2021最新 なでしこジャパン 2011 メンバー

2021最新 なでしこジャパン 2011 メンバー

団体で初の国民栄誉賞が贈られました。なでしこジャパンは2011年W杯大会のフェアプレー賞を受賞。主将、澤穂希さんはこのW杯で得点王、MVPを受賞。

2021/7/17(土)で、FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011 優勝から10年となります。どの選手もなでしこリーグを経て、世界一に輝きました!そんな選手たちを、当時の写真となでしこリーグ時代の記録で振り返りましょう!

高倉監督はこの日の朝まで「たくさんの素晴らしい選手がいたので、絞り込むのは難しい作業だった」とメンバー選考を悩んだことを明かした。約1時間半の散歩をしながら最後の決断。「誰を選んでいけば今日本の女子サッカーが持ち得るベストなチームをつくれるか、心を込めて選んだ」と少し緊張も入り交じった声でメンバーを読み上げた。

日本サッカー協会(JFA)は18日、東京五輪に向けたなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)のメンバー18人とバックアップメンバー4人を発表した。【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】
高倉麻子監督が読み上げたリストの中に、DF鮫島彩の名前はなかった。4月まではなでしこジャパンに名を連ね、主力の1人として試合にも出場していながら、6月のウクライナ女子代表戦やメキシコ女子代表戦に向けた招集メンバーから漏れた。そして、東京五輪もまさかの選外となってしまった。

現在ではタレントとして人気の丸山桂里奈選手、準決勝スウェーデン戦で2ゴールを決めた川澄奈穂美選手。左サイドバックとして全試合スタメンでプレーし、チームを支えた鮫島彩選手などなど。

2011年W杯ドイツ大会、決勝戦でアメリカに勝利し優勝、日本中を沸かせたなでしこジャパン。

8月28日までは、なでしこリーグが中断期間に入りますが、後半戦も見どころや歴史の1ページになるような試合が沢山ありますので、応援のほど、よろしくお願いいたします!

メンバーは以下の通り。

2011年のなでしこジャパンメンバーの中には、現在も女子サッカー界のトップを走る選手たちが多くいます。

「鮫島だけでなく、他の選手も自分の特徴を精一杯出し、日々勉強する気持ち、素直な気持ち、または葛藤がありながら合宿中もプレーしている姿は私の中にはずっとあります。そういった選手たちがいてのの18人、(バックアップメンバーを含めた)22人だと思っているので、彼女たちの分も背負って、最後まで諦めずになでしこジャパンらしい戦いをしていきたいと思います」

高倉監督は就任以降、熊谷や岩渕とともに鮫島にも信頼を置いてきた。2019年の女子ワールドカップにも招集しており、33歳になった現在も左サイドバックでは日本屈指の実力者であり続けている。

女子サッカーを見たことがなかった人も、歴史的な勝利に日本中みんなが熱狂!日本女子サッカー史上、最強メンバーとして記憶している人も多いでしょう。

2011年W杯優勝メンバーの一人でもある岩渕。「成長を待っていく中で、彼女の合宿中の言動で強い自覚を感じた。今、託しても責任を果たしてくれると感じていた。東京五輪という大きな舞台でチームの浮き沈みを背負って立つくらいの気迫で、10番を背負ってグラウンドで躍動してくれることを期待してる」と力を込めた。満を持して、エースナンバー「10」を託す。

岩渕の成長についても言及。「若い頃から注目、期待を一身に受けて、心の内を思えば苦しい部分もあったと思う。焦りや責任感、うまくいってることいってないこと、自分でうまく処理できるようになったんじゃないか。それをグラウンドでも出せるようになった。成長という意味では感じてるところ」。なでしこを象徴する10番は「澤(穂希)さん」と話す指揮官は、これまで岩渕に意図的に背番号「8」を与えてきた。

4月、6月に行われた国際親善試合で強烈なアピールを残したDF北村菜々美ら若手が台頭。今回選出されたメンバーでは、フル代表の世界大会経験者は限られるが、「若い世代の選手は多くがU―17W杯、U―20W杯で世界一になった経験を持っている。もちろんフル代表は違う次元。東京で行われるのでプレッシャーも想像の範囲を超えるかもしれない。それでも選手が物怖じするとは思えない」と考えを話した。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*