2021最新 なでしこジャパンエース

2021最新 なでしこジャパンエース

いつも通りの冷静さと勝利への貪欲な情熱をどちらも忘れず、躍動するなでしこジャパンの活躍を心からお祈りしています!

キャプテンの熊谷 紗希 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)、エース岩渕 真奈 選手(アーセナル/イギリス)など海外組の選手を筆頭に、総合的な力を持つ18名およびバックアップメンバー4名が選出されました。
7月14日(水)に京都/サンガスタジアムby KYOCERAでMS&ADカップ2021(対戦国未定)を戦った後、いよいよオリンピックの大舞台を迎えます。日本はグループEでカナダ、英国、チリとグループステージを戦い、勝ち抜けば7月30日(金)~のノックアウトステージに挑みます。
コロナ禍の不安定な状況の中、母国で迎えるオリンピック。連戦も続き心身ともにタフさや柔軟さが求められることでしょう。

ミスが続く中で仕切り直したいなでしこは62分に2枚目の交代を敢行。塩越に代えて強化試合で好調をアピールしていた遠藤純を送り出す。しかし、その後もなかなか劣勢を跳ね返すことができない。

岩渕真奈、なでしこ「10番」初試合で決勝点。「いいスタートを切れた」が試合内容には不満あり?

60分、左サイド深い位置から上げられたクロスにGK池田咲紀子が触れたが、こぼれ球をジャニーヌ・ベッキーに押し込まれる。しかし、これはオフサイドと判定されてなでしこは九死に一生を得た。

終了間際には長谷川に代えて籾木結花を送り出して逆転を狙いにいくなでしこだったが、8分と表示された後半ATでも動かず。試合は1-1のまま終了を迎えた。

イギリス女子代表(FIFAランク6位/イングランド)、チリ女子代表(同37位)とも同居したグループEにおいて、なでしこ(10位)は初戦でカナダ(8位)と対戦。まずは2位以上でのグループ突破を争ううえでのライバルと目される相手と相まみえた。

なでしこ岩渕真奈、4戦連弾で豪州撃破 五輪本番へ「いいスタート」

値千金の同点弾…なでしこFW岩渕真奈が試合振り返り「次につながるゴールが取れてよかった」

なでしこ初戦カナダ戦へ岩渕真奈「勝つか負けるかによって、自分たちの首を絞めるか先を見据えられるか」

なでしこジャパン、10番FW岩渕真奈の同点ゴールを高倉監督が賞賛「非常に頼もしい」

なでしこは後方から丁寧にボールを繋ぎつつ押し上げていくがなかなかシュートまで持ち込むことができない。反対にカナダはダイナミックな展開からプリンスらが積極的に仕掛けて効率的にチャンスを作ろうとする。

なお、先に行われたグループEのもう一試合、イギリスvsチリではイギリスが2-0で勝利。順位表は1位イギリス、2位なでしこ、2位カナダ、4位チリの並びとなっている。

なでしこは、24日の次戦で首位浮上を目指してイギリスと対戦する。

岩渕は2020-21シーズン途中に同リーグのアストン・ビラ(Aston Villa)に加入。28歳の岩渕は日本代表74キャップで31点を記録している。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*