2021年令和3年 阿部寛 モデル

2021年令和3年 阿部寛 モデル

阿部寛主演で2005年7月から放送されたドラマ「ドラゴン桜」は漫画「ドラゴン桜」を原作にしたドラマで、阿部寛演じる元暴走族の貧乏弁護士・桜木建二が平均偏差値36の高校生を東京大学に現役合格させるまでを描き、社会的に影響を与えました。

しかし、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、放送は延期。新たな放送予定は2021年4月です。阿部寛は前作に引き続き桜木建二を演じ、かつての教え子・水野直美役の長澤まさみが、桜木の法律事務所でともに奮闘する弁護士になった設定で登場します。

阿部寛には公式サイトが存在しますが、他の人気タレントとは趣の異なる味わい深いサイト構成となっています。「阿部寛のホームページ」のタイトルで公開されている彼の公式サイトは、昭和を思わせる雰囲気満点。一流俳優の公式サイトとは思えない素朴な構成になっているのは、元々このホームページは阿部寛のファンが手作りしたファンサイトであったためです。

阿部寛さんと松坂桃李さんの年齢や星座などプロフィールを比較。

ホームページによると、阿部寛が出演している作品の近日公開作としては2021年5月公開予定の「HOKUSAI」や同年秋公開予定の「護られなかった者たちへ」、そして2022年には「とんび」の公開が予定されています。

新型コロナウイルス流行によって、大学進学率の低下など、厳しい状況となっている現在。ポジティブな変化をもたらした前作に引き続き、「ドラゴン桜2」がどんな社的現象を引き起こすのか、阿部寛の演技とともに楽しみにしていきましょう。

阿部寛主演で話題を呼んだ「ドラゴン桜」ですが、2020年秋にドラマ「ドラゴン桜2」が放送予定でした。気になるストーリーは、桜木が去った後に下降の一途を辿った龍山高校の窮地を救うべく、再びオファーを受けて動き出すという内容です。

その理由について、各学校の担当者はドラマ「ドラゴン桜」について言及しており、各予備校はドラマの影響があるのではと分析していました。阿部寛の熱血の演技が、テレビ画面を通して当時の受験生たちに大きな影響を与えたようです。

実際に「シリアスな役からコミカルな役までこなせる所が好き」というコメントもアンケートに寄せられていました。「下町ロケット」のスペシャル版は2019年1月に放送されており、これを観て改めて阿部寛の良さを感じた視聴者も多かったようです。

阿部寛がここまで成功した理由としては、整った見た目にかかわらず、気さくで親しみやすい3枚目キャラだけでなく、2015年10月から放送のドラマ「下町ロケット」における社長キャラなど幅広い役を演じられるところにあるのでしょう。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA