2021年令和3年 阿部寛 バラエティ

2021年令和3年 阿部寛 バラエティ

原作は、2018年から連載中の三田紀房の同名漫画。阿部寛主演で2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の続編。前作から15年後の龍山高校を舞台に、弁護士・桜木建二(阿部)が去った後、下降の一途をたどっていた同校の窮地を、再び桜木が救う姿を描く。同作は、受験制度改革に合わせて続編制作が決定したという。

篠原だけでなく、瑛太、阿部サダヲ、香川照之、寺島進、西島秀俊、木村多江、三浦春馬と、その後、主演俳優に登り詰めた俳優が多く、加藤雅也、志賀廣太郎、眞島秀和、濱田マリら演技派バイプレーヤーも含め、キャスティングの先見性が高かったことも「名作」と言われる理由になっている。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA