2021年令和3年 小林礼奈 住んでる場所

2021年令和3年 小林礼奈 住んでる場所

さらに小林は「そうだなあ、、、、、じゃあ あと1年ブログ頑張って調子良さそうだったら、、、いや、、、、こわいこわい」と記し、「又は ちょっと田舎なら10万でも良いところ住めるでしょ 10万以上は高いと思ってしまうのだけど感覚貧乏すぎる、、か、、??」と自問自答した。

瀧上はお笑い界屈指のイケメン芸人としてモテモテで、2014年には本紙制定「ビートたけしのエンターテインメント賞日本芸能大賞」を受賞。たけしからネタ作りの才能を高く評価された有望株で、自らのネタを元に架空の「肘神神社」を造って故郷の町おこしをするなど実行力もある。ただ、趣味は超合金収集、格闘ゲームと〝オタク気質〟だ。 一方の小林は元AKB48・前田敦子(29)のものまねで知られる美人タレントだったが、豚好きが高じて養豚場に勤務し、夜はキャバクラで生活費を稼いでいた変わり種だ。瀧上が自宅に招いた後輩芸人の下半身に手を伸ばす、深夜にパジャマで外出して駅前でナンパ待ちするなどの奇行から〝瀧上のヤバすぎる嫁〟と呼ばれていた。

小林は「娘に言われます。ちょっと良いマンション通ったりするたびに、、、『ねえ ここ住みたいよ。』『今の家狭すぎるよ』」と娘から迫られることを投稿。小林はその心境を「泣いていいかな?」と表し、「今の家だって家賃10万だぞ」と明かした。

「ちょっと良いマンション」の前を通ると、長女が「ここ住みたい」。小林礼奈は「泣いていいかな?今の家だって…」と家賃を明かす。

今年に入りコロナ禍で瀧上が自宅で過ごすようになり、ペットの世話や子育てをめぐって対立。5月には〝別居〟したが、本紙の指摘に瀧上が反論するなど、この時にはまだやり直すチャンスは残されていた。だが、ケンカは増える一方。ついには小林が夫婦ゲンカをインスタライブで生中継し、瀧上の怒声を伝える前代未聞の事態に発展した。

小林は「要するに渡部さん的なことですよ。見ちゃったの、ヤッてるところ。私、頭おかしくなっちゃった。浮気だけならいいけど、見ちゃったらヤバいよね。気持ち悪かった。それが忘れられないの」と3年前の夫の浮気を暴露。

2人は3年の交際を実らせ、2016年3月に入籍。同年9月に長女を出産した。いわゆる〝デキちゃった婚〟だった。

小林によると、「ちょっと良いマンション」の前を通るたびに、長女は「ねえ ここ住みたいよ」と、おねだり。「今の家狭すぎるよ」と訴えてくるという。幼い長女からの要求に「泣いていいかな?今の家だって家賃10万だぞ」と家賃を明かしながら嘆いた。

今でこそ場所を問わず行われているパパ活だが、やはり創生のきっかけとなった港区では、他所とはレベルの違う交際関係が行われている。
港区で行われているパパ活・ギャラ飲みはコロナ禍においてこそ特別で、そこに通うことができるのは大金や社会的地位を持つ男性と、選りすぐりの美しい女性に限られている。現在もそういった社交場に通う港区女子に話を聞くと。
「今はギャラ飲み仲介業者を利用すれば、誰でもギャラ飲みに参加できるようになりました。でも、港区で起業家や資産家などのお金持ちと出会えるクオリティの高いギャラ飲みは、簡単には参加できない。そういった会に参加している女性は若くて美人の一握りしかいなくて、モデルや芸能人の卵、元ミスキャンの子たちがほとんどですね」
肩書きのない女性たちは、クオリティの低いギャラ飲みに、仲介業者などを通じて参加することから始まり、そこでルックスや会話術などを見極められる。仲介業者から認められるとクオリティの高いギャラ飲みに参加できるようになるという仕組みだ。
「もとの顔が可愛くない子でも、まずは仲介業者経由のギャラ飲みで整形費用を貯めてる、という話もよく聞きます。相手の男性によって、もらえる金額も段違いなので、港区のギャラ飲みで高みを目指すなら、外見磨きは最低条件。財力のある男性に気に入られればパパ活相手として港区内にマンションを買ってもらえたり、デート代として大金をもらえますからね」
こうして、港区のギャラ飲みでは厳選された女性だけが生き残り、それ以外はすぐに淘汰されていく構図が生まれていったようだ。
ギャラ飲みで生き残った女性は、そこで知り合った男性の中からパパ活相手を探しはじめるわけだが、実際にギャラ飲みに通い詰め、今はパパ活だけで生計を立てている前出・港区女子はこう語る。
「仲介業者の知り合いがいるんですけど、その子のSNSを見ていると、このご時世でも変わらずギャラ飲みが行われてますよ。インスタではマスクもせずに飲み会を楽しんでる様子がアップされたりしてるので、あんまりコロナ禍の危機感みたいなものはないと思う。
私の周りはギャラ飲みの頻度が減ったので、今はパパ活メインで生計を立てる子が多いですね。いま住んでいるマンションはパパに購入してもらったものですし、コスメや洋服もパパに買ってもらうので、自分でお金を出すものといえば、エステや整形にかける費用くらい。
私は2人の太p(太いパパ)がいて、1人は愛人として月に30万円ほど出してもらっています。もう1人はたまにデートに行って、一晩で50万円くれる。高額なかわりに、避妊はしないのが条件。一晩50万円だと思えば、アフターピル代くらいは安いものですよ。パパの中にも“避妊ナシでOKなら、金額上乗せ”って人は珍しくないですね」
取材をする筆者に対し、悪びれもせず「逆に1日で50万円、コンスタントに稼ぐ方法がほかにありますか?」と笑顔で語る彼女。お相手はあくまで家庭を持つ男性ということで、恋人関係ではなく割り切った愛人関係なのだそう。
お金が手に入れば、整形やエステで自分を磨く。美しくなることで、より金払いの良いパパをパトロンにつけることができる。こうして、港区女子たちはどんどん資金を増やし美貌を蓄えていくのだ。

そんな中、小林は「高級マンション欲がすごいな」のタイトルでブログをアップし、長女の欲望を明かした。

長女が生まれて家族仲良く過ごすかに見えた。だが昨夏、小林は子宮外妊娠で緊急手術した際、生命の危険があったにもかかわらず、瀧上の気遣いが足りなかったとして激怒。瀧上なりに妻を気遣ったものの、ボタンの掛け違いで次第に2人の距離が広がってしまう。

お笑いコンビ、流れ星の瀧上伸一郎と離婚したタレントの小林礼奈が23日に更新したブログで、現在住んでいるマンションの家賃を明かした。4歳の娘からは「狭すぎる」と言われるという。

小林は、2016年6月に、お笑いコンビ「流れ星☆」のTAKIUEと結婚。同年9月に第1子となる長女が誕生したが、昨年10月に離婚した。以降、小林は長女と暮らしている。

タレントの小林礼奈が23日、自身のブログを更新。現在住んでいる自宅の家賃を公表した。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA