2021年令和3年 松本潤 母 青森

2021年令和3年 松本潤 母 青森

国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし――三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する、乱世に飛び込んだ。待っていたのは死ぬか生きるか大ピンチ!計算違いの連続!ガマンの限界!

いとみち、という映画で僕のやりたいことはこの3つです。役者として横浜監督に恋をすること、父親として駒井さんに恋をすること、旅人として青森に恋をすること。きっと素敵な映画になる気がします。

【舞台を青森にした理由】ひょんなことから泣き虫メイドの物語を思いついたはいいが、舞台が秋葉原では無難すぎる。ならば、北か。と思案しつつ地図を北へ北へとたどり、ピンとくる土地を見つけられぬままやがて指が陸奥湾にぶつかる。津軽弁のメイド――。行けそうだ。となった次第です。

原作を読んだ時は、越谷さんの描く主人公・相馬いとの心の機微がユーモアを交え描かれていて、大いに笑わせてもらったと同時に、かつて青森で生きていた十代の頃の自分をいとに重ね合わせずにはいられなかった。私の知っている青森やまだ知らなかった青森と、改めて出会えた感覚があった。主人公のいと、という人間をまず魅力的に描きたい。青森にぽこっと現れたメイドカフェという非日常的な場所で成長してゆくいとが、身近な存在である「家族」と新たな関係を築きあげていく過程を丁寧に描きたい。今年は新型コロナの影響で、生活にも甚大な影響があったと思うが、目下みんな元気だろうかと青森の人々の顔が頭に浮かぶ毎日。青森が舞台のこの映画を観てもらうことでほんの一瞬でも皆さんの日常が彩られればと願う。今回で、青森で映画を撮るのは4回目。毎回皆さんの沢山のご協力に支えられており、人々の優しさに改めて気付く。作品でなんとか恩返ししたい。

【映画化にあたって】埼玉から青森まで通いながら書いた小説が、青森で生まれ育った横浜監督と駒井蓮さんの手にかかるとどんな映画になるのか、県外人として固唾を呑んで見守っております。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*