2021年令和3年 菅田将暉 年齢

2021年令和3年 菅田将暉 年齢

今回のTVCMは、都内を一望できる開放感のある屋上のバーにて撮影に臨みました。“スーパードライ史上最高のうまさ”を福山さん、菅田さん、中村さんに味わっていただくため、バーテンダーに最高の品質で提供していただきました。3人が「スーパードライ」を楽しみに待っているシーンでは、福山さんからは「最高だな!」、菅田さんからは「おお~本当にうまそうですね!」、中村さんからは「いや~早く飲みたい!」との声があがり、ビールを飲むまでの高揚感を表現することができました。その後の乾杯シーンでの、3人の本当に楽しそうな表情に、現場は和やかな空気に包まれました。

映画『セトウツミ』は、クールなインテリメガネ・内海(池松壮亮)とちょっとおバカなツンツン頭・瀬戸(菅田将暉)が「喋る」だけの異色の青春ムービー。物語のヒロインとなる女子高生・樫村は、中条あやみが演じる。

漫画『恋は雨上がりのように』を、小松菜奈と大泉洋のW主演で実写化。陸上の夢を怪我で絶たれてしまった女子高生・あきら(小松菜奈)が恋をしたのは、ファミレスの店長を務める、45歳の近藤(大泉洋)。バツイチ子持ちでずっと年上の近藤は、あきらからの思いがけない告白に、その真っ直ぐな想いを受け止めることができずにいた。年齢差28歳の2人の関係はいつしか、それぞれが自分自身を見つめ直すきっかけとなっていく。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、『アサヒスーパードライ』の新TVCM「新しい年に、乾杯」篇を1月1日(金)から全国で放映します。今回のTVCMは、これまでも「スーパードライ」のTVCMに起用している福山雅治さん、菅田将暉さん、中村倫也さんの3人が出演します。

「新しい年に、乾杯」篇は、福山さんが「新しい年に、スーパードライ史上最高のうまさで乾杯」と語りかけるシーンから始まります。バーテンダーが注ぐ最高品質のスーパードライを、福山さん、菅田さん、中村さんが楽しみに待っている様子を描くことで、ビールを飲むまでの高揚感を表現しています。“このノドごし、このキレ、このうまさ”というナレーションとともに「スーパードライ」を3人がおいしそうに飲んでいる様子を通じて、“史上最高のスーパードライ”と“ビールがうまい。この瞬間がたまらない。”というブランドメッセージを訴求し、「スーパードライ」の飲用喚起を図ります。

小栗旬さんと菅田将暉さんが出演したテレビドラマを一覧で紹介。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA