2021年令和3年 松本潤 母 名前

2021年令和3年 松本潤 母 名前

こちらも出版社で働く女性が主人公ですが、『重版出来』や『地味に凄い!校閲ガール・河野悦子』が明るい"陽"の雰囲気のドラマならば、こちらは"陰"のドラマなのではないでしょうか。社会に蔓延るさまざまな真実を暴く週刊記者が、母親の死をきっかけに自分の出生のヒミツを知ることとなり、そこから少しずつ人生が変わっていく物語。自分の過去の真相を探りながらも、週刊誌の記者として世の中の不正・不倫・悪事をすっぱ抜いていくのですが…。他人が隠している真実をばらし続けた記者が、自分のヒミツを暴かれたときにどう生きていくのか。週刊誌の世の中の立ち位置について、深く考えさせられる作品でした。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

吉高由里子さんの『正義のセ』や松本潤さんの『99.9% -刑事専門弁護士-』など、事件の真実に迫る小気味良いストーリーも王道で、どれも初回からずっと楽しく観ることができます。『離婚弁護士』はどちらかというと人間ドラマの毛色が強いですが、さすが天海祐希さん。凛とした強い女性が活躍する姿は観ていて爽快でした。

国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし――三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する、乱世に飛び込んだ。待っていたのは死ぬか生きるか大ピンチ!計算違いの連続!ガマンの限界!

特に『カルテット』を観たときは、色々な感情が入り混じりました。登場人物たちの恋・友情・ヒミツ・仲間・嘘が入り乱れながらもサスペンス要素も織り交ぜられ、静かに、ゆるやかに、"まさか"という具合に、暗転していくストーリーは本当に予想外。良い意味で期待通りのものは観せてくれません。そして、このドラマで人間は滑稽だけど愛おしいものなんだとつくづく思い知らされます。『最高の離婚』は"離婚"というシビアな内容を扱っているのに、それをまったく悲観的にとらずにコミカルに表現しているところが新鮮でとても面白かったです。『義母と娘のブルース』と『過保護のカホコ』は家族をテーマにしていることもあり、観ているだけで心が洗われます。バカリズムさん脚本の『素敵な選TAXI』は、過去に戻るというファンタジーな設定ながら構成力が見事なので、ゆるくドラマ鑑賞をしたいときにぴったりです。

『ウォーキングデッド』はゾンビものということで、最初は苦手かも…と思ったんですが、観れば観るほど面白さが増していき、泣いたり震えたり、もう感情が大忙しでした。そして、人気の海外ドラマの話題になると必ず名前が挙がる『プリズンブレイク』。脱獄ものですが、評判を裏切ることなく臨場感も役者さんの演技もストーリーもピカイチで、第1話目から続きが気になって仕方がありません。コメディっぽさがありながらも恋愛と友情を絡めた『フレンズ』、男女のドロドロ合戦が繰り広げられるのに目が離せない『ゴシップガール』は、結局誰と誰がくっつくのか…!複雑な人間模様から目が離せません。

山梨県在住、30代の2児の母。テレビはドラマ・アニメ・バラエティを中心に観ることが多い。ドラマなら恋愛・仕事・サスペンス、アニメならラブコメ・青春・SFが好みだが、総じて“泣ける系”のジャンルにも弱い。漫画は専ら少女漫画ばかりで、矢沢あいの『天使なんかじゃない』は自分史上最高の作品である。最近では咲坂伊緒の漫画が大好き。気になる映像化作品をチェックする時は、映画を観てから小説(漫画)を読む派。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*