2021最新 なでしこジャパン優勝メンバー

2021最新 なでしこジャパン優勝メンバー

今季からWEリーグで戦う三菱重工浦和レッズレディースの守護神に君臨しているのが池田咲紀子だ。ユースから同クラブに所属し、2011年にトップチーム昇格。池田は2015シーズン辺りから正守護神に定着する。168cmと高身長とまではいかないが、元々ボランチでプレーしていたこともあり足元の技術に定評がある。チームにビルドアップに貢献できる。以前はミスも多く不安定な部分もあったが、出場機会を重ねるごとに安定感も増してきた。また、池田はコーチングでチームに積極的に指示を出し、得意のシュートストップでチームを助ける。本大会では、WEリーグプレシーズンマッチで無失点の山下杏也加とポジションを争うことになるが、果たして…。

※FIFA女子ランキングは、2020年6月26日発表のものです。

「なでしこ勝ったあ!世界一~!」

【 川澄奈穂美/プロフィール 】
川澄奈穂美 Nahomi Kawasumi / プロサッカー選手
【生年月日】1985年9月23日 【出身地】神奈川県大和市
2011FIFA女子ワールドカップ(W杯)優勝メンバー。日本体育大学からINAC神戸レオネッサに入団。ストライカーとして2011年~2013年のなでしこリーグ3連覇に貢献。リーグでもMVPや得点王をはじめ、オールスターやベストイレブンにも選出されるなど日本女子サッカー界の主要選手となる。
日本代表としてはW杯、ロンドンオリンピックに出場し、チームとして国民栄誉賞を受賞。2014年より女子サッカーの本場、アメリカのNWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)に活躍の場を移し、2021年には日本人選手の最長となる7シーズン目を迎えるなど国内外で活躍を続けている。現在、スカイ・ブルーFC所属。

バックアップメンバーとして平尾知佳が3人目のGKに選出されている。最近では、U-20女子ワールドカップ優勝メンバーであるスタンボー華が台頭してきていたが、今回は東京五輪メンバーに入った。平尾は各年代別の日本代表にも選出されており、年代別の代表も率いていたこともある高倉麻子監督からの信頼も厚い。2018年には浦和レッズレディース(三菱重工浦和レッズレディース)からアルビレックス新潟レディースに完全移籍。同クラブの正守護神としてゴールマウスを守っている。平尾はシュートストップや空中戦にも強く、足元の技術があるためビルドアップに貢献できる。現代のオーソドックスなGKと言えるだろう。安定感もあり、試合に出場すれば非常に頼りになる選手である。

熊谷紗希(くまがい・さき)
所属クラブ:バイエルン(ドイツ)
生年月日:1990年10月17日(30歳)
代表通算成績:114試合1得点
熊谷紗希は2011年のワールドカップ優勝を経験している一人だ。なでしこジャパンの主将は、世界でもトップレベルのDFだ。浦和レッズレディース(三菱重工浦和レッズレディース)出身の熊谷は2011年にドイツのフランクフルトへ移籍。そこでの活躍が認められ、2013年にリヨンへ移籍。世界最高峰のクラブでも主力としてプレーし、2019/20シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグ(WCL)では決勝ゴールを記録。男女通じて同大会の決勝でゴールを決めた最初の日本人選手となった。リヨンでWCL5連覇などに貢献した熊谷は、今季からブンデスリーガ女子のバイエルンでプレーすることになった。熊谷は圧倒的なスピードを持っているとは言えないが、的確な読みや対人の強さ、足元の技術や空中戦の強さ、さらにリーダーシップを兼ね備えるなどDFに必要な能力が高いのも特徴だ。それだけではなく、ボランチでもプレーできリヨンではボランチとしても起用されていた。なでしこジャパンの主将は日本を初の金メダル獲得に導くことができるだろうか。

なでしこ岩渕真奈がPK失敗の田中美南に見せた配慮「ポジティブにお願いします」

清水梨紗(しみず・りさ)
所属クラブ:日テレ・東京ヴェルディベレーザ
生年月日:1996年6月15日(25歳)
代表通算成績:37試合1得点
不動の右サイドバックである清水梨紗は、高倉麻子監督のサッカーに欠かせない選手だ。年代別の日本代表にも選出されている清水は、年代別の代表で指導を受けていたこともあり高倉監督からの信頼も厚い。なでしこジャパンでは代えの効かない選手だ。日テレ・ベレーザ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)の下部組織であるメニーナで頭角をあらわすと、2013年にトップチームに昇格。その後も主力として活躍し、なでしこリーグ5連覇などに貢献。同リーグベストイレブンを4度受賞している。昨季からはベレーザの主将も任されており、選手からの信頼も厚い。清水の特徴は無尽蔵のスタミナで激しい上下動を繰り返し、攻守に貢献すること。サイドからチャンスを作ったと思ったら、すぐに守備に戻りサイドからのカバーリングや対人の強さでチームを救う。汗かき役として、チームの攻守に貢献できる非常にありがたい選手だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*