2021年令和3年 本田翼 gto

2021年令和3年 本田翼 gto

本名で活動している本田翼。
『笑っていいとも!』に出演した際、彼女は名前の由来を「小学生のときは世界に羽ばたくようにと教えてもらった」と語りました。しかし実際は、HONDAのバイクの意匠であるウイングマークにちなんで、「翼」と名付けられたのが本当の理由だと、中学生の時に聞かされたそうです。

数々のドラマや映画に出演し、女優としての地位を確立しつつあった2015年に、本田翼はついに月9ドラマのヒロインに抜擢されます。最終回のエピローグ部分が生放送されたことでも話題になりました。
福士蒼汰が演じる三浦葵と、本田翼が演じる芹沢あかりは富山で育った幼なじみ同士。あかりの父親の会社が倒産したことで夜逃げをし、2人は突如離れ離れになってしまうのですが、その7年後に思わぬ形で再会を果たします。
放送当初の視聴率は振るわなかったものの、平均視聴率は2桁と安定していました。20~30代に向けた月9王道のオリジナル恋愛ドラマという挑戦的な作品に携わったことは、本田翼という女優にとってかけがえのない経験だったことでしょう。

本田翼はオタクを自称するほど、大のマンガ好き・ゲーム好きだそうです。
好きなマンガにあげているのは少年漫画・青年漫画が多く『NARUTO』や『進撃の巨人』、『ONE PIECE』などの王道少年マンガ。さらにはギャグマンガの『ピューと吹く!ジャガー』や、バイオレンスな描写の多い『東京喰種』も読んでいるとか。
さらに好きなゲームには「ドラゴンクエスト」、「ポケットモンスター」、「モンスターハンター」、「ゼルダの伝説」など人気シリーを挙げています。2019年に東京ゲームショウのオフィシャルサポーターを務めた際には、インタビューで最近ハマったゲームは『デッドバイデイライト』であると語りました。
2020年6月現在は、公式YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」でのゲーム実況も、好評を博しています。

本田翼が一躍有名になったのは、2012年に出演した「JR SKISKI」のCMがきっかけ。1990年代からJR東日本が展開している「JR SKISKI」のキャンペーンは、江角マキコ、吉川ひなの、木村カエラなど、その年ごとに話題性の高い女優やタレントを起用することで知られています。
2012年、本田翼は同キャンペーンに起用されました。好きな男性の気を引こうとして、本田演じる女性が、スキー場でわざと転ぶ姿などといったCM動画が話題になり、売上に及ぼした効果も絶大でした。同年のJR東日本の旅行商品売り上げは、前年度に比べて約2割も増加したそうです。

バラエティ番組などで見せる飾らない自然体なキャラクターと、幅広い役柄をこなす演技力が魅力の本田翼。2012年以降、途切れることなくドラマや映画での活躍をつづけています。
もちろんモデルとしてもさまざまな雑誌に登場し、その存在感は大きくなるばかり。今後の彼女のさらなる活躍に期待したいですね!

木村拓哉が天才物理学者と未来からやってきたアンドロイド(安堂ロイド)の二役を演じる異色のドラマ、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』。本田翼は同じくアンドロイドのサプリを演じています。
サプリは安堂ロイドの修理をするために作られたアンドロイドなので、看護師のコスチュームを身にまとっています。その格好がめちゃくちゃかわいいと話題になりました。
主役のサポート役ということで登場回数も多いため、本田翼の魅力を存分に楽しめる作品です。このドラマのコンセプト/設定協力には、『新世紀エヴァンゲリオン』の監督・脚本を務める庵野秀明をはじめとする、有名アニメクリエイターが参加しているため、その作りこまれた世界観にハマる人が続出しました。

原作は藤沢とおるの大人気漫画。1998年に放送されたドラマのリメイク版として注目を集め、2014年には第2シリーズも放送されました。
2012年放送の第1シリーズには、生徒役として川口春奈や中川大志、新川優愛といった当時若手の豪華俳優陣が出演。その中で、IQ200の「悪魔の天才児」と呼ばれる神崎麗美を演じたのが本田翼です。複雑な家庭環境で育ち、担任である鬼塚に好意を寄せるという役柄を見事に演じています。
原作では長髪のキャラクターであったことから、人選ミスでは?という声も少なくなかったのは事実です。しかし、圧倒的なビジュアルと演技力で一躍女優としての評価を上げ、その後次々と映画やドラマに出演していきました。

