2021最新 なでしこジャパン長谷川唯

2021最新 なでしこジャパン長谷川唯

2014年のU-17女子W杯の優勝メンバーで、2019年女子W杯のオランダ戦でゴールを決めた世界有数の若手選手の加入とあって、地元メディアの反響も大きかった。

日本で在籍していた日テレ・ベレーザの先輩で日本女子サッカー界のレジェンド澤穂希さんが目標だ。ポジションも重なる。2018年に市スポーツ栄誉賞第1号に選ばれた際、「女子サッカーの人気は下降気味。五輪で結果を出すことが大事」と語っていた。

なでしこFW岩渕 起死回生の同点弾にホッ「勝ち点1に繋がって良かった」

ミランは近年、女子サッカー部門の強化にも力を入れていた。2018年にブレシア・フェンミニーレの権利を獲得することで女子リーグに本格参入し、元々強豪だった同チームを引き継いだミラン・フェンミニーレは初参戦の2018-19シーズンで3位入賞、新型コロナウイルス感染症の影響で打ち切られた昨季も3位と躍進していた。

「優勝めざせ」「金メダルだ」。「なでしこジャパン」のDF南萌華選手(22)の地元、吉川市の少年サッカーチームの子どもたちが、応援フラッグにメッセージを書き込んだ。

ミランに所属するなでしこジャパンMF長谷川唯が、自身が育った埼玉県、戸田市、出身校に感謝の気持ちを込め、東京オリンピック前にサイン入りユニフォームなどを届けた。

リーグ戦第12節終了時点、ミランは11勝1敗で2位をキープし、12戦全勝のユベントスを追走している。イタリアサッカー連盟(FIGC)は2015年から男子のプロサッカークラブが女子チームを獲得し運営することを認めており、興業を掘り起こせる新しいカテゴリーとして、各クラブも続々と参入中だ。

長谷川は3―5―2の左インサイドハーフとして先発。1点を追っていた前半15分にゴール前でパスを受けてキープし、MFジェーンに折り返してシュートを打たせると、こぼれ球をFWジャチンティが蹴り込んだ。3―1の後半20分にはジャチンティのダメ押し弾をアシスト。後半45分に退いた。
加入からリーグ戦4試合を含む公式戦6試合に出場。5試合で先発して中盤の主力に定着している長谷川に関し、ガンツ監督は「非常によく働いてくれている。今日は素晴らしいコンビネーションと速いサッカーで、競争力のあるミランをアピールすることができた。非常にレベルの高い選手で、まだ若く日本で歴史を築くことになる」と称えた。

ロンドン五輪銀メダル・なでしこ鮫島 アスリート解説から選手たち応援「次に向けて頑張ってほしい」

伊藤響君(9)は昨年5月、母親と出かけた近所の公園で、黙々と坂道ダッシュを繰り返す南選手に偶然出会った。女子サッカーなでしこリーグがコロナ禍で延期となり、試合ができなかった時期の自主練習だった。「ホワイトシャークです」と名乗ると、「がんばってね」と気さくに写真撮影に応じてくれた。「走るのがすごく速くて、やさしかった」。旗には「がんばれ 金メダル」と書いた。

女子セリエAのACミランに加入したなでしこジャパンのMF長谷川唯(24)は28日、インテル・ミラノとのダービーマッチで2得点に絡む活躍で4―1の勝利に貢献した。

2019年女子W杯でイタリア代表は8強にも進出しており、サッカー界を挙げて強化を図っている最中。その中で長谷川がどういう存在感を見せていくのか、注目される。

© 2020. sol media. All Rights Reserved.

東京五輪に臨むなでしこジャパンのMF長谷川唯(ACミラン)が18日、オンライン取材に応じ、21日の1次リーグ初戦・カナダでゴールに意欲を示した。この日は札幌市内で、冒頭15分のみ公開の練習を行った。

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*