2021年令和3年 峯岸みなみ 服

2021年令和3年 峯岸みなみ 服

AKB48峯岸みなみ(28)が28日、都内のAKB48劇場で卒業公演を行い、グループを卒業した。

堪えていた涙が、ラスト曲の直前に届いた秋元康総合プロデューサー(63)からの手紙で溢れ出た。
「一番色々なことがあった末っ子を嫁に出すような気持ちでいいようのないさみしさを覚えます」。
負けず嫌いな少女が、多くの挫折をへて誰よりも人を気遣う大人になったことを称えて「君の優しさがAKBをこれまで1つにしてくれていました」と感謝された。
同期の1期生には、前田敦子や高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜らそうそうたる顔ぶれがいた。神セブンではなかった峯岸は、「『ほかのメンバーばっかり』とか、『私になんて興味ないんだ』ってすねて、まるで反抗期の娘みたいに秋元先生とうまく会話ができなかった」と振り返った。だからこそ、自分の気持ちや生き方を全て理解してくれていることが分かった手紙に、涙した。
「どれだけ秋元先生が今までにくれた言葉が大きいものだったのか、すごく感じています。今からでも遅くないと思うので、この感謝を自分の口で伝えたいと思います。こんな私を見捨てないでくれて、作ってくれて普通の女の子のたくさんの未来を彩ってくれて本当にありがとうございました」。
涙でくしゃくしゃになった顔で感謝した。
最後は、多くの仲間たちを、ずっと見送る側で歌っていた「桜の花びらたち」で締めた。AKB48を象徴する衣装、赤チェックのロングドレスで、最高に幸せなフィナーレ。
男性スキャンダルで丸刈りになり、研究生からやり直した過去。1度もAKB48のセンターには立てなかったこと。そんなつらく苦しかった思い出も含めて「AKBとは…、人生そのものです。今日を迎えて、私のアイドル人生は100点といっていいと思います」と、笑顔で言い切れた。
最後の1期生として約15年半、日本の女性グループのアイドルとして史上最長の5651日もの活動に終止符を打ち、学び舎を後にした。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA