2021年令和3年 道明寺 松本潤 名言

2021年令和3年 道明寺 松本潤 名言

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年滝田栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。ある打合せの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがもの凄く面白く、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話しでした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。家康を誰にお願いするかと話していた時も、古沢さんは「松本潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。令和版新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいて下さい。

つくし(井上真央)は、椿(松嶋菜々子)の発案で、女子高生日本一を選ぶコンテスト「ティーン・オブ・ジャパン」に出場。場違いなつくしだが、F4や椿の特訓の成果もあり、何とか勝ち進む。だが、楓(加賀まりこ)に送り込まれた道明寺(松本潤)の婚約者候補・あや乃が、つくしの前に立ちはだかる。そんな中、道明寺は楓にある決断を迫られる。

ただ、やはり前作を超えられない点としては「主人公の優柔不断さ」が顕著に出てしまっている点でしょう。「結局あなたはどっちが好きなの?!」というのは、最終回の後半ギリギリまでわからず、私も観ていてヤキモキ…。まぁそれが逆にリアリティがあり「あんな風に素敵な男子たちに想われたら揺れ動くのは当然…!」との声も多かったようですが…。私は天馬くんの気持ちを想うと胸が痛かった…!そして、このドラマでやっぱり1番熱狂したのは、前作の道明寺司&花沢類の登場でしょう。もうこれだけで観て良かった…!"花男"ファンは必見です。

二枚目キャラをうまく活かし、ドラマで代表作をつくったジャニーズといえば、木村拓哉、山下智久(退所……)、そして松本 潤でしょう。それぞれラブストーリーの王道である月9での主演作でしっかりヒットを飛ばしています。

続いて、ヒロイン牧野つくしの城妃美伶が登場。友人を庇い「F4」の標的になった日々の中で、密かに花沢類に寄せる想いを豊かな歌唱力で歌い上げる。ステージの別の次元には、その花沢の聖乃が、作品では華雅りりかが演じることが決まっている、幼馴染で初恋の人・藤堂静への胸の内を切々と歌う。さらに道明寺の柚香が、自分自身でさえとまどうようなつくしを求める心を歌い、互いに思われる人とは別の誰かを思っている、それぞれの大切な人への歌「フラワーズ恋の花」が歌われ、すれ違うからこそ切ない、青春の只中の恋模様の切なさが、会場全体に広がった。

嵐にとっても「花より男子」がブレイクの要因であることは間違いなく、その威力は絶大です。松潤はその後「花のち晴れ~花男 Next Season~」(19年・TBS系列)でも道明寺役で出演していました。そこに花男シリーズへの愛を感じます。

道明寺といえばやっぱりセリフの良さ。「楽しい時も、苦しい時も、一緒の運命共同体だ」「嘘つけ、お前俺に惚れてんだろ?」「この俺が認めた女なんだから最強に決まってるだろ」。男らしさを感じる不器用で真っすぐなクサいセリフを、ストレートにそのまま言える人というのはなかなかいません。それが通用するのは、王道の二枚目キャラだけ。少女漫画から飛び出してきた男・松潤だから許されたのです。

柚香 花組の柚香光でございます。皆様本日はお忙しい中いらしてくださり本当にありがとうございます。もし「あなたが初めて出会った少女漫画はなんですか?」「あなたにとっての少女漫画の原点はなんですか?」という質問をいただいたとしたら、私は「神尾葉子先生の『花より男子』です」とお答えするだろうと思います。それくらい私にとって『花より男子』は自分の少女時代に…あ、このような恰好をして少女時代というのもですが(爆笑)、自分の幼い頃の思い出、自分にとって大切な想いが詰まっている大好きな漫画でしたので、その作品の道明寺司をさせていただくということを、本当に心から光栄に思い、心をこめて誠実に取り組んでいきたいと思っております。皆様ご存知と思いますが、道明寺司は世界的な大財閥の跡取り息子、圧倒的な経済力と権力、更に彼の持つ未熟さや幼さ、本人が自覚していない心の中の満たされぬ想いから、権力を使って半ば暴力もふるい、言葉も使ってあらゆる人を苦しめています。その中で牧野つくしという、自分が求めていた、自分の肩書ではなくただ自分を見つめている、本当に欲っしている言葉をかけてくれる少女に出会うことで、彼自身がどのように成長し、何を感じ、どう人と向き合うことを覚えていくかを、司の持つ愛嬌やカリスマ性だけではなく、彼の内部をきちんと丁寧に、大切に演じていくことができたらと思っております。お稽古がはじまって1週間弱なのですが、野口先生の描かれる『花より男子』の世界は、とても魅力的で。漫画はもちろんTBSのドラマの大ファンでもある私にとって、その作品を舞台化するというプレッシャー、本当に皆様に愛していただけるような舞台ができるのか?という想いもあるのですが、野口先生が神尾先生の創られた漫画世界を大事に大事に舞台に構成してくださったことが伝わるものになっております。そんな先生の導く道にきちんとついていって、『花より男子』を大切にしていらっしゃる方、宝塚をとても愛してくださっている方、初めてご覧になる方、皆様に愛していただけるような舞台創りがきっとできると思いますので、カンパニー皆で、共演者一同力を合わせて頑張って参りたいです。そして宝塚版の『花より男子』ということで、歌い踊るF4、牧野つくし、本当に魅力的なナンバーがたくさんあふれる作品になると思いますから、宝塚版ならではの『花より男子』を楽しみにしていただけたらと思います。

人気の秘密は、医療現場でのドタバタ劇がかすんでしまうほど、多くの女性たちの心を鷲掴みにしたのはベタベタ・甘々なラブストーリー部分でしょう。正直、私も4話くらいまでは「いくらなんでも少女漫画的な展開すぎでしょ…」なんて思っていましたが、佐藤健さん演じる天堂先生の名言「これは治療だ」を言われた瞬間にノックアウト…!な、なんというイケメン…!それからというもの、逆に「少女漫画的な展開、最高!」と欲しがるようになったのは言うまでもありません(笑)天堂先生がヒロインの七瀬にどんなことをしてくれるのか、毎回ワクワクしながら観ることができました。これを観れば、間違いなく佐藤健さんのファンになってしまう…。男性にしてもらいたいキュンキュンする仕草・セリフを詰め込んだ純愛ドラマの真骨頂です。

偏差値36の高校の落ちこぼれの生徒たちが東大合格を目指すという漫画らしい設定であるものの、無謀な挑戦から這い上がる過程での説得力の強さは随一。私にとって、過去の受験ドラマの中でも1番ストーリーが腑に落ちるドラマでした。いまの時代、コンプライアンスに引っかからないのか…と心配になる名言「バカとブスほど東大に行け!」という言葉は、忘れたくても忘れられません…(笑)また、15年以上前のドラマということで、新垣結衣さんの貴重なギャルの姿を見ることができます。全然いまと雰囲気違う…!

そしてなにより挙げなくてはいけないのが「花より男子」シリーズ(05年/07年・TBS系列)の道明寺役です。F4(作品内のイケメン4人組Flower4のこと)のリーダー格で世界に名だたる道明寺財閥の御曹司。喧嘩っぱやい「俺様」キャラで、最初は性格の悪い金持ち感全開のキャラクターでした。F4に逆らい続けるつくし(井上真央)を好きになることで、真面目で誠実な性格が垣間見えるようになり、そのギャップに多くの人が熱狂しました。

多くの熱い言葉が集まった為に、残念ながら会見はここで終了となったが、続いたフォトセッションでも通常のパターンの撮影だけでなく、白いソファが持ちこまれて、完全にキャラクターに成りきっての撮影パターンもあり、今、目の前でニコニコと笑っていた柚香光が、瞬時にして道明寺司にスイッチした鮮やかさは圧巻。牧野つくしの城妃美伶とは、すでに役で会話をしているかのような雰囲気で、他のメンバーも麗しく、宝塚版『花より男子』への期待が高まる時間となっていた。

松本くんは、誰がなんと言おうと、Mr.ストイックです(笑)。そんな松本くんのストイックさで、嵐のライブの構成やSNSへの取り組みなど、ファンのことを考えてたくさん話し合いを重ねてくれています。日付が変わるのなんて、当たり前と言うぐらいに。

まず会見は、パフォーマンス披露からスタート。道明寺司の柚香光、美作商事の後継者でマダムキラーの美作あきらの優波慧、花沢物産の跡取り息子でクールでミステリアスな花沢類の聖乃あすか、日本一の茶道家元の息子でプレイボーイの西門総二郎の希波らいと「F4」の4人が勢ぞろいする「花より男子」のナンバーが展開される。それぞれが扮装での登場で、個性豊かに役柄のキメ台詞も披露。早くも漫画原作作品ならではの、良い意味の非現実な世界観が広がっていく。

原作漫画が好きすぎて最初はドラマを観る気が起きなかったんですが、ドラマが放送されるやいなや日本中に"花男"旋風が巻き起こるほど大ヒット。周囲の人たちに全力で薦められてドラマを観ましたが…。お、面白すぎる!これぞ、漫画原作の実写化史上NO.1コンテンツではないでしょうか。漫画にはない魅力がドラマ全体を包み込み、映像作品としてのエンターテインメント性も抜群。さらにすごいのが、キャスト全員が漫画のキャラクターと比べても一切の違和感がないこと。漫画原作だと、どうしてもキャラの再現度を求めてしまうのですが、このドラマでは完全に漫画のキャラとは別の良さが光っていました。井上真央さんの牧野つくし、松本潤さんの道明寺司、小栗旬さんの花沢類は、もうこの3人以外には考えられません!

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*