2021年令和3年 田辺桃子 犬部

2021年令和3年 田辺桃子 犬部

林が、犬部を設立する主人公・花井颯太役を務め、颯太の親友で、颯太に負けず劣らずの“犬バカ”ぶりを発揮する犬部メンバーの柴崎涼介を中川が演じる。林と中川はそれぞれ作中でバディとして、犬のちえを演じる花子、犬の太郎を演じるきぃとタッグを組む。篠原哲雄が監督を務め、山田あかねが脚本を担当する。

青森県北里大学に実在した動物愛護サークル“犬部”をモデルに、動物保護に人生をかけた獣医学生たちの奮闘の日々と、その後の人生を描いた本作。

2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物愛護サークル「犬部」。本作は、そんな「犬部」を設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公が、仲間たちとともに動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の生き様を描く物語。

初の映像解禁となる予告編では、「生きてるものはみんな助ける!犬も!猫も!いいだろ、犬部!」と希望に満ちた笑顔を見せ、“犬部”の設立を宣言する主人公の花井颯太(林遣都)と共に、仲間である柴崎涼介(中川大志)、佐備川よしみ(大原櫻子)、秋田智彦(浅香航大)らが、命と向き合い、奮闘してきた学生時代が描かれる。

公開されたポスタービジュアルでは、“犬部”のメンバーが未来を見据えるかのように正面を向き、「あふれるほどの愛でしか、世界は変わらない」とキャッチコピーが添えられている。

学生時代、そして卒業して16年、再び集結した“犬部”のメンバーの成長と絆を描き、動物保護をめぐるリアルな問題や課題を丁寧に折り込みながら、動物たちへのあふれる愛と深い感動を届ける青春“犬ラブ”ムービー『犬部!』。今後の続報にご期待ください!

また、初の映像公開となる予告編では、「生きてるものはみんな助ける! 犬も! 猫も! いいだろ、犬部!」と希望に満ちた笑顔を見せ、“犬部”の設立を宣言する主人公の花井颯太(林遣都)と共に、仲間である柴崎涼介(中川大志)、佐備川よしみ(大原櫻子)、秋田智彦(浅香航大)らが、命と向き合い、奮闘してきた学生時代が描かれる。一方で卒業後、獣医師になった後も自分の信念を曲げず、がむしゃらに走り続けてきた颯太だったが、ある事件を起こしてしまう。

ひとつでも多くの命を救おうとする彼らの優しさと、動物たちのために戦うことを諦めない強い心をイメージして作られた楽曲は、映像内で、“犬部”のメンバーを勇気づけ、後押しするかのように温かく響きわたっている。

あわせて解禁されたポスタービジュアルでは、“犬部”のメンバーが未来を見据えるかのように正面を向く、希望を感じさせる仕上がりに。“あふれるほどの愛でしか、世界は変わらない”というキャッチコピーの通り、大きな愛で動物たちを包み込む優しさを感じさせるデザインに仕上がった。

林遣都と中川大志が共演する映画『犬部!』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

映画『犬部!』2021年7月22日公開決定!

青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センター所長として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA