2021年令和3年 小林礼奈 引っ越し

2021年令和3年 小林礼奈 引っ越し

全米興行収入ランキングで初登場第1位を記録した、ダイアン・レインとケビン・コスナーが出演する映画『すべてが変わった日』(原題:LET HIM GO)が、8月6日(金)より日本公開されることが決定した。
【写真】ケビン・コスナー
1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、落馬の事故で息子のジェームズを失う。
3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘ローナが、ドニー・ウィボーイと再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意。しかし、ジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲で全てを仕切る異様な女家長、ブランシュ・ウィボーイだった…。
これまでも共演経験のあるダイアンとケビン。ハリウッドを代表する2人が共演した本作は、1960年代を舞台に、西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。
到着した日本版ティザービジュアルでは、2人の姿と共に、燃え盛る家屋から逃げてきたと思われる人物が写し出され、不穏な雰囲気漂う1枚となっている。
そして2人のほかにも、『ファントム・スレッド』で数々の映画賞にノミネート・受賞を果たしたレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、『ボーダーライン』シリーズや「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のジェフリー・ドノヴァン、『ディセンダン』のジェイ役で注目を集めたブーブー・スチュワートが出演している。
『すべてが変わった日』は8月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

かくいう、私もあるジャニーズタレントの取材で自宅前を張り込んでいたとき、そのあたりに佇んでいた30代くらいの主婦と出くわした。いわく、「業者にお金を払って自宅を割ってもらった」らしい。そして、「今日は帰ってこないかもしれないです。〇〇に行っているから」と堂々とした様子で語っていたことが思い出される。
だが、こうした熱狂的なファン(あるいはストーカー)は、たとえ芸能人の居場所を突き止めたとしても、その近くや同じマンションに引っ越すなどそう易々とできることではない。しかも趣味を合わせるように大型バイクを購入することも。当たり前だがそれには大金、そして並外れた行動力が必要となるからだ。
「須藤被告はドンファンから月100万円のお手当をもらっていたようですし、ドンファンが亡くなった後に彼の会社の代表取締役になると約3800万円の報酬を受け取っていましたからね。ホストクラブなどで浪費していたということですが、神宮司に近づくためにもかなり使っていたんでしょうね」(写真誌記者)
お膳立てはすべて整い、“さあ、これから”というときに逮捕されてしまい本人はさぞかし悔しがっていることだろうが「不謹慎ですが、あの妖艶さとナイスバディですからね。自分と同じ高級タワーマンションに住んで、ポルシェや大型バイクを乗り回していたら“ストーカー・追っかけ”とは区別がつかないでしょう。しかし、それにしても同じマンションを借りるまでの“資金力”を持ち合わせたストーカーはこれまでにいない。芸能史に残る最凶ぶりではないでしょうか」(同・写真誌記者)
お金持ちで殺人容疑で起訴された美人ストーカーなんて聞いたことがないが、神宮寺が被害に遭う前に逮捕されてファンはきっと胸をなでおろしているだろう。
<芸能ジャーナリスト・佐々木博之> ◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

50代の主婦、夏子さん(仮名)は去年、東京郊外へと引っ越しをした。そのときにご近所さんのトンデモない一面を垣間見たという。
「粗大ゴミに持っていってもらおうとイスや棚を外に出したんですが、数分後には見当たりませんでした」
回収されたのかな、と思った夏子さん。
しかし、その様子はない。 誰かが持っていったら気持ちが悪いな、と思っていたその夜に来訪者があった。
近所に住む60代の顔見知りの女性だった。
「いらない家具があったらくれ、と言われました。昼間の家具を持って帰ったのも彼女でした。私が驚いていると“あのイスいいイスね”となぜか褒められて……」 その後も引っ越すまでの間、「不必要なものは引き取る」とつきまとわれたという。「先日、前に住んでいた地域の知人と久しぶりに会いました。例のご近所さんは私が引っ越すと“夏子さんはケチだ”とか悪口を言って回っていたらしいです。おまけに今は“いつも見張られている”とか“声がうるさい”とか近所に文句を言ってトラブルになっているそうです」

普通に暮らしているだけなのに、なぜこのようなトラブルが発生するのか。回避、解決できる方法はないのか。
近隣トラブルの仲裁サポートや引っ越し前に近隣を調査する事業を展開する『グッドネイバー株式会社』の松尾大史代表取締役に聞いた。
「コロナ禍でリモート勤務などから家にいる時間が増えたこともあり、足音や話し声などの騒音に悩む相談が増えています」 だが、当人同士で交渉し、方法を間違えると事態はもっとこじれ、解決は難しくなるという。

ドラマのロケをこなす傍らで、多くのバラエティー番組にも出演するなど、仕事は順調な平野だが、プライベートでは身の安全を脅かしかねないことが……。「インターネット上で、彼が住む自宅マンションの住所が出回っているんです。それを見たファンが家の前に来るようになってしまったそうですよ」(芸能プロ関係者)
なぜ、自宅が特定されてしまったのだろうか。「2月20日に発売された『女性セブン』で、昨年11月ごろにいま住んでいるマンションに引っ越したことが報じられました。記事の中では、具体的な地名は明かされなかったものの、マンションの家賃や外観の特徴などが詳細に書かれていました。報道された翌日からネット上で、それらの情報を頼りに彼の自宅を特定しようとする人が続出。結果的に、彼の住所がものすごい勢いで拡散されてしまったんです」(同・芸能プロ関係者)
出回った情報を見た一部のファンは、自宅マンションに足を運ぶようになった。「20代の若い女性から40~50代の女性まで、幅広い年齢層の人が来ていますね。マンション近くの道路にたむろする人も多い。中高年のファンは出待ちをして、彼が乗っていると思われる車が出入りすると騒いだり、携帯を構えて写真を撮ろうとするんです。このマンションは彼以外にも芸能人がたくさん住んでいますが、こんなふうにファンが来るのは初めてです。正直かなり怖いですよ……」(平野と同じマンションに住む住民)
3月上旬のお昼すぎ、平野の自宅マンションへ行くと、近くの道路には40〜50代の女性2人組と同年代の女性3人組、さらに20代の女性3人組の姿があった。予想していたよりも、少ないように見えるが……。
「最近、平野クンは朝から夜遅くまでドラマのロケがあります。仕事の予定がはっきりしているので、いまは自宅よりもロケ先のほうが彼に会える可能性が高いと思っているファンも多いのではないでしょうか」(前出・芸能プロ関係者)
以前から、平野は一部のファンの行動に悩まされていた。「‘15年に東京に来てから10回近くも引っ越しているのですが、原因はファンが自宅までついてきてしまうから。事務所にも相談しているのに、なかなか改善されないようです」(同・芸能プロ関係者)
憧れの平野に会いたい気持ちはわかるけど、自宅の前で待ち伏せまでするのは“恋煩い”では済まされない……よね。

「被害妄想かもしれませんが、相談者は本気で悩んでいるんです。これは孤独や高齢化、コミュニケーション不足が生み出した社会問題だと考えられます。年々増加しています」
だが、こうしたケースの場合、解決は非常に困難だとも。泣き寝入りをせざるをえないことがほとんどだという。「加害者も自分は悪くないと思っているため、警察、行政が介入しても解決は困難。加害者の家族の協力が得られる場合には解決できる可能性がありますが、そうでない場合はご自身が引っ越すしかないと思います。自分が悪くないのに住み慣れた場所を手放すのは非常に悔しいでしょうが、はるかに短期間、低費用で苦しみから解放されます」 隣人問題は引っ越しや自宅購入前の事前の調査で避けられることがある。

1969年に名曲『夜明けのスキャット』でデビューし、歌に演技と50年を超える芸能生活で輝き続ける由紀さおり。『ブルーヘブンを君に』で、驚くことに映画初主演を飾る。
地方創生ムービー2・0プロジェクトの第3弾となる今作の舞台は岐阜県。
「主役というか軸になる役をやらせていただいたんですけれど、私の中での主役は岐阜です。岐阜は2012年の『第67回ぎふ清流国体(国民体育大会)』で今の上皇さま、上皇后さまの前で『ふるさと』を歌わせていただいてからのご縁なんです。
新幹線の岐阜羽島駅から岐阜市内に入ると川が見えて。空が広いし、水はきれいだし、緑がいっぱいなの。岐阜の人に、どうしてこんなに水がきれいなのか聞いたら、“鵜飼の鵜が食べる鮎は、きれいな水じゃないと育たないことを知っているから川を汚さないんです”と言われて、なるほどと思いました。その川沿いを孫役でボイメン(BOYS AND MEN)の小林豊くんとバイクで走るシーンも出てくるんですよ」

ご近所トラブル
『DQN』とは非常識な行動をする人、粗暴な人のことなどを指すネット用語。そんな『DQN』な住民たちが近所に住んでいたら……。本当にいたヤバい隣人たちが起こしたトラブルを聞いてみると……。
「隣の家にいつもエアガンみたいなもので撃ってくる小学生の子どもがいます。親に文句を言ったら私が悪者にされて……納得がいきません」
そう明かすのは東京都内に住む会社員の一義さん(50代・仮名)。数年前、隣に引っ越してきた一家から生活を脅かされ続けているのだ。
冒頭の嫌がらせのほかには、家の前の迷惑駐車。庭で深夜まで友人たちとバーベキュー。前述の子どもたちもかなり遅い時間まで大声を上げながら遊んでいる、などの行為で数々の被害を受けている。
一義さんは当然、抗議したが住人は知らん顔。
持ち家のため引っ越しもできず、泣き寝入りしている、と訴えていた。
「警察を呼んだこともあります。でも、逆恨みされて何かされるのも怖いので最近は何も言っていません」
そんな近所に住む『DQN』な隣人とのトラブルに悩む人は少なくない。『DQN』とはとんでもない非常識な行動をする人、粗暴な人などを指すネットスラングだ。一義さんのほかにもトンデモな隣人とのトラブルで散々な目にあった人たちがいた。話を聞いてみると──。

SNSでもご購読できます。

RSS N21ニュースこんぴうた

コメントを残す

*

CAPTCHA