2021年令和3年 井上咲楽 昔

2021年令和3年 井上咲楽 昔

昭和27年の熱海の温泉宿を舞台に、新作映画の執筆にかけるシナリオライターの奮闘を描く5人芝居。笑いあり、涙ありのNACSらしい作品だ。コロナ下で上演できることに感謝しながら、全国9都市に届けてきた。地元凱旋に向け大泉は「“ただいま”っていうよりは、やっぱりかっこいいところを見せたい」と力が入る。
NACSは結成から四半世紀。1996年、北海学園大の演劇サークルで出会った森崎博之(49)、安田、戸次重幸(47)、大泉、音尾琢真(45)の5人で結成。今やそれぞれが全国区の俳優となり、ドラマや映画で活躍する。5人が集結する3年に一度の本公演は「日本一チケットの取れない舞台」と言われるほどの人気だ。
リーダーの森崎は「最年少の音尾が80歳になる2056年まで続けたい」という。「昔は“北海道で1万人を呼べる劇団になりたい”と言っていた。それが全国で7、8万人を動員する劇団になった。次は?と考えると、長くやることが目標だなと。結成が96年なので、2056年まで60年維持させたいという目標に変わった」と真意を明かした。
35年後、どんな姿を見せてくれるのか。音尾が「スクワットをやるだけで見せ場になる」、大泉も「嫌でも役回りは決まってくる。ボケてる人はボケなんだから」、安田は「ご長寿クイズみたいに」と口々に案が飛び出す。大泉は「還暦を超えても5人でくだらないことをやってるのか、興味がありますね」と楽しみにしている。
今作のタイトル「マスターピース」は、日本語で「傑作」の意味。TEAM NACSそのものが、北海道が生んだ最高傑作の演劇ユニットだ。
《初の生配信》6月6日に札幌・カナモトホールで開かれる千秋楽公演は、初の試みとしてストリーミングで生配信される。戸次は「道民は恥ずかしがり屋さんが多く、感情を出すのが得意じゃない」といい、客席の雰囲気も独特な北海道公演が自宅で楽しめる。

トレードマークの“太眉”をカットし、イメチェン姿が話題のタレント・井上咲楽が22日、自身のインスタグラムを更新。人気ヘアメイク・アーティストの河北裕介氏によるメイクを公開した。【写真】ずっと見てられる艶っぽさ!河北裕介氏によるメイク姿を公開した井上咲楽
井上はキリッとした目元が印象的な艶っぽいメイクを披露。「MAQUIA7月号で、河北裕介さんにメイクしていただきました!」とし、「『色×色ならもっとメイクが楽しくなる』ぜひ読んでください!」と呼び掛けた。
これを見たファンからは「ずっと見てられる かわいい」「とっても落ちつきのある美人さんになりましたね」「一瞬川口春奈ちゃんに見えました!」「ますます大人っぽい」と反響が寄せられた。

@ntvkonkurabe 井上咲楽は、もうおなかいっぱいなので結構です。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA