2021年令和3年 小林礼奈 医師

2021年令和3年 小林礼奈 医師

患者の30代妊婦に性的暴行をはたらいたとして警視庁は1月22日、東京都足立区の「矢追医院」院長・矢追正幸容疑者(55)を強制性交等の疑いで逮捕した。「好きなタイプだった」
などと容疑を認めている。
事件は昨年11月21日、午後の診療中に発生した。「被害女性はこの日が4回目の診察だった。矢追容疑者は看護師を伴わずに診察し、女性をベッドのある個室に誘導。2人きりの室内で卑わいな言葉を囁きつつ約40分間、胸を揉んだり下半身を触り、キスするなどのわいせつな行為をしたとされる」(全国紙社会部記者)
犯行時に被害女性に対し、「先生のことを好きと言ってごらん」
と要求したという。
前出の20代女性は「キモすぎる」と吐き捨てた。
患者から類似の被害相談が複数寄せられているといい、同庁は余罪を調べている。
矢追医院は1995年に開業。婦人科のほか皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科と主に女性患者を広くカバーし、医師は容疑者ひとりだった。
「受付に女性職員が2~3人いて、別に女性看護師が1人いる。予約しても1時間以上待たされるほど待合室が混むときもある。犯行のときは、診察に時間がかかっていてもスタッフは不審に思わなかったんでしょう」
と通院歴のある女性。

小林礼奈が夫「流れ星」瀧上と関係修復「久しぶりにパパが帰宅!」

近所の住民らによると、容疑者の父親は眼科・耳鼻咽喉科の開業医だった。次男として生まれた容疑者は小学校から私立校に通い、私立の医科大学を卒業。医師免許を取得したのは30歳になる年という“遅咲き”だった。
容疑者はなぜ、婦人科医を志したのだろうか。
大学の同級生は、「クラス約100人のうち、顔と名前が一致しないひとり。何ひとつ印象が残っていない」と話す。
無味無臭だった男は年月を費やして婦人科医になり、犯行の約2週間後のブログでは性病や避妊について述べる中《女性を大切にしたいと思う気持ちがあるようなら、男性にも女性の悩みにかかわる事を共に学んでもらい進んでもらいたいと、日頃、女性ばかりを診察している医師として思うところです。(中略)女性を労わりましょう》(昨年12月6日付)
と言ってのけていた。
年の近い兄も医師の道に進んでいる。
しかし、実家を継いだのは容疑者だった。
「20数年前に父親が病死し、数年後にあとを追うように母親も亡くなった。容疑者は婦人科医を開業し、医院のスタッフだった女性と結婚。すぐに2女に恵まれた。奥さまは園芸が趣味で、見事なバラの花などを育て、それを容疑者が手伝ったり写真撮影していた。休診日に家族そろって出かけるなど仲はよさそうでしたよ」(近所の女性)
開業医にとどまらず、月1回は大学病院で産婦人科外来を受け持つなど精力的に診療にあたっていた。
自らの医院では人工授精を含めた不妊治療や緊急避妊薬の投与、更年期障害治療など婦人科分野のほか、ダイエットやシミ・ニキビ治療、耳ピアス、ワキやデリケートゾーンの脱毛といった美容分野まで幅広く手がけ、インターネットなどで宣伝していた。

今作の撮影は、新型コロナウイルスが蔓延する以前。当時は、世の中がこんなことになるとは夢にも思っていなかった。
「こんなに自宅にいる生活も初めて。最初のころは今までの疲れが噴き出す感じで、あまり調子がよくなかったんです。でも、これじゃいけないと仕事をしていたときと同じようにスケジュールを入れるようにしました。
若い方の1年と私たちのとは、まったく意味が違う。コロナが収束して“歌ってください”と言われたときに以前と同じようにマイクの前で歌える自分をつくっておけるか、すごく不安を感じたんです」
以前からのどの状態を診てくれている医師への週1回の通院は変えず、パーソナルトレーナーとのトレーニングを増やし、ヒールを履いて歌える身体でいたいとひざを診察してくれる整形外科にも通うようになった。余分なものを食べないようウエイトコントロールも心がけている。 身体をより思いやるようになったのは、昨年逝去した志村けんさんのこともあったのだろうか?
「いかりやさんが旅立たれたときもすごく衝撃だったけど、志村さんもそう。私が志村 さんと番組でご一緒させていただいたのは、いかりやさんがお元気でいられたときなので、デビューしてから10年から20年くらいのあいだが一番多かったと思います。映画『キネマの神様』でコントではない志村さんの姿を見せていただけると思っていたので本当に残念です。いかりやさんが呼んじゃったのかなとも思いましたね。
あと、岡江(久美子)さん。今回の映画で(夫の大和田)獏さんと共演させていただいているので。最近、お嬢さんのお力もあってお元気になられているようなので少し安心しました。こんなことになるなんて思ってもみないときに撮影させていただきましたから」

小林礼奈、「インスタDMでめちゃくちゃ口説かれた」と告白 現在の結婚願望は…
結婚への憧れが薄れる中、最近、口説かれるようになったと小林。相手はインスタグラムのDMを通じてアタックしてくるという。
しかし、「InstagramのDMでめちゃくちゃ口説かれるのは…

1969年に名曲『夜明けのスキャット』でデビューし、歌に演技と50年を超える芸能生活で輝き続ける由紀さおり。『ブルーヘブンを君に』で、驚くことに映画初主演を飾る。
地方創生ムービー2・0プロジェクトの第3弾となる今作の舞台は岐阜県。
「主役というか軸になる役をやらせていただいたんですけれど、私の中での主役は岐阜です。岐阜は2012年の『第67回ぎふ清流国体(国民体育大会)』で今の上皇さま、上皇后さまの前で『ふるさと』を歌わせていただいてからのご縁なんです。
新幹線の岐阜羽島駅から岐阜市内に入ると川が見えて。空が広いし、水はきれいだし、緑がいっぱいなの。岐阜の人に、どうしてこんなに水がきれいなのか聞いたら、“鵜飼の鵜が食べる鮎は、きれいな水じゃないと育たないことを知っているから川を汚さないんです”と言われて、なるほどと思いました。その川沿いを孫役でボイメン(BOYS AND MEN)の小林豊くんとバイクで走るシーンも出てくるんですよ」

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA