2021年令和3年 阿部寛 大橋のぞみ

2021年令和3年 阿部寛 大橋のぞみ

春男(阿部寛)は請け負った殺人の報酬金を、パン職人・村上(遠藤憲一)が真理子(紺野まひる)から奪ったという疑いを捨てずにいた。春男は真実を語らせようと村上に嫌がらせを始める。一方、さち(大橋のぞみ)は公園で春男に持っていたパンを与える。翌日も届けようと店からパンを盗もうとするが、村上に見つかる。

普通の二枚目の役どころが多かった阿部寛さんにとって、この作品との出会いはまさに運命!騙されやすい物理学教授という三枚目の役どころがどハマりし、ブレイクするきっかけに。謎解きと主演二人のバディが最高で、放送から19年が経った今でも根強い人気!

そして遠藤憲一と元恋人の間には娘さんがいて、それが人気絶頂だった大橋のぞみちゃん(9歳)という設定。「崖の上のポニョ」を歌った子ね。

独自の視察力と考察力で事件を解決する加賀恭一郎役を好演した、阿部寛さんの演技力の高さが光る作品で、住民たちとの人間模様も繊細に描き、シリアスとコミカルなシーンのバランスが秀逸。

春男(阿部寛)はさち(大橋のぞみ)がパン職人・村上(遠藤憲一)と亡き恋人・真理子(紺野まひる)の間にできた子と分かり、沈痛な日々を過ごす。ある日、真理子の墓参りをした春男は、名前が旧姓のまま刻まれているのを不審に思う。また、墓地で真理子の妹・佳奈子(白石美帆)と会い、真理子らは結婚していないと知る。

刑務所帰りという経歴が災いし、春男(阿部寛)はなかなか仕事が見つからない。そんな中、さち(大橋のぞみ)の育ての親・村上(遠藤憲一)の店で従業員を募集していることを知る。村上は、面接に現れた春男に驚くが、春男が付け入るすきがないくらいの、さちとの立派な親子関係を見せつけようと採用を決める。

高校中退、大検を経て司法試験をクリアした型破りで正義感の強い検事・久利生公平(木村拓哉)が、雨宮(松たか子)や芝山検事(阿部寛)ら仲間たちと協力し合いながら、事件の真相を追う。

直木賞を受賞した池井戸潤の同名小説が原作。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平(阿部寛)が、父の遺した下町工場を継ぎ、社員たちと共に奮闘する姿を描く。

桜木の「バカとブスこそ東大に行け!」との名セリフに衝撃を受けた方も多いはず。原作ファンからは阿部寛さんの桜木役に納得の声が多く上がり、今では実現が難しそうな豪華キャスティングにも注目!

春男(阿部寛)は生後間もないさち(大橋のぞみ)の写真を入手。その日付と自分が逮捕された日から逆算し、さちはパン職人・村上(遠藤憲一)の子ではなく、自分と真理子(紺野まひる)との間にできた子と確信する。春男は、うそをついていた村上を責めるが、さちを立派に育てられるのかと聞かれ、言葉に詰まる。

念願のマイホームを手に入れたもののリストラされたCMディレクター・山村和之(阿部寛)が、男が家事や子供の教育をする”主夫”としての奮闘を描くホームコメディー。

佃航平の情深くて熱意溢れる役柄が阿部寛さんにぴったりで、何度挫けても諦めずに果敢にチャレンジする姿に胸が熱くなりました。平均視聴率は18.5%、最終話では22.3%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)し、2015年の民放連続ドラマの1位を達成!ドラマは第2シーズンまで放送。

ドラマ「結婚できない男」の続編の放送が決定した、俳優の阿部寛さん。
カリスマモデルとして活躍した後、俳優に転身し、2000年の「TRICK」や2001年の「HERO」で大ブレイク!その後は「新参者」や「下町ロケット」など数々の作品で主演を務め、長年に渡り、実力派俳優として活躍しています。

三田紀房の同名漫画が原作。元暴走族の貧乏弁護士・桜木建二(阿部寛)が、将来に夢も希望も持てない平均偏差値36の高校生を東京大学に現役合格させるまでの奮闘と、生徒たちの成長を描く。

2013年にウクライナで制作された世界的大ヒットドラマを日本でリメイク。人並み外れた嗅覚を持つ華岡信一郎(阿部寛)・別名”スニッファー”が、現場に残されたわずかな匂いから犯人像をあぶりだす。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA