2021最新 なでしこジャパンポジション

2021最新 なでしこジャパンポジション

伊藤響君(9)は昨年5月、母親と出かけた近所の公園で、黙々と坂道ダッシュを繰り返す南選手に偶然出会った。女子サッカーなでしこリーグがコロナ禍で延期となり、試合ができなかった時期の自主練習だった。「ホワイトシャークです」と名乗ると、「がんばってね」と気さくに写真撮影に応じてくれた。「走るのがすごく速くて、やさしかった」。旗には「がんばれ 金メダル」と書いた。

©2021 Sanfrecce Hiroshima FC Co., Ltd.

ケガが続いたこともあり、日テレでは定位置を確保できないでいたが、昨季、ケガの阪口夢穂の代役としてワンボランチに初挑戦すると、ミスの少ないプレーで主力に。その後、なでしこジャパンにも初招集され、一気にブレークスルーを果たした。決して華のあるプレーばかりではないが、周囲のどの選手とも相性がいい柔軟性を持つ。

なでしこジャパンは2011年に優勝、2015年に準優勝という結果を残しているワールドカップ。
グループリーグの日本戦全戦に、なでしこジャパン前監督の佐々木則夫氏が解説として登場。こちらも必見です!!■J SPORTSに加入するならコチラ!

小林はクレバーなアタッカーでベレーザ時代の籾木が[4-3-3]のインサイドMFでプレーしていた際、籾木がアウトサイドに開くと小林がインサイドMFにポジションチェンジして流動的な攻撃を生み出していた。利他的なプレースタイルを持つFWは、なでしこがさらに上へ行くためのキープレーヤーになりそうな選手だ。

ひざのケガにより、約2年半もの間公式戦から遠ざかっていたが、2018年4月に復帰すると、徐々にパフォーマンスを上げ、今季なでしこジャパンに初選出された。目の前の相手が嫌がる位置にドリブルで侵入し、積極的にゴールを狙う。2〜3月の2019 SheBelieves Cup(アメリカ遠征)でなでしこジャパンデビューを果たすと、出場2試合目では早くも初得点をマークした。

高校卒業後の2年間は苦しんだが、AC長野に移籍すると、その得点能力が一気に開花。相手監督も舌を巻くほどの決定力で、チームをなでしこリーグ2部から1部へと導いた。その後も1部でゴールを量産し、1.FFCフランクフルト(ドイツ)に移籍。「小さい身体だからこそ、できることもある」と自信を胸に帰国し、今季からAC長野ではキャプテンを担う。昨季の女子アジア杯決勝では、優勝決定弾を決めた。

FIFA女子ワールドカップ フランス2019を全試合リアルタイムで見られるのはJ SPORTSだけ!
J SPORTSでは6月7日に開幕するFIFA女子ワールドカップ フランス2019も開催全52試合を生中継します。

日本サッカー協会は18日、東京五輪に挑む「なでしこジャパン」のメンバー18人を発表した。五輪経験者は2012年ロンドン大会銀メダルの熊谷紗希、岩渕真奈の2人で、19年女子W杯メンバー15人を含む16人が初の五輪となった。初の女性監督として五輪に臨む高倉麻子監督(53)はオンライン会見で「世界のトップで結果を出してきた(過去の)奇跡のチームに追いつき、追い越せるように全員で戦いたい」と金メダルへ意気込んだ。チームは21日から千葉県内で合宿を開始。7月21日にカナダとの初戦を迎える。

日本で在籍していた日テレ・ベレーザの先輩で日本女子サッカー界のレジェンド澤穂希さんが目標だ。ポジションも重なる。2018年に市スポーツ栄誉賞第1号に選ばれた際、「女子サッカーの人気は下降気味。五輪で結果を出すことが大事」と語っていた。

東京五輪は23日の開会式に先駆けて、21日に女子サッカーの一次ラウンドなどが始まる。この日、札幌ドームでカナダとの初戦を迎える女子日本代表(なでしこジャパン)の主力を、埼玉県出身選手が担っている。

当初は、今大会前の国内合宿にトレーニングパートナーとして参加するのみだったが、ケガで離脱のFW植木理子(日テレ)に代わって追加招集された。ポストプレーやヘディングで強さを見せる万能型ストライカー。JFAアカデミー堺の1期生で、優勝した昨夏のU-20女子W杯では、準MVPに当たるシルバーボール賞を受賞。2018年のAFC年間最優秀ユース選手(女子)賞も受賞した。今季はなでしこリーグ2部の得点ランキング1位を守る。

東京ヴェルディベレーザに所属し、2020年からチームのキャプテンに就任しています。

前回大会のカメルーン戦で決勝点を決め、なでしこジャパンのGS突破を確定させた。その際に決めたヘディングシュートなど、上背を生かしたゴールを得意とし、2014年から2年連続でなでしこリーグ得点王を獲得している。昨季のアジア大会決勝での決勝点や、先の女子W杯前最後のスペイン戦での同点弾など、要所でのゴールが頼もしい。「前回、川澄(奈穂美)さんが付けていた9番だから自分もヒロインになれるかな」と笑う。

「優勝めざせ」「金メダルだ」。「なでしこジャパン」のDF南萌華選手(22)の地元、吉川市の少年サッカーチームの子どもたちが、応援フラッグにメッセージを書き込んだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*