平成最後の月9ドラマでもある「ラジエーションハウス」。本田翼は、月9初主演となる窪田正孝の相手役に抜擢されました。
人気の高い医療もののドラマは数多く製作されていますが、レントゲンやCTなどで病変を写す放射線技師が主役になるのは、このドラマが初めて。その検査画像を読み解き、病気を診断する放射線科医・甘春杏を本田翼が演じています。
同じく月9の「絶対零度」シリーズでもSっ気のある演技がうまいと評判でしたが、「ラジエーションハウス」でもクールな演技を見ることができます。自分にも他人にも厳しいけど、本当は自信が持てない……。まさに本田翼にぴったりですよね!初の医師役ながら、凛とした演技は必見です。

2期にわたって上戸彩が主演を務めた「絶対零度」シリーズ。シーズン2から7年経った2018年の新シリーズでは、月9初主演となる沢村一樹が主人公を演じました。
このシーズン3から出演している本田翼は、元生活安全課の小田切唯を演じています。横山裕が演じる同僚の山内徹とは反発し合っていましたが、回を追うごとにその距離感が変わっていく様子に視聴者は釘付けになりました。また、刑事ドラマならではの激しいアクションシーンも話題に。
天真爛漫でゲーマーな本田翼とは正反対の役柄でしたが、はまり役だったという声も多く上がっています。作品自体も好評だったことから、2020年1月にはシーズン4が放送されました。ぜひそちらも合わせてチェックしてくださいね!

江角マキコ主演のドラマ『ショムニ』は1998年から放送されていた人気シリーズ。その10年ぶりとなる新シリーズとして製作されたのが『ショムニ2013』です。
このシリーズではサイドのキャストを一新していて、安藤サクラやベッキーといった先輩女優の中で、本田翼はフレッシュな存在感を放っています。制作発表会見ではNGの多さを共演者に突っ込まれていましたが、むしろ現場で愛されていることが分かる一幕でした。
ドラマで演じた円山詩織は真面目だけど天然な性格で、本田翼本人との共通点も多く、等身大の働く女性を軽やかに演じています。比較的シリアスな作品に多く出演している中、コメディエンヌとしての演技を楽しめる作品の一つです。

■本名:本田翼
■出身:東京都
■生年月日:1992年6月27日
■身長:166cm
■血液型:O型
女優・モデルとして活躍する本田翼は、14歳のときにスカウトされてモデルデビュー。2006年からファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルを務めました。その後いくつかの雑誌でのモデル経験を経て、2011年のバラエティー番組への出演をきっかけに、テレビでの注目度もアップします。
2012年のCM出演をきっかけに人気が急上昇。独特な雰囲気、屈託のない笑顔、ゲームや漫画好きという意外な一面も、幅広い層のファンを持つ彼女の魅力ではないでしょうか。

オンラインゲーム『ドラゴンクエストⅩ』がモチーフの漫画『ゆうべはお楽しみでしたね』が原作のこのドラマ。若手演技派俳優の岡山天音と本田翼がW主演を務めました。
オンラインゲームで知り合う男女の物語、といえば現代では珍しくない題材のようですが、実は二人ともゲームの世界では実際と逆の性別のキャラクターでプレイしているのがポイント。お互いに同性だと思ってやり取りをする中で、現実世界でルームシェアをすることになり、いざ会ってみると……。
ゲーマー・オタクとしても有名な本田翼は、原作漫画のファンでもあり、この役のオファーが来たときは嬉しかったそうです。深夜枠のドラマならではの、ゆるっとしたラブコメなので、気軽に観てみてください!

振り込め詐欺など、特殊詐欺をはたらこうとする詐欺師たちを騙し返すこのドラマ。本田翼が演じる主人公・星野沙希は、アイドルでありながら詐欺師としての才能を買われて、スペシャリスト集団「チート」の一員になります。
しかし、所属する芸能事務所はアルバイトを禁止しているため、チートでの活動を知られてはいけません。さらに、自分が売れないアイドルだとチートのメンバーに知られたくないため、それもまた秘密にしています。
劇中で星野沙希が所属する「ジュエル☆トリコ」は、架空のアイドルグループながらオリジナル楽曲がデジタル配信されています。実際に演じた本人がボイストレーニングを受けて収録しているので、気になった方はぜひ聴いてみてくださいね!

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA