2021年令和3年 柳楽優弥 チンピラ

2021年令和3年 柳楽優弥 チンピラ

大空を駆け抜ける
感動、興奮、爽快感がここに!2021年、大スクリーンで観るべき最高のアクション映画!
戦闘機パイロットたちの挫折と栄光の日々を、数々のヒットチェーンに乗せて迫力のスカイ・アクションと共に描き、世界中で大ヒットした『トップガン』(86)。主人公“マーベリック”役のトム・クルーズを一躍スターダムの頂点へと押し上げた映画史に燦然と輝く名作の最新作が、2021年、ついに公開される!『ミッション:インポッシブル』シリーズ同様、常に新たな挑戦を続けるトム・クルーズが『セッション』のマイルズ・テラーや、前作に引き続き出演するヴァル・キルマー、アカデミー賞女優ジェニファー・コネリーら豪華キャストと共に“本物”にとことんこだわり、絶対に映画館でしか体験出来ないド迫力の映像に作り上げた。コロナ禍で試練を迎えた映画界の新たな未来を切り拓く一本がここに誕生する―。
アメリカ空軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に、天才と呼ばれた男が帰ってきた。父と親友を空で失った過去を持ち、誰よりも空の厳しさと美しさを知るマーヴェリック(トム・クルーズ)だ。彼は守ることの難しさ、戦うことの過酷さを教えようとするが、訓練生らは型破りな指導に困惑し反発する。そんな新人たちの中には、かつてマーヴェリック相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿もあった。ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み、対峙するが…。マーヴェリックはなぜ、もう一度飛ぶことを決めたのか―いま再び、熱いドラマが展開する!

日本映画の歴史を変えたエンターテイメントの頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。2012年8月25日公開の『るろうに剣心』(最終興行収入30.1億円)、2014年8月1日公開の『るろうに剣心京都大火編』(最終興行収入52.2億円)、同年9月13日公開の『るろうに剣心伝説の最期編』(最終興行収入43.5億円)、シリーズ累計の興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破!2021年、遂に『るろうに剣心』シリーズが、完結する――。
誰も体感したことのない迫力ある超高速アクションと、エモーショナルに描かれる人間ドラマは、日本だけでなく世界中を熱狂させ、北米、イギリス、香港、韓国、台湾、フィリピンなどヨーロッパ・アジア諸国を含む世界100ヶ国以上で配給、世界50以上の国際映画祭に出品され大絶賛!
『るろうに剣心最終章The Final/The Beginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国ロードショー!
かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられた緋村剣心だが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち穏やかな生活を送っていた。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか?何のために?それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。そして、これまで語られることのなかった<十字傷>の謎に迫る「るろうに剣心 最終章 The Beginning」へ続いていく。動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描く!2つの作品を通して描かれる「るろうに剣心」史上最高のクライマックス。「るろうに剣心」のすべてがここにある――。

ここ最近では宮藤官九郎監督作品の「ゆとりですがなにか」に出演されており、細部にまでこだわりが感じられる演技と作品であり、柳楽優弥さん演じる道上マリブのリアルチンピラ感がなんとも言えないほど似合っている役です。

去年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞含む6冠「新聞記者」の藤井道人監督が、変わりゆく時代の中で排除されていくヤクザという存在を、3つの時代に渡って抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品。
1999年、父親を覚せい剤で失った山本賢治は、行きつけの食堂で組長・柴崎博をチンピラの襲撃から救う。それを縁に2人は父子の契りを結び、山本はヤクザの世界へ足を踏み入れる。2005 年、山本はヤクザの世界で男を上げるが、因縁の相手との争いは激化する一方。仲間に犠牲者も出る中、ファミリー=柴崎組を守るためにある決断をする。そして2019年、山本が直面したのは、暴対法の影響で激変したヤクザの世界だった。

また、私生活では2010年に女優でモデルの豊田エリーさんと結婚し、同年にお子さんも生まれています。男性俳優として20歳に結婚をするのは早いと思いますが、豊田エリーさんが内助の功として柳楽優弥さんを支えたのが俳優を続けられるきっかけでもあったのではないでしょうか。

やっぱり若いころに苦い経験をしたからこそ今の柳楽優弥さんが出来あがっているんだなと思わせるような吹っ切った演技が魅力的です。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA