2021最新 なでしこジャパンvsオーストラリア

2021最新 なでしこジャパンvsオーストラリア

まず昼に行われたチームミーティングでは、オーストラリア女子代表の分析映像を全員で見て、特徴を頭に叩き込みます。最新の世界ランキングで日本の一つ上の9位に位置するオーストラリアとは近年、2018年のAFC女子アジアカップや、アメリカで開催された4か国大会などで定期的に相まみえてきたアジアのライバルです。中でも、「圧倒的な個の能力」(高倉麻子監督)と評するSamantha Kerr選手のスピードには日本守備陣はだいぶ苦しめられてきました。Kerr選手に決定的な仕事をさせないために、ボールの出どころをいかに封じるかが鍵となります。

MF 6杉田妃和 選手(INAC神戸レオネッサ)アンダーカテゴリーの世界大会の際も、優勝したいという思いや勝ち進んでいきたいという思いがあり、目標が先に行きがちでしたが、1戦1戦しっかり戦うということはみんなで心がけてきました。アンダーカテゴリー時代は自分のペースでプレーすることができました。自分でポジションを取れて、仕掛けるタイミングも相手が待ってくれたり、構えてくれたりすることが多かったですが、トップカテゴリーになると選手の駆け引きが上手になって、仕掛けたいタイミングで行かせてくれなかったり、取りたいポジションを取らせてくれなかったり、その中で自分でプレーしたり味方のサポートを考えるという点で頭も体も休みなく常に動かさないといけないと感じました。活動前のオフの期間中に、所属チームが壮行会という形でオリンピック出場選手を送り出してくれました。嬉しいと思ったのと、それ以上にオリンピックってそういうところなんだなと感じた部分でもあり、なおさら、勝っていい報告をしたいという気持ちになりました。

なでしこジャパンは7月14日(水)、サンガスタジアム by KYOCERAでMS&ADカップ2021オーストラリア女子代表戦に臨み、岩渕真奈選手のPKによって1-0の勝利を収めました。

サッカー日本女子代表のなでしこジャパンが、7/14(水)にオーストラリア女子代表と国際親善試合を開催!

東京オリンピックの初戦を1週間後に控えたサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」が14日夜、京都府亀岡市でオーストラリアと強化試合を行い1対0で勝ちました。

2011年W杯で金メダルを獲得した「なでしこジャパン」。翌年のロンドン五輪では銀。しかし、16年リオ五輪ではまさかの予選敗退。自国開催で輝きを取り戻せるか!?相手は強豪オーストラリア。高い身体能力を武器に日本に立ちはだかる。東京五輪初戦の相手、カナダとプレースタイルが似たオーストラリア相手にどんな戦いを見せるのか!?全選手が「もっとも大事」という、東京オリンピックの初戦、14日のカナダ戦に向けて、非常に重要な一戦。日本のキーとなるのは新10番エースの岩渕、司令塔の長谷川唯、2011年のW杯の優勝、ロンドン五輪銀、リオ五輪不出場、栄光も挫折も知るキャプテン熊谷。

GK 1池田咲紀子選手(三菱重工浦和レッズレディース)GK3人は、練習でもお互いに声を掛け合って盛り上げていますし、心の中でリスペクトし合っているのと同時に、一つのポジションを争う相手でもあります。だからと言って激しく競い合うことや、逆にリスペクトし過ぎることもなく、本当にいい緊張感、雰囲気でできている3人だと思います。山下選手、平尾選手と一緒にこの大会を戦えるというのはとても心強いです。2019年のワールドカップでは出場機会がありませんでした。もちろん、試合が始まれば出場しているGKやフィールドの選手のために自分にできることを考えながら行動していますが、気持ちの部分ではもちろん試合に出たいという思いはありましたし、自分が出たときのことや、自分だったらこうプレーしたかなとか、どうプレーしただろうとかイメージしながらベンチに控えていました。いつでも試合に出られる準備をしていたものの、起用されなかったということは悔しかったです。ワールドカップが終わった後に、次は自分が出るんだという思いを新たにしたので、出場機会があればその時の悔しい想いも試合にぶつけたいと思います。

なでしこジャパンは12日(月)、活動3日目を迎え、2日後に控えたMS&ADカップ2021オーストラリア女子代表戦に向けてより具体的な準備に費やした1日となりました。

関連タグ:なでしこジャパン オリンピック予選 テレビ 日程 サッカー 地上波 BS スカパー!

なでしこジャパンの高倉麻子監督(49)が“反ハリル流”で東アジア王座のタイトル奪取を誓った。22日にスイスと国際親善試合を行った、なでしこジャパンは一夜明けた23日、不出場組を中心とした練習試合を再び…

東京オリンピック前最後の貴重な試合となるMS&ADカップ2021オーストラリア女子代表戦は、14日(水)19:20キックオフ予定です。

[字][デ] 東京オリンピック初戦のカナダ戦まであと7日!なでしこジャパンが悲願の金メダル獲得へ五輪前最後の強化マッチ!

全競技のうち最初に始まるソフトボールのオープニングラウンドは、北京2008大会で金メダルを獲得した日本代表が福島あづま球場で初戦を迎える。相手は北京でも初戦を戦ったオーストラリア。アテネ2004大会で銀メダルを獲得し、東京では金メダルを狙う。日本はエース上野由岐子の力投に期待が集まる。北京以来、13年ぶりに追加種目として実施されるソフトボールで、日本代表は北京2008大会の再現、頂点を目指す。

シービリーブスカップに参戦するためアメリカを訪れている日本女子代表(なでしこジャパン)は9日、MF長谷川唯が怪我のために離脱すると発表した。代替招集はない。シービリーブスカップでなでしこジャパンはスペ…

日本はオーストラリアのスプリントとパワーに押される時間もありましたが、GK山下杏也加選手の安定したキャッチでチームに落ち着きを与えます。するとなでしこジャパンで初めて背番号10のユニフォームを着た岩渕選手がチャンスメークに関わり、30分には岩渕選手のパスから菅澤選手がループシュートを放ちますが、相手GKにセーブされました。37分には長谷川唯選手から菅澤選手にパスが出ましたが、これはオフサイドの判定でチャンスとはなりませんでした。注目されたオーストラリアのエースであるサマンサ・カー選手に対しては、日本守備陣が集中を切らすことなくケアを続けて自由を奪いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*