2021年令和3年 メイウェザー マクレガー

2021年令和3年 メイウェザー マクレガー

それでもなお、ボクシングのトップ選手として0コンマ何秒のタイミングと、わずか数センチの距離を操り、数々の強者たちの挑戦を退け続けたあのメイウェザーが、何かのアトラクションと思われるような“試合”に出場するのは、正直なところいい気持ちがしなかった。

メイウェザーは、パッキャオに勝ったポイントから約3億ドルを獲得したと考えられています。パッキャオは、歴史上最も儲かる戦いであり、6億ドル以上の収益を生み出しています。

彼らは、このイベントにはメイウェザーを含む「チャンピオンクラス」のファイターが登場すると述べたが、ウェルター級スターが誰とどのような条件で直面するかなど、詳細は明らかにしなかった。

2017年、メイウェザーは、スーパースリルボクシングの試合の第10ラウンドで、総合格闘技(MMA)のファイターであるコナーマクレガーを破りました。

・【ボクシング】メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

何よりマクレガーとの試合はキックでも総合でもなく、ボクシングルールで行われるのだという。自らの土俵にプロボクシング経験ゼロの格闘家を招くというのだから、メイウェザーがみじめな姿をさらす可能性は低いとも思われた。

・カーフキックで敗れたマクレガー、ポイエーとの“完全決着”戦でKO予告「4ラウンド目、ヤツの鼻に前蹴りを喰らわす」

ジャカルタ-ボクシングの伝説フロイドメイウェザーは2021年2月に東京での戦いでリングに戻ります。しかし、誰が挑戦され、どのルールの下でまだ不明です。

もちろん今回のメイウェザーは、キックボクシングに駆り出された過去のチャンピオンとはケースが異なる。メイウェザーは極端に力が落ちて引退を余儀なくされたわけではない。49戦無敗のまま自らグローブを壁に吊るしており、不敗伝説はいまだ健在だった。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA