2021年令和3年 阿部寛 上田

2021年令和3年 阿部寛 上田

ホームページによると、阿部寛が出演している作品の近日公開作としては2021年5月公開予定の「HOKUSAI」や同年秋公開予定の「護られなかった者たちへ」、そして2022年には「とんび」の公開が予定されています。

直木賞を受賞した池井戸潤の同名小説が原作。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平(阿部寛)が、父の遺した下町工場を継ぎ、社員たちと共に奮闘する姿を描く。

阿部寛は、2000年放送のドラマ『TRICK』(テレビ朝日)に出演。仲間由紀恵と共に主演を務めた。

阿部寛主演で話題を呼んだ「ドラゴン桜」ですが、2020年秋にドラマ「ドラゴン桜2」が放送予定でした。気になるストーリーは、桜木が去った後に下降の一途を辿った龍山高校の窮地を救うべく、再びオファーを受けて動き出すという内容です。

阿部寛には公式サイトが存在しますが、他の人気タレントとは趣の異なる味わい深いサイト構成となっています。「阿部寛のホームページ」のタイトルで公開されている彼の公式サイトは、昭和を思わせる雰囲気満点。一流俳優の公式サイトとは思えない素朴な構成になっているのは、元々このホームページは阿部寛のファンが手作りしたファンサイトであったためです。

その理由について、各学校の担当者はドラマ「ドラゴン桜」について言及しており、各予備校はドラマの影響があるのではと分析していました。阿部寛の熱血の演技が、テレビ画面を通して当時の受験生たちに大きな影響を与えたようです。

阿部寛主演で2005年7月から放送されたドラマ「ドラゴン桜」は漫画「ドラゴン桜」を原作にしたドラマで、阿部寛演じる元暴走族の貧乏弁護士・桜木建二が平均偏差値36の高校生を東京大学に現役合格させるまでを描き、社会的に影響を与えました。

阿部寛自ら代表作という「結婚できない男」の続編が2019年に放送され、前作のファンは大喜び。第1シリーズから13年を経た第2シリーズでも桑野信介は相変わらずの偏屈ぶりで「まだ結婚できない男」として登場。時折憎めない魅力も垣間見せながら、不器用に幸せを求める姿が描かれました。

司馬遼太郎の同名小説が原作。明治時代を背景に、旧伊予松山出身で、日露戦争において大きな役割を担った秋山好古(阿部寛)と真之(本木雅弘)兄弟と、真之の親友の俳人正岡子規(香川照之)の3人が共にする苦悩と成長、希望を壮大に描く。

しかし、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、放送は延期。新たな放送予定は2021年4月です。阿部寛は前作に引き続き桜木建二を演じ、かつての教え子・水野直美役の長澤まさみが、桜木の法律事務所でともに奮闘する弁護士になった設定で登場します。

新型コロナウイルス流行によって、大学進学率の低下など、厳しい状況となっている現在。ポジティブな変化をもたらした前作に引き続き、「ドラゴン桜2」がどんな社的現象を引き起こすのか、阿部寛の演技とともに楽しみにしていきましょう。

桜木の「バカとブスこそ東大に行け!」との名セリフに衝撃を受けた方も多いはず。原作ファンからは阿部寛さんの桜木役に納得の声が多く上がり、今では実現が難しそうな豪華キャスティングにも注目!

阿部寛の最新情報を見るためにタレント辞書の公式ツイッターをフォローしてチェックしよう!

2013年にウクライナで制作された世界的大ヒットドラマを日本でリメイク。人並み外れた嗅覚を持つ華岡信一郎(阿部寛)・別名”スニッファー”が、現場に残されたわずかな匂いから犯人像をあぶりだす。

三田紀房の同名漫画が原作。元暴走族の貧乏弁護士・桜木建二(阿部寛)が、将来に夢も希望も持てない平均偏差値36の高校生を東京大学に現役合格させるまでの奮闘と、生徒たちの成長を描く。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA