2021年令和3年 玉森裕太 ライブ 衣装

2021年令和3年 玉森裕太 ライブ 衣装

亜生 (ミキ)さんコメント
上白石萌音のバーターこと、ミキの亜生です。
ついに萌音やんと一緒のドラマに出ます。萌音やんがいてくれてほんまによかったと思ってます。
慣れない現場に仲良しがいてくれるというだけで楽しみです。玉森くんとの絡みが多いと思いますので、はやく玉森くんのことを「玉ちゃん」と呼べるくらいまで仲良くなりたいです。仲良くなって家とか行きたいです。

高橋メアリージュンさんコメント
脚本を読んだ時に菜々緒さん演じる麗子の台詞がかっこよく、玉森さん演じる潤之介と上白石さん演じる奈未の胸キュンシーンなど早く映像で見たいなと思いました。
ファッション雑誌のお話なので、衣装もハイブランドだったり、とてもオシャレで心躍ります。私は (麗子の)ライバルの編集長役という事で、実際にモデル時代に見てきたことや、編集部で働く知人たちに話を聞きながら役を作っていこうと思います!

5月号でのViViモデル卒業を発表したemmaの卒業企画第2弾では、「えまなな」ことemma×小松菜奈の親友コンビが満を持して登場! 「また見たい!」と絶えず読者からリクエストが寄せられる、人気企画「えまなな」。約4年ぶりにViViで実現しました! そんな久しぶりの2人組のファッションシュートでは「ピースなふたり」をテーマに撮影を敢行。モードなスーツをパリッとキメたり、ノスタルジックな白の衣装に身を包んだり、シンプルなキャミソールを色違いでふたごコーデしたり。「なんか……大人になったね、私たち。顔つきが変わったよね。」とemmaもしみじみするほど、大人の女性に進化した「えまなな」をたっぷり収録。

プロデューサー・松本明子、編成・宮﨑真佐子コメント
ちょっとミステリアスな“萌えおじ”副社長にユースケ・サンタマリアさん、麗子の永遠のライバル編集長に高橋メアリージュンさん、そして奈未の同僚で、個性溢れる編集部メンバーに久保田紗友さん、秋山ゆずきさん、太田夢莉さん、そしてなだぎ武さん、潤之介の良き相棒でカメラマンアシスタントに亜生さん、息子が可愛くて仕方がない潤之介の母を高橋ひとみさんに演じていただきます。
オリジナルだからこそ、皆さんと一緒に一から作り上げていく魅力溢れるキャラクターたちと出会えるのが今からとても楽しみです。普通が一番! な主人公・奈未はそんな彼らと出会いどう変わっていくのか、そして、編集部メンバーとのコミカルな掛け合いにもぜひご注目ください!
このバラエティ豊かな実力派キャストの皆様と贈る、元気が出る! 胸キュン♡お仕事&ラブコメディ『ボス恋』。ぜひご覧ください!

そして、多くの作品で名バイプレイヤーぶりを発揮してきた高橋メアリージュンの出演も決定。彼女が演じる高橋麻美 (たかはし・あさみ) は、ライバル関係にある大手出版社の人気ファッション誌の敏腕編集長で、麗子の前に度々現れては対抗心を燃やす。さらに、お笑い芸人としてのみならず多くの舞台に出演し高い演技力を誇るなだぎ武がTBSドラマ初出演。副編集長の半田進 (はんだ・すすむ) として、コミカルな役どころに挑む。そのほか潤之介の母親・香織 (かおり)役を高橋ひとみが務め、常に新しい役に挑戦し続ける名女優が本作に華をそえる。

ドラマだけでなく映画やCMと多方面で活躍する注目の若手女優・久保田紗友は、編集部アシスタントで奈未の良きライバルとなる和泉遥 (いずみ・はるか) を演じる。また、ミキの亜生が、潤之介を崇拝するカメラアシスタント・尾芦一太 (おあし・いちた) 役で出演。映画「カメラを止めるな!」のヒロインを務めたことで注目を浴びた秋山ゆずきがイケイケのファッション担当編集者・和田和美 (わだ・かずみ) を、NMB48の元メンバーで現在は女優やモデルとして活躍する太田夢莉は編集部アシスタント・加賀栞 (かが・しおり) をそれぞれ演じる。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA