2021年令和3年 菅田将暉有村架純映画

2021年令和3年 菅田将暉有村架純映画

「東京ラブストーリー」(91)、「Mother」(10)、「最高の離婚」(13)、「Woman」(13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16)、「カルテット」(17)、「anone」(18)など、常に私たちの心を捉えて離さない多くの連続ドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人へ贈るため書き下ろした最新作。『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』『舟を編む』などの製作陣が手掛ける本作、主役を演じるのは、菅田将暉と有村架純。二人の実力派俳優による〈初のダブル主演〉が実現しました。監督を担うのは、『罪の声』(20)の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(04)、『ハナミズキ』(10)、『映画 ビリギャル』(15)など多くの大ヒット映画を送り出して来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元裕二と組んで以来、映画では初タッグとなります。

「菅田将暉、月9初主演でひたすらしゃべり続ける大学生に 「脳みそが爆発する毎日でした」」のページです。菅田将暉、相沢友子、田村由美、ミステリと言う勿れ、松山博昭の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音(やまね)麦(むぎ) (菅田将暉)と 八谷(はちや)絹(きぬ) (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生! ──これはきっと、私たちの物語。

菅田にとって、連ドラ主演を務めるのは、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」以来2年ぶり。菅田、有村、神木、仲野は、全員が1993年生まれ(神木以外の3人は2月生まれ)で、世代を代表する俳優陣が集ったことになる。“あの頃”に思い描いていた大人の自分とはかけ離れた人生を歩む20代後半の若者たちが、“失敗”したからこそ出会えた人や出来事によって思い描きもしなかった未知の“幸せ”と巡り合うさまを描く群像劇だ。

菅田演じる主人公・久能整は、天然パーマにコンプレックスを持つ、友達も彼女もひとりもいない、カレーをこよなく愛する大学生。社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論をあざやかに展開する。たとえ周囲で何が起きていようとも喋らずにはいられないため、「うざい、面倒くさい」と言われ続けて生きて来た。整がある日、身に覚えのない殺人事件の容疑をかけられることに。そこで刑事たちから取り調べを受ける中、整は事件の裏に隠されたヒントや、刑事たちが抱えている悩みの存在に気づいていく。そして、特に「事件を解決したい」という思いはないまま、ただただ思いつくことをマイペースに話すうちに、いつのまにか事件の謎だけでなく、人の心まで解きほぐしてしまう。

2015年、冬の東京。大学生の八谷絹(はちやきぬ)(有村架純)と山音麦(やまねむぎ)(菅田将暉)は、終電に乗り遅れた京王線の明大前駅で出会う。時間を潰すために入った居酒屋で話すうち、好きな音楽や映画、読んでいる本が同じだとわかり、親密に。多摩川沿いのマンションで、一緒に暮らし始める。

月刊フラワーズ(小学館刊)で2016年に連載がスタートした田村由美による同名コミックを原作とした本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。

猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く、不滅のラブストーリー誕生!東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(やまねむぎ)(菅田将暉)と八谷絹(はちやきぬ)(有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが――。

主演:有村架純、菅田将暉、脚本:坂元裕二、監督:土井裕泰 2021年1月29日(金)公開!

「はな恋」菅田将暉が有村架純との共演回想「ふたを開けたらド関西人」

俳優の菅田将暉が、日本テレビ系の4月期の土曜ドラマ「コントが始まる」(午後10時放送)に主演することがわかった。菅田は、ヒット中の映画「花束みたいな恋をした」で共演した有村架純と再タッグを組むとともに、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音という共演陣と、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹脚本のオリジナル作品に挑むことになる。

坂元裕二がオリジナル脚本を手がけた本作は、21歳で偶然出会った山音麦と八谷絹の“最高の5年間”を描くラブストーリー。菅田が麦、有村架純が絹を演じ、土井裕泰が監督を担当した。公開初日からの累計で動員131万1949人、興行収入17億8604万9090円を記録し、興行通信社の全国映画動員ランキングトップ10では4週連続で首位をキープしている。メッセージ映像は2月26日から3月4日まで1週間限定で、本編開始前に上映。対象劇場は2月24日に本作の公式サイトで発表される。

ありむら・かすみ 1993年2月13日生まれ。兵庫県出身。2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍人気となる。主な出演作は、ドラマ「ひよっこ」、映画「3月のライオン」など。「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」が、それぞれ4月23日、6月4日から2作連続で公開される。

「流浪の月」(凪良ゆう著)――全国の書店員の投票で選ばれる「2020年本屋大賞」受賞作。誘拐事件の「被害者」とされた少女と、「加害者」として断罪された青年が15年後に再会する。「ラブストーリーじゃないんでしょうね。恋人でも家族でも、友達でもない。だけどわかり合える特別な存在の2人。心をつかまれて、1日で読み切りました」

こんな幸せなことがあっていいんだろうか。自分にとって初めての実写ドラマ化、それがなんとフジテレビさんの月9、そしてその主演がなんと菅田将暉さん! 整役が菅田将暉さんです! 何度も声を大にして言いたい。感激です。
撮影現場にもお邪魔したのですが、“ああ…! 整が現実にいたらこんな感じなんだ!”ってもう整にしか見えず、どれほどの努力を重ね思考をめぐらせ、大量のセリフに向き合い髪の毛をもふもふにし(!)、真摯な役作りをしてくださったんだろうとその素晴らしさと放たれる輝きに震える思いでした。本当にその存在感たるや…!
スタッフの皆さんも強力で最高です。作品をとても大切に扱ってくださってます。原作を応援してくださるかたにぜひ見ていただきたいですし、原作をご存じない菅田さんのファンのかたにも楽しんでいただけると思います。待ち遠しいです。作品にとって整にとってこれ以上はない幸運に恵まれました。このコロナ禍に厳重装備で日々制作に携わっておられるすべてのかたに感謝いたします。よろしくお願いいたします!

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA