2021年令和3年 阿部寛 出身

2021年令和3年 阿部寛 出身

阿部寛さんは神奈川県横浜市出身の俳優です。

実際に「シリアスな役からコミカルな役までこなせる所が好き」というコメントもアンケートに寄せられていました。「下町ロケット」のスペシャル版は2019年1月に放送されており、これを観て改めて阿部寛の良さを感じた視聴者も多かったようです。

こんな家族団らんのドラマに出ていたかと思えば、「結婚できない男」のように、ひねくれもので、偏屈でこだわりが強く結婚できない役を演じたり、阿部寛という役者はどんな役もこなせて、役にはまりきれる人だと思って、このドラマも最後まで見させていただきました。このドラマは阿部寛さんの演技力がよく分かるドラマで、偏屈で嫌われ者で絶対結婚できないと思わせつつも、徐々に魅力的に見えてきます。

小林聡美さんと阿部寛さんの年齢や星座などプロフィールを比較。

すごく難しい役柄だったと思いますし、なかなかこんな人は居ないので役作りも大変だったと思いますが、見事な演技をされていて、最後は阿部寛演じる、結婚できない男の虜になっていました。とても素晴らしいドラマだと思います。

キャスト:木場勝己(きば・かつみ)…1949年12月30日生まれ。 東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。TBS日曜劇場には『天国と地獄〜サイコな2人〜』に続く2季連続出演。『3年B組金八先生』シリーズでは校長役を演じた。

キャスト:髙橋海人(たかはし・かいと)…1999年4月3日生まれ。神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。大人気グループKing & Princeの最年少メンバー。『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ)以来、約4ヶ月ぶりの連ドラ出演。日曜劇場やTBSの連ドラは初出演。

阿部寛は、若い頃一時的にあまり活躍できていない時期があったものの、結果的には巻き返しに成功し、今ではモデル出身俳優の成功例の1人といえます。2020年8月に行われたアンケート「300人に聞いた!好きなモデル出身の俳優女優ランキングベスト13」では、なんと若手俳優に負けず、阿部寛が堂々の1位に輝いています。

愛妻との間に2011年6月に長女、2012年11月に次女が生まれ、桑野信介よりも一足先に幸せをつかんだ阿部寛。40代半ばを過ぎて生まれた娘たちを可愛がり、娘達の誕生日には仕事を入れないほどのイクメンぶりを発揮しているといいます。結婚が遅かったからこそ、妻や娘がそばにいる幸せを痛感しているのかもしれません。

桜木健二(阿部寛)が水野直美(長澤まさみ)や矢島勇介(山下智久)らを指導して東大合格者を出したときから、16年後を描く続編。

阿部寛には公式サイトが存在しますが、他の人気タレントとは趣の異なる味わい深いサイト構成となっています。「阿部寛のホームページ」のタイトルで公開されている彼の公式サイトは、昭和を思わせる雰囲気満点。一流俳優の公式サイトとは思えない素朴な構成になっているのは、元々このホームページは阿部寛のファンが手作りしたファンサイトであったためです。

キャスト:山崎銀之丞(やまざき・ぎんのじょう)…福岡県出身。レプロエンタテインメント所属。舞台俳優として活躍。大ヒットドラマ『半沢直樹』(2020)にも出演。半沢が担当するスパイラルを騙そうとする太洋証券・広重役を演じた。TBSの『3年B組金八先生』では第5シリーズから理科教師役を演じたが、今作では学園の校長を演じる。

ホームページによると、阿部寛が出演している作品の近日公開作としては2021年5月公開予定の「HOKUSAI」や同年秋公開予定の「護られなかった者たちへ」、そして2022年には「とんび」の公開が予定されています。

阿部寛は「結婚しない男」があまりに当たり役になってしまい、40歳を過ぎても結婚の噂すら出ず独身だったので、世間から「このまま結婚しないのでは?」と思われていた矢先、2008年2月に43歳で15歳年下の一般女性と結婚しました。

ドラマ役中では、ミシンで子供のバックを作ったり、慣れないながらも一生懸命家事、育児をする阿部寛さんの演技にどんどん引き込まれていきました。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA