2021年令和3年 阿部寛ドラゴン桜

2021年令和3年 阿部寛ドラゴン桜

主人公となる元暴走族の弁護士・桜木建二を演じるのは、前作から引き続き阿部寛。前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としている。偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける――というところから物語は始まる。

低偏差値で落ちこぼれの生徒たちをたった半年で東大に合格させた弁護士・桜木建二が、前作より16年の時を経て、令和の時代に帰ってきた。主演は前作同様、阿部寛。教え子役だった長澤まさみが弁護士役を演じる。TBSにて、2021年4月25日〜放送中。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA