2021年令和3年 阿部寛 祈りの幕が下りる時

2021年令和3年 阿部寛 祈りの幕が下りる時

2010年に放送された連続ドラマ『新参者』(TBS系)は警視庁捜査一課の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)が日本橋の人形町で起きた殺人事件を捜査する物語である。

阿部寛が加賀を演じるこのシリーズは『新参者』以降、『赤い指』、『眠りの森』というスペシャルドラマ。そして2012年の映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』、そして今年の1月に劇場公開され、今回ソフト化された映画『祈りの幕が下りる時』の5本の作品がある。

この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。 事件のカギは俺なのか・・・? 東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。 被害者は滋賀県在住の押谷道子。 殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。 やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。 しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。 松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。 その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。 それは失踪した加賀の母に繋がっていた――。加賀恭一郎“最大の謎”がついに明らかに。

なお、本日27日放送の『オールスター感謝祭’21春』に、本作から主演・阿部寛、高橋海人(King & Prince)、平手友梨奈、山崎銀之丞が参戦する。

■脚本・オークラ氏コメント
『ドラゴン桜』は、阿部寛さん演じる桜木建二の言葉が真髄の物語で、脚本を書いていても、桜木のセリフに鼓舞され「頑張ろう」「もっと勉強しよう」と体の芯が熱くなるような気がします。辛辣で時にユーモラスな桜木と、それに振り回される長澤まさみさん演じる水野直美のコミカルな掛け合いも見どころのひとつだと思います。日曜劇場という新たなステージでどんな『ドラゴン桜』が生まれるのか? 僕も楽しみです。

阿部寛主演のTBS系日曜ドラマ『ドラゴン桜』(毎週日曜21:00~)の初回放送日が4月25日に決定した。初回は25分拡大スペシャルとなる。

東野圭吾原作×阿部寛主演の「新参者」シリーズ完結編!2010年4月に連続ドラマとしてスタートした「新参者」シリーズは、阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎が、殺人事件の真犯人を探すというミステリー要素と、事件の裏に隠された人の心の謎を解くというヒューマンドラマ要素が融合し、これまでにない“泣けるミステリー”として大きな話題となった。完結編となる本作は、ひとつの絞殺事件が引き金となり、加賀恭一郎の“最大の謎”が明らかになる。事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を演じるのは松嶋菜々子。また、溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー陣も登場する。そして、ドラマ「半沢直樹」や映画「私は貝になりたい」などを手掛けた福澤克雄がメガホンを取り、重厚かつ緻密な演出で加賀恭一郎の新たな一面に光を当てる。完結編にして、シリーズ最高の“泣ける”感動巨編をお楽しみに。
【映画ストーリー】
東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

完結編にして、シリーズ最高の“泣ける”感動巨編が誕生する!! 2010年4月に連続ドラマとしてスタートした東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというミステリー要素と、事件の裏に隠された人の心の謎を解くというヒューマンドラマ要素がこれまでにない“泣けるミステリー”として大きな話題に。2本のスペシャルドラマ「赤い指」「眠りの森」、そして映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』を経て、遂にシリーズ完結作『祈りの幕が下りる時』が映画化される。事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を演じるのは松嶋菜々子。そして監督は「半沢直樹」、『私は貝になりたい』を手掛けた福澤克雄。重厚かつ緻密な演出でシリーズに新たな風を吹かせる。

『凶悪』などの白石和彌監督作。沼田まほかるの同名小説が原作。蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋出演。

これがSPドラマや映画になると、やや陰惨なテイストが濃くなる。特に完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』は、『半沢直樹』(TBS系)等の池井戸潤作品を日曜劇場で手がけている福澤克雄が監督したこともあってか、重厚な作品となっており、まるで野村芳太郎が1974年に監督した松本清張原作の映画『砂の器』の現代版とでも言うような迫力だった。ちなみに福澤克雄は2004年に放送されたドラマ版『砂の器』(TBS系)のチーフ演出も務めている。

阿部 寛(あべ ひろし、1964年〈昭和39年〉6月22日[1] – )は、日本の俳優、モデルである。茂田オフィス所属。身長190cm、体重80kg。

『祈りの幕が下りる時』などの福澤克雄監督作。原作は、「半沢直樹」シリーズの池井戸潤の同名小説。野村萬斎、香川照之(市川中車)、及川光博、片岡愛之助出演。

阿部寛のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

『マスカレード・ホテル』の鈴木雅之監督作。木村拓哉、松たか子、阿部寛、小日向文世、中井貴一出演。大ヒットを記録したドラマの続きが、オリジナルストーリーで描かれた。

飄々とふるまいながら、容疑者を問い詰めていき、事件の真相にたどり着く加賀は『刑事コロンボ』の日本版とでもいうようなたたずまいで、剣道の達人でありながら、阿部寛の飄々とした振る舞いもあってかおじさんの余裕を感じさせる。ミステリードラマ『TRICK』(テレビ朝日系)や『結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)などでコミカルな中年男性を演じてきた阿部寛のユーモラスさが同居したハマり役となった。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA