプロデュースし、学校の人気者へと押し上げる青春シンデレラストーリー。このドラマといえば世間では主題歌の「青春アミーゴ」のイメージが強いのでは。大ヒットした曲も良いですが、そちらに負けず劣らずドラマのストーリーも良作でした。冴えない少女ではなく、彼女を変えようと奮闘する男子高校生が主人公なのもまた良かったです。男子目線での10代の悩みや葛藤を交えながら、他人のために一生懸命であり続けるひたむきさを描き、観ているこちらの心も若返った気分です。亀梨和也さんの修二、山下智久さんの彰は本当にハマり役で、当時は彰の口癖を真似する男子もチラホラいたほどです。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

1月19日、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で、松本潤(37才)が主役の徳川家康を演じることが発表された。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*