2021最新 斎藤ちはる歌

2021最新 斎藤ちはる歌

もともと歌うのが好きだという斎藤アナは「初めて、速いテンポの中で歌詞の1つひとつの言葉をしっかり伝えたり、1人で全部のハモリを歌ったりしたので難しかったです」と語り、「メインのメロディにプラスしていろいろな音が入って、すごく厚みのある歌に仕上がっていて、初めて曲を聴いたときに、『みんなで作った曲なんだな』と胸が熱くなりました。TOOBOEさんはじめ、スタッフの皆さんが素敵な曲を作ってくださいました。皆さん楽しみにしていてください!」とアピール。

記念すべき第1回を飾る3月の楽曲は、TOOBOEが手掛けた「おまつり」に決定した。TOOBOEは、2019年4月からボカロPとして活躍するjohn(ジョン)によるソロプロジェクトで、話題のシンガー・yamaのデビューシングル「真っ白」や最新シングル「麻痺」の楽曲提供も行うマルチクリエーターだ。

そして気になる歌い手は、テレビ朝日入社2年目の斎藤アナ。毎日お風呂で猛練習してレコーディングに臨んだという斎藤アナだが、果たして練習の成果は。

TOOBOEは斎藤アナについて「さすがアナウンサーという感じで、歌詞が入ってくるというか、言葉に感情を乗せつつ橋渡しするのがとても上手だなと感じました」と賛辞を送り、「番組を観る前にテンションが上がるような、ハイテンポでお祭り騒ぎな曲になっているので、ぜひ楽しみにしてください」と呼びかけた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*